自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



歌詞邦訳  Pink Floyd - Welcome to the Machine
Wish You Were Here今回は、40年前からショービジネス界を痛烈に批判し続けているロック・チューン、Pink Floyd の Welcome to the Machine の歌詞を翻訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方については、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。



理不尽なことが続くと、いつの間にかピンク・フロイドを口ずさんでいる私。今回は、私には直接の被害は無かったのですが、どうしても、いろいろ考えてしまいますね。何で世の中こうなっているんだろう、って。

元の歌詞は azlyrics.com などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。
続きを読む
タグ: Rock
| 音楽 - 邦訳 | 23:11 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  The Offspring - ALL I WANT
グレイテスト・ヒッツ今回は、The Offspring の ALL I WANT の歌詞を翻訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方については、このエントリーに書きましたのでご覧ください。

先ほど、久々にこの曲を聴いたら、妙に歌詞が心に突き刺さってきました。やはり、安い給金を得るためだけに、毎日毎日会社に行って書類まみれになる生活を送っていては、“生きてる” っていう実感に乏しくなりますから。

因みに、ご多分に漏れず、私も 「DORAEMOOOON!」 でこの曲を知ったクチ。ということで、 “FLASH黄金時代” を象徴する例のMADを以下に挙げておきます。



元の歌詞は sing365.com などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。
続きを読む
タグ: Rock
| 音楽 - 邦訳 | 21:37 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  Red Hot Chili Peppers - Parallel Universe
Californication今回は、前回に引き続き、Red Hot Chili Peppers のアルバム 「 Californication(カリフォルニア姦淫) 」 より Parallel Universe の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧ください。

とにかく 前回の Otherside の訳には手間取って、煮詰まってしまってなんともならなくなったので、気分転換に手を付けてみたのがこの曲 「 Parallel Universe 」 です。これもまた、スピード感あふれる16ビートのストレートなロックで、好感が持てますね。カッコイイです。



元の歌詞は eLyrics.net などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。
一味唐辛子  「 平行宇宙 」  (訳:いいげる)

決して交わらない、二つの宇宙の奥深く
何が最初に来たのか。それを伝えるのは、ますます難しくなってってる

いろんな考えとかが、容易に芽吹ける水の中
遥か遠く、君も海の中で作られたんだ
俺と同じように

キリストよ
俺はヨコバイガラガラヘビ、カリフォルニアの王者だ
誓って言うぜ
カリフォルニアでは、ガラガラヘビみたいな冷酷で強欲な金の亡者がそこら中にゴロゴロしてるんだ
そして、それがカリフォルニアの全てなのさ

まっすぐ頭上の空を見つめなよ
ああ、ほら、ほら、俺の太陽系が、
お前の目の中の小宇宙にバッチリだ

お前はいずれ死ぬんだろうけど、お前の “蜘蛛の巣” は死にやしないぜ
お前の頭ん中、宇宙小僧の遊び場の中にある、星々を見てみろよ

キリストよ
俺はヨコバイガラガラヘビ、カリフォルニアの王者だ
誓って言うぜ
カリフォルニアでは、ガラガラヘビみたいな冷酷で強欲な金の亡者がそこら中にゴロゴロしてるんだ
そして、それがカリフォルニアの全てなのさ

キリストよ
俺はヨコバイガラガラヘビ、カリフォルニアの王者だ
誓って言うぜ
カリフォルニアでは、ガラガラヘビみたいな冷酷で強欲な金の亡者がそこら中にゴロゴロしてるんだ
そして、それがカリフォルニアの全てなのさ

お前の心の中で、霊的変化が起こってるんだ
それをしっかり心に刻め
神経の飛躍が俺たちをひとつにする
あなたの心に神の恩寵がありますように、お嬢ちゃん

汗だくの頬に雨のように降り注いでる、プレッシャーなんて殺しちまえ
愛の歌が聞こえたとき、俺はお前と一緒だよ

キリストよ
俺はヨコバイガラガラヘビ、カリフォルニアの王者だ
誓って言うぜ
カリフォルニアでは、ガラガラヘビみたいな冷酷で強欲な金の亡者がそこら中にゴロゴロしてるんだ
そして、それがカリフォルニアの全てなのさ

キリストよ
俺はヨコバイガラガラヘビ、カリフォルニアの王者だ
誓って言うぜ
カリフォルニアでは、ガラガラヘビみたいな冷酷で強欲な金の亡者がそこら中にゴロゴロしてるんだ
そして、それがカリフォルニアの全てなのさ
サビの部分の訳がとんでもないことになっちゃってますが、全体として、あっさり訳せてしまったな、という感じです。Otherside とはうって変わって、全く悩むことなく、ずらずらと日本語にしましたが、この曲が言わんとしていることは大体つかめたつもりです。

この歌を初めて聴いたときは、サビの部分にある「 サイドワインダー 」 が短距離空対空ミサイルのことにしか思えませんでしたが、ヨコバイガラガラヘビだったんですね。ガラガラヘビを、活力や性欲の象徴みたいに解釈されるのが嫌だったので、サビの部分の訳詞は異常にしつこくなりました(^^; この曲の場合は、ハリウッドに代表されるショービジネス産業のことでいいハズ。

しかし、サビ以外は典型的なラブソングなので、この訳だと、サビとそれ以外の整合性が取れませんね。やっぱ、ガラガラヘビは性欲の象徴なのか? そもそも、深読みせずに単に直訳するのがベストだったか?? う~ん。今になって悩んできたぞ。


※関連記事
タグ: Rock
| 音楽 - 邦訳 | 21:46 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  Red Hot Chili Peppers - Otherside
Californication今回は、Red Hot Chili Peppers のアルバム 「 Californication(カリフォルニア姦淫) 」 より Otherside の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧ください。

レッチリはミクスチャーロックだと聞いていたので、この曲を初めて聴いたときには、そのストレートなロック振りが結構意外でした。程なく気に入って、CD購入と相成ったのですが、印象的な 「 Take it on the otherside 」 というリフレインの意味がどうも上手く掴めません。ずっと気になっていましたが、今回、訳詞に挑戦して、自分のモヤモヤに決着をつけたいと思います。

YouTube で見つけた OFFICIAL VIDEO


元の歌詞は eLyrics.net などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。
一味唐辛子  「 彼の世 」  (訳:いいげる)

どれだけ、どれだけ俺は滑り落ちていくんだろう
俺のことを、この世から切り離したいぜ
俺は思わねえ
俺は、自分の喉を切り裂いて自殺するのが悪いことだなんて思わねえ
それは俺が今まで…

写真から、お前の声が聞こえたような気がするよ
昔のことを思い出し、考えちまったよ
わかるだろ。お前はもう、二度と帰ってこられないんだ
俺はあの世に行かなくちゃ

年月とは、俺にとってただ起こったことって存在でしかない
教会の外の共同墓地で、俺は海と結婚するんだ
不思議なことでも、俺の決心は変えられないよ
俺はあの世に行かなくちゃ
あの世に行かなくちゃ
行かなくちゃ
行かなくちゃ

どれだけ、どれだけ俺は滑り落ちていくんだろう
俺のことを、この世から切り離したいぜ
俺は思わねえ
俺は、自分の喉を切り裂いて自殺するのが悪いことだなんて思わねえ
それは俺が今まで…

俺の命を紙コップの中に注ぐのさ
灰皿は一杯だし、俺は生きる力をどんどんこぼしてる
彼女は、自分がまだアバズレかどうか知りたがってる
俺はあの世に行かなくちゃ

高潔にしてふしