自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



歌詞邦訳 Golden Boy with Miss Kittin - Rippin kittin
Or今回は、Golden Boy with Miss Kittin の Rippin Kittin (glove radiomix) の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

世界中で “ 曲最高、歌詞最悪 ” の評価が定着してしまっているこの曲。僕も、ある先輩から教えてもらって以降、この曲の歌詞の解釈にはずっと悩んでいました。春先に特有の、女の子にありがちな、不安定な、そわそわと落ちつかない気分を表してるんじゃないか、という見解もありますが、それにしても、この歌詞が凄すぎですね。タイトルも 「 切り裂き子猫 」 ですし。

しかし今日、5年越しくらいで、この疑問に一応、自分なりの “ けり ” をつけたいと思います。



元の歌詞は Lyrics-songs.com などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

金太とミスこねこ 「 切り裂きこねこ 」  (訳:いいげる)

母さん、今夜殺しに行ってきていい?
わたし、誰かを殺したい気分なの
お願い、銀の包丁が欲しいの
誰かを殺したい気分なの

(※)切り裂きこねこがまた冗談言ってる (x2)

父さん、今夜狩に行ってきていい?
父さんが、日曜の朝に行くみたいに
あなた、本物のサバイバルナイフをちょうだい
わたし、自分を掻っ裂きたい気分なの

(※)切り裂きこねこがまた冗談言ってる (x4)

母さん、今夜殺しに行ってきていい?
わたし、誰かを殺したい気分なの
お願い、銀の包丁が欲しいの
誰かを殺したい気分なの

(※)切り裂きこねこがまた冗談言ってる (x4)

母さん、父さん、お願い、止めないで
母さん、父さん、お願い、止めないで
まず、歌詞サイトごとに見解が分かれている第1連 3行目の以下の部分について。僕の見た限りでは、ネット上では

  • 『 I wanna seal the kitchen knife 』 説
  • 『 I wanna steal the kitchen knife 』 説
  • 『 I want a silver kitchen knife 』 説

の三つが存在します。僕には 『 シルヴァーキッチンナイフ 』 と聞こえるので、今回は三番目の説を採用して翻訳してみましたが、でも、その前は完全に 「 wanna 」 って言ってるよなぁ…。「 wanna (=want to) 」 だったら、その直後に動詞の原形が来て不定詞の名詞的用法を完成させなきゃ文法的におかしいので、英語圏の人なら 「seal」 や 「steal」 と受け取る方が自然なのでしょう。でも、自称 “ ミス子猫 ” さんはフランス出身のドイツ育ちで、金太もほうも確かドイツの人なので、僕のバイト先の塾の中学生同様 “ ミスった ” と考えて、シルヴァーキッチンナイフで行ってみたいと思います。「 steal 」 の方が、むしろ歌詞としては自然かもしれませんけどね。

そう言えば、X ( X-Japan ) の Vanishing Love にも 『 I DON'T WANNA VASHINING LOVE 』 っていう “ ミスった ” 歌詞がありしたね。先日カラオケで歌ったときは 「 I don't want a Vanishing Love 」 に直っててビックリしました。

次に、第2連 1行目のオヤジに頼みごとしてる部分。音的には完全に 「 haunt (足しげく通う、出没する) 」 と聞こえますが、それだとワケが分からなくなるので 「 hunt 」 で訳しました。しかしこのオヤジは、毎週々々日曜の朝に、教会にも行かずに何をやっているのでしょう…。

さらに、その2行あとの部分。海外の歌詞サイトでは圧倒的に 「 gentle knife 」 としている所が多いのですが、僕には 『 ジャングルナイフ 』 と聞こえるので、サヴァイバルナイフと訳しました。gentle knife の意味内容も、ちょっと分かりません。もしかして、安全かみそり!?

まあ、なんだかんだで結局、今回も、ヒアリングも含めた自分の英語力不足を痛感する結果となってしましました。ただ、たとえ読解が完璧だったとしても、ちょっと、この歌詞に描かれた情動を理解するのは難しかったと思います。女性の方なら、この “ 切り裂きこねこ ” の気持ちの揺れに、普通に共感できちゃうものなのでしょうか。

あと、実は、このエントリー冒頭左上に紹介しているアルバム 「 Or 」 に入っているのは Original Version で、今回訳した glove radiomix とは違います。歌詞のうち、(※) の部分がないのが Original Version です。探してみたら、YouTube に Original Version のミュージックビデオもありますね。しかし、僕も持ってるシングルCDを置いてないアマゾンて…。


※関連記事

今日のBGM♪ golden boy with miss kittin rippin kittin (oroginal)
タグ: House Miss_Kittin
| 音楽 - 邦訳 | 16:58 | Permalink | トラックバック:1コメント:0


歌詞邦訳 Golden Boy with Miss Kittin - Automatic
Or今回は、前回の Rippin Kittin に引き続いて、Golden Boy with Miss Kittin の Automatic の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

アルバム 「 Or 」 の tr.2 ( 実質的に1曲目 ) を飾るこの曲。エレポップなバックトラックに合わせてラップ、と言うかただ喋ってるだけなのが1番で、2番からはそれをメロディーに合わせて気だるく歌う、という変則的なハウス・チューンです。なんと言うか 「 花曇り 」 な気分にぴったりな一曲だと思います。今年は暖冬で、春先のような日が続いているので、「 暖かいのは楽でいいんだけど、何か気持ち悪い 」 という今の変な気分にも、合ってしまうでしょう。



しかし、この投げやりな歌い方は Astrud Gilberto を彷彿とさせますね。特に後半の、lalala... と歌ってる部分のぞんざいさ加減が。別に Astrud Gilberto を貶してるわけじゃありませんよ。Agua de Beber とか好きですし、この人の歌の心地よさには “ 惚れます ”。

元の歌詞は Lyrics-songs.com などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

金太とミスこねこ 「 全自動操縦 」  (訳:いいげる)

(※)
高速道路の赤い光
夜に運転するの大好き
わたしとクルマは
発動機の動きでひとつになるの
フロンドガラスに映る
白い光の谷と平原
道路の雨
わたしは全自動操縦士

( ※x3 on the melody )

( lalala...x2 on the melody )

( Transcription impossible m(_ _)m )
pilot を 「 ぴろっと 」 とドイツ語風 ( フランス語風? ) に発音してるのが耳を引きますが、それはともかくまず4行目。僕の見た限りどの歌詞サイトでも 「 On the engines 」 になってますが、僕には 「 On the engine's drive 」 と聞こえるのでこちらを採用しました。この方が意味も自然ですしね。

また、その次の行の 「 Catch 」 は無視しました(^^; 谷と平原は、実際の自然の造形ではなくて、フロントガラスに映った、街灯が作り出す光の形、という解釈で合ってると思います。夜のドライブですし。

あと、曲の最後のブレイク部分で、ミス子猫嬢が何か喋ってるのですが、ここは分かりませんでした。恐らく、彼女の生まれ故郷の言葉であるフランス語で、同じ歌詞を繰り返してるだけだと思うのですが、英語の歌詞をそのまんま 「 Abacho.de - Ubersetzer 」 に突っ込んで機械的に仏語に翻訳すると、曲中の喋りとそっくりになる所と全然違うふうになる所が出てきて、確信が持てません。誰か詳しい方がおられましたら、メールかコメント欄でこの部分についてご教授いただけるとありがたいです。


※関連記事

今日のBGM♪ golden boy with miss kittin automatic
タグ: House Miss_Kittin
| 音楽 - 邦訳 | 16:58 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳 Golden Boy with Miss Kittin - 1234
Or今回も、前回前々回に引き続き、Golden Boy with Miss Kittin の曲の歌詞を訳してみたいと思います。今回取り上げるのは 1234 です。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

前回の Automatic は、1番は喋って2番以降で歌う、という構造でしたが、この曲ではもう喋りだけですね。リズムに合ってるようで微妙に合ってなくて、これをラップと言っていいのか迷います。しかも、その内容が…。



まあ、僕は、アルバム 「 Or 」 を買ったときからこの曲が好きでしたし、歌詞サイトを見て、自分では聞き取れなかった所が理解できてよかったと思います。サビの部分 ( インスト ) のフレーズにはシビれますし。カッコイイ、とかそういう感じではないんですけど “ 踊れる曲 ” というのが何なのか、金太はシッカリ分かってるんだな、という感じを受けます。(個人的に 「 Or 」 で一番好きなのは、これと Automatic の間に収録されてるインスト曲 It's good for you to meet people like us だったりします。)

元の歌詞は Lyrics-songs.com などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

金太とミスこねこ 「 いちっ、にっ、さん、しっ 」  (訳:いいげる)

さあ、スタジオに着いたわ
早く座って
緑茶の準備もできてるし
携帯のスイッチ切って
タバコやめて
機材を繋いで
音楽を流して
いちっ、にっ、さん、しっ

えーっと、ここがブレイク?
じゃあ、私がここの部分で何かしゃべることになってるんだけど、何て言ったらいいの?
ちょっと、何していいかわかんないわよ
あなたが私に何をさせたいかもわかんないし
音楽について話せばいいの?
恋愛について話せばいいの?
車? クスリ? それともパーティーのこと?
私が知ってることを話した方がいいみたいね
女の子とファッション
あなたに私の靴のコレクションのことを話してあげる
あなたが全然興味なくてもね
あなたって、通りを歩いてる女性の体ばっかり見てるような人じゃなくて?
女の子 好きでしょ。ファッションのことも知ってなきゃダメよ
こんな感じで行くわ
私が言いたいのはこういうこと
いちっ、にっ、さん、しっ

あーあ、またよ
またブレイクだわ
こんな感じで話をすすめるしかないみたいね
なに話せばいいの?
なに話せばいいの?
女の子とファッションについて?
男の子と女の子?
男の子とファッション?
それとも、何か他のこと?
この曲、あなたどう思う?
このまんま進めていった方がいいと思う?
それとも、何か別の話題を探した方がいいの?
音楽? 恋愛? 車? クスリ? それともパーティー?
あなた次第よ。あなたが親方だからね。

また別のブレイクね。単にこう言うための
いちっ、にっ、さん、しっ

結局、まだ私たち、何を話したらいいのか分からないままなのね
この曲、終わっちゃったわ
あなたのために、イケテル曲の終わり方を考えなきゃ
それと、私はもう黙ったほうがいいみたいね
今回も、かなり曲解と拡大解釈を駆使して日本語にしてみましたが、どうでしょうか。個人的には 「 You are the music master 」 を 「 あなたが親方だからね 」 と訳したのがヒットだったと思います♪

しかし冒頭の 「 Green tea's ready 」 は聞き取れなかったですね。今でも 「 Which is ready? 」 に聞こえます。

あと、歌詞サイトと違う点としては、車、ドラッグの後を 「 ponies 」 ではなくて 「 parties 」 と解して訳しました。そう聞こえますし、DJであるミス子猫嬢にとっては、ポニーよりクラブのパーティーの方が身近でしょうからね。

ところで、海外に歌詞サイトは数多くありますが、お互いにコピーしあってるんでしょうか。僕の見た限り、どこも 「 ponies 」 になっていたのに加え 「 boys and fashion 」 の次が 「 wathever 」 になってます。明らかに 「 whatever 」 の誤植なんだから、コピペする時に気付いて欲しい感じです。

しかし 「 ほらスタジオについたわよ。早くしなさいよ 」 だの 「 わたし、ここで何か喋ることになってるんだけど、なに話したらいいの? 」 だの、ひたすら金太にブーブー言って、最後に 「 この曲、もう終わっちゃったよ 」 という……。改めて文字に起こしてみると、なかなか舐めた歌詞ですね。もし仮に、この喋り部分が、事前の作文なしのガチの一発録りだったとしら、僕は 「 金太とミスこねこ 」 を尊敬しますよ。

というか、自称 “ ミス子猫 ” 嬢、こわい…。


※関連記事

今日のBGM♪ golden boy with miss kittin 1234
タグ: House Miss_Kittin
| 音楽 - 邦訳 | 16:55 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  Fischerspooner - Megacolon
#1今回は、ちょっと前に一発屋的に流行って “ エレクトロクラッシュ! ” みたいなムーブメントの先頭にたっていた(ハズの)エレポップ演劇集団 Fischerspooner のアルバム 「 #1 」 より、Megacolon の歌詞を日本語訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

このアルバム中で “ 聞ける ” のは、この MegacolonThe 15thEmerge の3曲くらいしかありません。そのうち The 15th については前回のエントリーで取り上げましたし、
うわー、スッゲーありきたり。何もない所から急に出てこなくていいし、急いでどっかに消えなくていいし。
くらいしか歌詞がない Emerge を訳してもしょうがないので、今回は Megacolon の歌詞邦訳に挑戦することにしました。

因みに、「 テクノ:バイヤーズ・ガイド―selected techno discs1983‐2003 」 の p.364 には
ヒット曲3曲でOKだった20年前なら傑作アルバムとか言われてたかも。
という KEN=GO→ さんのコメントが載っていますが、この3曲というのは、僕の挙げた3曲のことかも知れませんね。



元の歌詞は HotLyrics.net などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

フィッシャースプーナー  「 巨大結腸症 」  (訳:いいげる)

熱くてベトベトの便器でうめき、もがいてる
ワタシはEx-Laxチョコレートと自分のGE扇風機を渇望している
ワタシは壁に体をくっつけていく なんでこんな事になっちゃったんだか
お金とマルガリータと彼のせい?

私の夕食の、コーヒーと軽食を取っておく
ワタシのうんこが山になる 一種のケイレンみたい
ひと時の気休めなんて全然いらない
ワタシのおなかの中にある 巨大結腸症

「 中国人形 」 での食事の悪夢
洋服箪笥をモールで買わなきゃって考える
「 テレビ案内 」 「 コズモ 」  ワタシは雑誌の山から顔を上げる
そしてワタシのお気に入りのタバコをひと箱吸うの

ワタシのアソコの中の指
発掘現場の中に入っていく
ワタシのパンティはみんなシミだらけ
そして中では大暴れ
彼はワタシを “ さくらんぼ ” と呼ぶの
自分は神経質だと思う
だけど、ワタシは彼を吹き飛ばす
だってワタシはダイナマイト(ニトログリセリン爆薬)♪

彼女はサンドラ.H サンドラ.D じゃない
そしてワタシの “ Lady's Y-Von ” が隣りに立ってる
彼女が言った 「 マジでクソ 」
私が言った 「 ホントそうよね 」
今や巨大結腸症は大、大打撃
巨大結腸症


彼氏のことを考えると
ホントに体調悪くなるの
うんこが軟便に、湯気を立ててツルツルに
大爆発で出てきて、本当に汚かった
あんな白人野郎たちは忘れなきゃ
ワタシには、バウンティのタオルが必要

ワタシには、新しい生活が必要
カイカクするわ
ワタシには喧嘩はできない 激しい雷雨の中でなんて
強くならなきゃ 勇気をもたなきゃ
“ 公衆便所 ” なんてあだ名には耐えられないわ

ワタシはサンドラ.H サンドラ.D じゃない
そしてワタシの “ Lady's Y-Von ” が隣りに立ってる
私たちは白人ハエ少女団 ニューヨーク市を仕切ってる
私たちのメッセージは強力だけど、顔はとってもカワイイわよ
私たちは酒場に巣食ってた 暗がりに目を向けながら
私たちはお互い女子便所で会ったの
彼女が言った 「 マジでクソ 」
私が言った 「 ホントそうよね 」
今や巨大結腸症は大、大打撃
巨大結腸症

白人ハエ少女団 ニューヨーク市を仕切ってる
白人ハエ少女団 ニューヨーク市を仕切ってる
白人ハエ少女団 ニューヨーク市を仕切ってる
白人ハエ少女団 ニューヨーク市を仕切ってる
白人ハエ少女団 ニューヨーク市を仕切ってる
白人ハエ少女団・・・
まず 「 “ 五人娘 ” 説 (five) 」 「 “ 飛べ!白人少女団 ” 説 (fly) 」 などがネット上で拮抗している最後のリフレイン部分ですが、僕はうんち繋がりで 「 “ ハエ女 ” 説 (fly) 」 を採用してみました。他にも、「 white cloud ( 白い雲 ) 」 を 「 white crowd ( 白人野郎ども ) 」 と解し、「 groom 」 を 「 gloom 」 と解し、頑張って日本語にしましたが、今回は、前回とは別の意味でキツかった。「 “ Lady's Y-Von ” 」 もなんだか分かりませんし、「 お金とマルガリータと彼のせい? 」 の部分は絶対違うと思います。それ以上に、彼氏となんかやってる場面にある 『 And jizz in my wig 』 の一文には全くお手上げで、その部分に当てはめた日本語は完全にでっち上げです。

前回のエントリーでは、文学部の英文科がどうこうと書きましたが、ポピュラーソングの歌詞を解釈するには、まず俗語辞典が必要ですね。まあ 『 cherry 』 を 「 さくらんぼ 」 と訳し、『 big, big hit 』 を 「 大、大打撃 」 と訳して “ 王様フォロワー ” としての義務 (?) は果たしたので、個人的には良しとしておきます。

取りあえず、今日までずっと “ でっかい : ” のことだと思ってた “ megacolon ” が 「 巨大結腸症 」 という意味だったのも軽くショックですが、それ以上に、くそくそクソクソ五月蝿いこの曲は何なのでしょう。このアメリカの兄さん姉さん方は、もっと慎みというものを知らなければならないと思います。

※関連記事

今日のBGM♪ Fischerspooner Emerge [Junkie XL remix]
タグ: House
| 音楽 - 邦訳 | 23:55 | Permalink | トラックバック:1コメント:0


歌詞邦訳  Fischerspooner - The 15th
#1今回は、ちょっと前に一発屋的に流行って “ エレクトロクラッシュ! ” みたいなムーブメントの先頭にたっていた(ハズの)エレポップ演劇集団 Fischerspooner のアルバム 「 #1 」 より、The 15th の歌詞を日本語訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

Ishkur's Guide to Electronic Music 」 で耳にした Emerge がどうしても欲しくなってて買ったこのアルバム 「 #1 」 ですが、ジャケからして色物バッタ物全開のこのCDにあって、The 15th が正統派ポップスで、しかもじっくり聞かせる名曲だったのには虚を突かれました。はっきりいって、このアルバムでまともに聞けるのは、何かの間違いで大ヒットした(?) Emerge とこの曲と、あとは Megacolon くらいしかないのですが、The 15th に出会えたのは嬉しい誤算です。他の楽曲群はとても聞けた物ではないのですが、このCDを買って本当によかったと思っています。



元の歌詞は HitsLyrics.com などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

フィッシャースプーナー  「 15日 (ジャコバンの暴動) 」  (訳:いいげる)

まるで誰かが見ていたかのように、
それの存在は否定されちゃったんだけど
その前までは、まるでそいつから返事があったことは事実であるかのように
それはいたことになってたんだ

本当にあるんだと、堅く信じれば、それは、すぐそこにあったんだけど
お硬く考えて、この目で見てやろうとしたら、それはもう、そこには無かったんだ

まるで何か生きる目的でも持っているかのように、
そいつは戦ったと繰り返し言われてきたけど
今は、まるでそいつがすぐに壊されちゃっていたみたいに、
そんなことは無かったと解釈されてる

本当にあるんだと、堅く信じれば、それは、すぐそこにあったんだけど
お硬く考えて、この目で見てやろうとしたら、それはもう、そこには無かったんだ

それはもう、そこには無かったんだ
それはもう、そこには無かったんだ
それは

まるで誰かが見ていたかのように、それの存在がすぐに否定される前は、
それが戦ってた、ということは否定されたんだけど
それが、まるで何か生きる目的でも持っているかのようだった、
ということは繰り返し言われていて
それが壊されたのは、後になって事実に基づいた事だとされたんだけど

本当にあるんだと、堅く信じれば、それは、すぐそこにあったんだけど
お硬く考えて、この目で見てやろうとしたら、それはもう、そこには無かったんだ

それはもう、そこには無かったんだ
それはもう、そこには無かったんだ
それはもう、そこには無かったんだ
それはもう、そこには無かったんだ
今までも、かなり苦しい訳をこのブログで公開してきましたが、率直に言って、これには全く歯が立ちませんでした。冒頭の単語を 「 Refuted 」 と解すところから始まって、誤解・曲解・拡大解釈総動員で挑戦してみましたが、前出の歌詞サイトにある英文と見比べてみると、いかに無理しているか ( 特にサビの部分 ) が分かると思います。文学部で英詩でも専攻している人なら、簡単に意味が掴めるのでしょうか。

この15日というのは 「 ジャコバンの暴動 」 があった日らしいのですが、これも何なのか分かりませんでした。神話や聖書か何かにある有名な話で、西欧文化圏の人々には常識のような事柄なのでしょうか。歌の中に頻繁に出てくる “ それ ” というのは、これを指しているのかも知れませんね。

※関連記事

今日のBGM♪ Fischerspooner Emerge
タグ: House
| 音楽 - 邦訳 | 23:07 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


梅雨どきの音楽
実は昨年から 「 秋冬物の音楽 」 「 春物の音楽 」 と題したエントリーを書いて、秋口や春先の気分にあったテクノ系の音楽をいくつか紹介したい、と思っていたのですが、<共謀罪>の情報を追うのに掛かりっきりになったりして時機を逸してきました。今日は、梅雨どきのダルイ気分に見合いそうな音楽を 「 思い立ったが吉日 」 で、思いつくままに書いてみたいと思います。


● Aim - Cold Water Music

Cold Water Musicまずは、アルバムの2曲目に収められている表題曲 Cold Water Music を紹介します。

曲中のリムショットの連打が雨音に聞こえる、という単純な理由もあるのですが、この曲は暖かくて湿っぽいです。寒さが足りない。ジャケには氷山と流氷をあしらったりしてますが、cold water と名乗ってるのも含めて、“ 暑いときに飲む清涼飲料 ” なのかな、という気がしてきます。

このエントリーにも書きましたが、この曲のハッとさせられるカッコよさは最高です。アルバムとしては、ちょっとこなれていない所もありますが、「 余りアッパー過ぎるのは…。でも、ダウナーなのもちょっと 」 という天気の悪い日に、淡々と聞くことができる Chil Out 系 Abstract Hip Hop ( こんな言い方あるのかな? ) です。discog では Trip Hop になってますね。


● Moby - First Cool Hive

Everything Is Wrong次は、「 Everything Is Wrong 」 の8曲目の First Cool Hive を紹介します。

リバーブ処理の関係で、曲中ずっと雨が降っているように聞こえる、というのが主な推薦理由だったりするのですが、薄暗い雨の日の夕暮れ時に、ふと感じる孤独、感傷を、寂しく美しいメロディと、荒々しい、しかしとことん控えめなビートで表現しています。この控えめさが Moby ですね。

I Like to Scoreこの曲を聴くだけなら、ジェームス・ボンドのテーマ[Moby's Re-Version] や 「 ツイン・ピークス 」 に触発されてできたという Go といった世界的ヒット曲も一緒に聞ける 「 I Like to Score (私は点数稼ぎが好きです)」 を買ったほうが Moby初心者(?)にはいいような気もしますが、 First Cool Hive はやっぱり 「 Everything Is Wrong 」 を買って、次の Into the Blue とセットで聞くのがいいでしょう。Into the Blue は泣けます。メロディに泣けます。歌詞に泣けます。曲としてはアレですが、アルバム最終曲の When It's Cold I'd Like to Die (寒いと死にたくなるの) をどこかに念頭に置いて聞くとさらに泣けます。しみじみ泣けて、だけど聞き終わった時に元気が出てくる、そんな曲です。First Cool Hive でダウナーになって、次の Into the Blue で戻ってくる、という関係でしょうか。

「 Everything Is Wrong 」 には他にも、超サワヤカ系アッパーダンストラック Feeling So Real, Everytime You Touch Me, Bring Back My Happiness も収録されています。この三曲は本当に勢いがあって、まさに “ 新緑の季節 ” といった感じです。「 如何なものか 」 と思える曲もいくつかありますが、最近ではこのファーストアルバムが、Moby の最高傑作だと思うようになってきました。


● Aphex Twin - On

51/13 Aphex Singles Collection推薦理由は 「 雨の音が入っているから 」 です(^^; しかし、Aim は置いてないわ 「 51/13 Aphex Singles Collection 」 は置いてないわで、Amazonジャパンの品揃えは何なのでしょう。ON その物も無いし。

ON の魅力は色んなところで言われていますが、やはり、雨の中の滲んだ色彩に自分を溶かしてしまえる所が素晴らしいです。初めて耳にした時、心のそこから 「 テクノ好きでよかった 」 と思いましたよ。

I Care Because You Do「 51/13 Aphex Singles Collection 」 には他にも、Pancake Lizard やら Ventolin [Cylob Mix] やら Icct Hedral [Philip Glass Orchestration] やらが入っているのでお薦めです。ただ、Icct Hedral に限れば、「 I Care Because You Do 」 で原曲を聞いた方がいいでしょう。というか 「 I Care Because You Do 」 も 「 51/13 Aphex Singles Collection 」 に負けず、梅雨どきにぴったりのアルバムです。やはりこのあたりは、天気がへそ曲がりなイギリス出身のアーティストだからでしょうか。

因みに、「 I Care Because You Do 」 は、聞きやすさと彼らしさが上手くブレンドされていて、総合的に、大変バランスがとれたアルバムになっていると思います。Aphex Twin こと Richerd D. James が初めての人にお薦めです。ジャケ以外は。


● Aphex Twin - Selected Ambient Works II

Selected Ambient Works, Vol. 2ということでもう一発りちあと゛くん。これはどの曲ではなくて、アルバム全体を推薦します。

「 アンビエント 」 を名乗ってるだけあってアンビエントな楽曲群で占められてますが、決してビートレス、という訳でもなくて、例えば Disk1 Tr.8 Weathered Stone なんかでは、ゆるーくですが踊れます。一部では “ 葬式音楽 ” としても有名だったりするせいか、その強烈な黄昏具合と頭のねじが外れていく感覚に恐怖を覚える方も居ると思いますが、「 I Care Because You Do 」 などを聞いて、りちあと゛音楽に好感を持てた人なら大丈夫。寧ろ後半部分に、聞きやすい曲が固まっていたりするので、何もしたくない雨の日には安心して、この曲をかけっぱなしにしてボーっとしましょう。

S.A.W.2 の個々の曲名はこちらのサイトさんで。なお、HankieStone In Focus は普及版には収録されていません。


● Juno Reactor - Jardin de Cecile

バイブル・オブ・ドリームズアルバム 「 Bible of Dreams 」 一曲目の Jardin de Cecile がお薦め。この、何かが起こり始めている感じは、雨の日向けというか、台風の日向けですね。かなり格好良いトランスだと思います。

他の曲も良いのですが、ヤニ臭さ全開のラジャ・ラム近辺とは別個の、何ともいえない粘っこさは気になります。あと黒地に銀文字のジャケだと思ったら、よく見るとダビデの星が浮かんでくるのも、嫌な人にはポイント低いです。まあ、ファーストアルバムのジャケがピラミッドだったり、大ヒット作 「 Beyond The Infinite 」 の内ジャケに万物を見通す目があしらわれていたりと、こういう趣味は今に始まった事ではないのですが。

今日のBGM♪ Juno Reactor Kaguya Hime
| 音楽 - レビュー | 12:41 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  ABBA - Lay all your love on me
今回は、以前の Gimme! Gimme! Gimme! (a man after midnight)Summer night city に続き、ABBA の Lay all your love on me の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧ください。

ユーロビートの始祖である ABBA の曲の中でも、最も今のユーロビートに近いのが Lay all your love on me ですね。Gimme! Gimme! Gimme! (a man after midnight) なんかを聞いてて感じる 「テンポ遅せーなー」感も、この曲には余りありませんし。ただ、今やほとんど “ 早口言葉 ” 化してしまったユーロビート(Avexあたりに顕著?)と比べると、ABBA のメロディーの美しさが本当に際立ちます。



元の歌詞は LyricsFreak などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

ABBA  「 あなたの胸いっぱいの愛を全部、早く私によこしなさい! 」  (訳:いいげる)

あなたに会うまでは、こんなに嫉妬深くなかったのよ
今じゃ目に入るオンナはみんな潜在脅威 (^ー^;
あと、私は独占欲が強いのよ これは余り良いコトじゃないね
タバコだけが私の悪い癖だって、あなたに言ってたよね
でも、今はもう違うの
新しい私になったの
私の人生が変わっちゃった
だからお願い

あなたの気持ちを無駄遣いしないで
私だけを見て、私を愛して

まるで動かないアヒルを撃つみたいよ
ほんのちょっとのおしゃべり、あなたの笑顔に私は動けなくなったわ
あなたが私に何をしたか、私はまだ分からないの
大人のオンナがあんなに簡単に落ちるワケ無いわ
あなたが傍に居ないと、私は不安になるの
満たされない
プライドなんかどうでもいい
だからあなた、お願い

あなたの気持ちを無駄遣いしないで
私だけを見て、私を愛して
あなたの心を誰かに分けないで
私だけを見て、私を愛して

私にも、まあ色んなことがあったけど
どれもそんなじゃ無かったし、もう全部終わったことよ
あれが大人な判断だったって、あの頃はよく思ってたけど
そのせいで、何が本当のことなのか、全然見えなくなってたみたい
新しい私になったから
私は全部あなたのものよ
私の人生が変わっちゃった
ああ、どうしたらいいの?

あなたの気持ちを無駄遣いしないで
私だけを見て、私を愛して
あなたの心を誰かに分けないで
私だけを見て、私を愛して
あなたの気持ちを無駄遣いしないで
私だけを見て、私を愛して
あなたの心を誰かに分けないで
私だけを見て、私を愛して
あなたの気持ちを無駄遣いしないで
私だけを見て、私を愛して・・・
訳していて思ったのですが、やはりこの曲のキモは 『 potential threat (潜在脅威!) 』 でしょう。まあ、自分以外の人間が全員恋敵に見えた時期もあった(今も!?)ので、他人様をとやかく言えた義理ではないのですが、旧ソ連の原潜じゃないんだから(^^; 英語圏、もしくはスウェーデンでは、こういう言い方は日常語なのでしょうか。

他にも、自分への愛以外は全て 『 感情の無駄遣い 』 と言い切り、全ての愛をよこせと迫るこの女性は凄いですね。流行歌のモチーフを、実在の人物と考えるのは初めから無理がありますが、「 恋は盲目 」 という言葉の一端を表している、と考えて、この “ 独占欲の強さ ” を、顔文字まで動員して日本語にしてみました。特に後半部分は、会心の訳になったと自負しています。

本当に、今回は楽しく訳せました。ABBA サイコーです!

※参考リンク

※関連記事

今日のBGM♪ ABBA Lay all your love on me
タグ: Pops Eurobeat House
| 音楽 - 邦訳 | 01:50 | Permalink | トラックバック:0コメント:1


歌詞邦訳  ABBA - Summer night city
今回は、前回の Gimme! Gimme! Gimme! (a man after midnight) に引き続き、ABBA の Summer night city の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧ください。

今のところ、個人的には ABBA で一番好きな Summer night city ですが、曲中で、テンポが速くなったり遅くなったり、BPMのぐら付きが比較的大き目なのが玉に瑕ですね。ABBA でも他の曲では、まず、気になることは無いのですが…。

リズムのよたり揺らぎは、 Hot Popcorn の Pop Corn のような、リズムマシンを使っていない “ 人力テクノ ” の表れと好意的に捉えることも出来ますが、機会があれば是非、機械的にテンポがビシッと合った Summer night city リミックスヴァージョンを手がけてみたいです。話は逸れますが、Pop Corn電気グルーヴのカバーでも有名ですね。



元の歌詞は LyricsFreak などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

ABBA  「 Summer night city 」  (訳:いいげる)

Summer night city
Summer night city

夜明けを待って、踊り続ける
Summer night city
月の光の下を歩き、公園で愛が生まれる
Summer night city

昼間はとっても眠りたい
そんなに長くは耐えられない
じれったいような気持ちが動き出して
背骨を這って、大きくなるの

そこには何が待ってるか、私はちゃーんと知っている
今夜の私はアブナイ気分

刺激と共に夜が来て
すぐに行かなきゃいられなくなる
巨大な発電機が醸しだす
不思議な魅力には逆らえないわ
いっぱい貰っていっぱい出して
息をして、今を生きる

夜明けを待って、踊り続ける
Summer night city
月の光の下を歩き、公園で愛が生まれる
Summer night city

それはよく分からない みんなはキラメキと呼んでる
何でか分からないけど、何かが私の中ではじけて、
目に映るのは星屑ばかり
それがどこかに行っちゃっても、寂しいとは思わない

私、この雰囲気が好き
私みたいのがどこにも居るもの

その刺激と共に夜が来て
すぐに行かなきゃいられなくなる
巨大な発電機が醸しだす
不思議な魅力には逆らえないわ

そして次の日朝が来て
一番鳥が鳴き始め
夜明けの淡い陽の中で
頭の中には何も無い
それは夢、それは人外
浜辺のそこここにある流木

夜明けを待って、踊り続ける
Summer night city
月の光の下を歩き、公園で愛が生まれる
Summer night city
夜明けを待って、踊り続ける
Summer night city
月の光の下を歩き、公園で愛が生まれる
Summer night city
夜明けを待って、踊り続ける
Summer night city
月の光の下を歩き、公園で愛が生まれる
Summer night city
王様の影響を強く受けてしまっているため、New Order を “新秩序” と訳し “Insomnia” を “失眠症” と訳し、“Gimme! Gimme! Gimme!” を “ちょうだい!ちょうだい!ちょうだい!” と訳した僕でしたが、今回は、バンド名はおろか曲名すら直訳できませんでしたorz. 前回のエントリーで言ったこと翻すようでアレですが、さすがに 『 夏・夜・街 』 ではカッコ悪いし、これ以上の訳が浮かばなかったもので…。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、今回はタイトルにとどまらず、全体的に、前回以上のダメ訳になってしまいました。“soul dancing” すらちゃんと訳してません。最後はヤケクソで七五調です。

しかし、公園で発電機が出てくるので、これは野外レイヴの歌ですね。浜辺に打ち上げられた流木が出てくるので、この公園は海に面しているようです。

※参考リンク

※関連記事

今日のBGM♪ ABBA Summer night city
タグ: Pops Eurobeat House
| 音楽 - 邦訳 | 01:43 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  ABBA - Gimme! Gimme! Gimme! (a man after midnight)
今回は、ユーロビートの直接的な祖先であり、一時はボルボをも凌ぐ多量の外貨をスウェーデンにもたらした、とも言われているディスコサウンドの金字塔、ABBA の Gimme! Gimme! Gimme! (a man after midnight) の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧ください。

僕が ABBA に出会ったのは、幼稚園に入るか入らないかの頃でした。父のステレオからこれが流れてくると踊りだし、他の曲には目もくれず「これがいい!」と何度もこの曲をリピートしろとせがんで、父を困らせてたのを覚えています。

この曲の名前とアーティスト名が一致したのは中学に入ってからでしたが、久しぶりに聞いてみて 「 こんなにテンポ遅かったっけ? 」 というのが正直な感想です。これが、所謂 “ 時代の流れ ” というヤツでしょうか…。



元の歌詞は LyricsFreak などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

ABBA  「 ちょうだい!ちょうだい!ちょうだい!(午前様の男) 」  (訳:いいげる)

12時半
私は部屋で一人、深夜番組を見てる
一人で過ごすのってホント最悪
秋風
自分の部屋を見渡す時、窓の外でビュウビュウ吹いてる
退屈な部屋を見るたびに、とってもブルーになるの

情熱なんかどこにもない
願いを聞いてくれる人もいない・・・

お願い!お願い!お願い!午前様の男
私が憂鬱な影を追い払うのに手を貸してくださらない?
お願い!お願い!お願い!午前様の男
暗闇を抜けて、私を夜明けへ連れてって

映画スター
まるで虹の足でも見つけるように、勝ち組みの幸運を掴んだ人たち
私が住んでる世界とは大違いよね
退屈なテレビ
私は窓を開け夜空を見つめる
でもそこには何も無い、見えるものは何も無いの

情熱なんかどこにもない
願いを聞いてくれる人もいない・・・

お願い!お願い!お願い!午前様の男
私が憂鬱な影を追い払うのに手を貸してくださらない?
お願い!お願い!お願い!午前様の男
暗闇を抜けて、私を夜明けへ連れてって
お願い!お願い!お願い!午前様の男 ah ah ah ah ah ah ah
お願い!お願い!お願い!午前様の男 ah ah ah ah ah ah ah

情熱なんかどこにもない
願いを聞いてくれる人もいない・・・

お願い!お願い!お願い!午前様の男
私が憂鬱な影を追い払うのに手を貸してくださらない?
お願い!お願い!お願い!午前様の男
暗闇を抜けて、私を夜明けへ連れてって

お願い!お願い!お願い!午前様の男
誰か、私が憂鬱な影を追い払うを手伝って
お願い!お願い!お願い!午前様の男
暗闇を抜けて、私を夜明けへ連れてって
今回は 『 Gimme! Gimme! Gimme! 』 → 『 Give me! Give me! Give me! 』 → 『 ちょうだい!ちょうだい!ちょうだい! 』 と調子に乗って訳したまでは良かったのですが、後ろに 『 午前様の男 (a man after midnight) 』 をくっつけてみたら大変下品で、なお且つ、どことなくサモシイ感じまでしてきてしまったので、サビの部分の訳は変えました。とりあえず英語やフランス語にしておくと、なんとなくカッコイイ、というのは、やはりどうかと思います。『 Geben Sie mir! Geben Sie mir! Geben Sie mir! 』とドイツ語にすると、なんとなく、肩に力が入った感じがダサくて良いですね(^_^; ("Sie" より "du" の方がいいかな?)

サビで言えば、『 would like 』 を頑張って訳したらやはり変になりました。他の部分の訳も、どうも今ひとつですね。しかし「勝ち組み」「負け組み」って便利な言葉です。

※参考リンク

※関連記事

今日のBGM♪ ABBA Gimme! Gimme! Gimme! (a man after midnight)
タグ: Pops Eurobeat House
| 音楽 - 邦訳 | 00:29 | Permalink | トラックバック:2コメント:4


歌詞邦訳  New Order - Blue Monday
The Best of New Order今回は、クラブチューンの古典である、New Order の Blue Monday の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

『今や世界のクラブシーンで直接的、間接的を問わず“彼らの影響を受けていない人間を探すことは難しい”といわれる。』なんて言われ、そこら中でリスペクトされている彼らですが、ファーストアルバム発売後に生まれた僕としては、ベスト版を聞いてみても、ゲートリバーブかかり過ぎの、暑苦しいメロディのダサい楽曲にしか思えません。しかし、 Blue Monday ('88) は違いました。安っぽいシンセ音のイントロを聞いた瞬間に、名前どおり憂鬱な、イギリスらしい曇り空の世界に吸い込まれました!これが、後藤雅洋さんが言った『音の持つ風格、たたずまい』というモノなのかも知れません。



元の歌詞は New Order Online などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

新秩序  「 憂鬱な月曜日 」  (訳:いいげる)

どんな気分なんだ? お前が俺をあしらってる時は
俺に手を掛けて、自分が何者か言ってる時さ
俺が誤解されてたのを思い出す
お前が言った言葉を思い出す
言ってみろよ、今の俺がどんな気分か
さあ言ってみろよ、今の俺がどんな気分か

俺より先に生まれた連中が
過去から終わりの日まで続く、彼らの休暇を生き長らえる
彼らは立ち去り、二度と戻っては来ないだろう
そして俺は今でも、言うべきことを言うってのは、
とても難しい事だと思ってる
でも、俺はすっかり信じてるよ お前が教えてくれるって
俺が今日一日、どんな気分でいればいいのかを

一艘の船が港に見える
俺は服従できるし、また服従しようと思う
でも仮に、お前自身の不幸のためではなかったとしても
俺は今日、天国の住人だっただろうよ
そして、自分が誤解されていたのを思い出す
そして、お前が話したことを思い出す
言ってみろよ、今の俺がどんな気分か
さあ言ってみろよ、これから俺がどんな気持ちになるのか

俺はここに立ったまま、待っている、、、

俺がお前に「放っといてくれ」と言ったことを思い出す
浜辺を歩いてる時だった
どんな感じなのか言ってみろよ
お前の心臓が、凍り付いていく時の気分は
今回も、なかなか日本語にならなくて苦労しました。例によって誤解・曲解・拡大解釈を総動員しています。

『俺より先に生まれた連中が、過去から終わりの日まで続く、彼らの休暇を生き長らえる』とか『一艘の船が港に見える』といった表現は、キリスト教の聖書か何かから来ているのでしょうか。『でも仮に、お前自身の不幸のためではなかったとしても』なんて所は、思いっきり直訳調になってしまいました。こんな日本語ありませんよね。

しかしこの曲、New Order の前身のバンド Joy Division のヴォーカル、Ian Curtis が自殺した月曜日のことを歌っていたのですね。ずっと、ブルーマンデー症候群のことだと思っていました。まあ、イアンの自殺も、ブルーマンデー症候群を支持する結果になっていますが…。こんな曲が、イギリスをはじめ世界中で大ヒットするなんて、まさしく世も末です。

それにしても、バンド名をナチスの“新秩序”から取るとは…。前身バンドの“慰安所”という名前もとんでもありませんが、選ばれしアーリア人が「超人(超勝ち組み)」となり、世界を治め安定させる、という考え方は、WASP財閥やユダヤ資本といった「超人(超勝ち組み)」が、アメリカという国を通して全世界を揺さぶっている現在において、全く洒落になりません。日本にも及ぶこの“新秩序”の一端を、以下のエントリー群に書き記しましたので、どうぞご覧下さい。


※関連記事

今日のBGM♪ New Order Bizarre Love Triangle ('94)
タグ: House Rock
| 音楽 - 邦訳 | 10:01 | Permalink | トラックバック:0コメント:0




前ページ | ホーム | 次ページ

06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
つーかもう4年目…。
igel_jp@hotmail.com
Twitter ID: @igel_jp
Twitter別垢: @igeljp

はてブどうしよう…。
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (19)
  • 音楽 - アレンジ曲 (58)
  • 音楽 - DJ IGEL (11)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (47)
  • 音楽 - ニュース (6)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (21)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (28)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (12)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (32)
  •  └ リアル俺屍攻略 (4)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (14)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (8)
  • PC, IT, Internet, etc. (24)
  • Video Games (134)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  •  └ Cities: Skylines (14)
  •  └ Borderlands2 (12)
  •  └ Crusader Kings 2 顕胤の野望 (62)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (33)
  • 酒 食事 グルメ (16)
  • 夢 (27)
  • 卜占、心理テストほか (8)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・渇き (11)
  • 日常に潜む不条理 (15)
  • 昔のこと (5)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (34)
  •  └ COVID19 Fake Pandemic (12)
  •  └ 電磁波過敏症 体験記 (3)
  •  └ 気象兵器 人工地震 等 (9)
  • 人間関係 (8)
  • 雑記 (87)
  • 僕の見た秋田。 (8)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (5)
  • Digital Divide - 情報格差 (29)
  • お知らせ・更新情報等 (32)
  • アクセス解析@Igelblog (8)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • 情報操作 (70)
  • マスコミ (53)
  • メディアリテラシー (49)
  • 全体主義の足音 (38)
  • SNS (35)
  • 人間という家畜 (35)
  • Twitter (33)
  • ツイート保管所 (31)
  • 安倍晋三 (29)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) (23)
  • House (22)
  • ネット上の情報統制 (22)
  • 集団ヒステリー (19)
  • 予想&妄想 (19)
  • 日本社会_日本人論 (18)
  • ネタ (17)
  • 心理学_洗脳 (16)
  • 金融 (15)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • Rock (10)
  • 著作権 (10)
  • 格差社会 (10)
  • Traktorとか (9)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (9)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 5G (8)
  • 超監視・管理社会 (8)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (7)
  • PCR検査 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • シャドウバン (6)
  • お役所_官僚 (6)
  • ワクチン (6)
  • 空の写真 (6)
  • 顕胤の野望_番外編 (6)
  • Trance (6)
  • GeForce (6)
  • LTE_4G (5)
  • 自由民主党 (5)
  • ツイート保管庫 (5)
  • パンデミック (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • テロ (5)
  • 新型肺炎 (5)
  • 教育 (5)
  • 報道統制 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • Chill_Out (5)
  • R-TYPE (5)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • イラク (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • 外資支配 (4)
  • 憲法 (4)
  • 競馬ブック (4)
  • Miss_Kittin (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • ヒットラー (4)
  • ケムトレイル (4)
  • 冤罪 (4)
  • バイオハザード (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • ビラ (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ドコモXi (3)
  • デモ (3)
  • 東京新聞 (3)
  • フリーメーソン (3)
  • ブッシュ (3)
  • EDM (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • ばけたん (3)
  • Skyrim (3)
  • Google_Play_Music (3)
  • ロシア (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • 新型コロナウイルス (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • HARRP (2)
  • WiMAX (2)
  • 自殺 (2)
  • 東京五輪2020 (2)
  • 尾崎豊 (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 畠山鈴香 (2)
  • 与野党グル_与野党プロレス (2)
  • 人工地震 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 気象兵器 (2)
  • 電通 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • ダビスタ (2)
  • ライブドア (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 日記 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • いじめ (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 東京オリンピック (1)
  • 森田信秀 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 東京マラソン (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 税金 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 中止だ中止 (1)
  • 天木直人 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • 年金 (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • ねこ画像 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 統一教会 (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 100ワニ (1)
  • 内部告発 (1)
  • 中国 (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2020年07月 (1)
  • 2020年06月 (7)
  • 2020年05月 (15)
  • 2020年04月 (18)
  • 2020年03月 (24)
  • 2020年02月 (21)
  • 2020年01月 (32)
  • 2019年12月 (30)
  • 2019年11月 (38)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (3)
  • 2019年06月 (4)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (6)
  • 2018年09月 (2)
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (3)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland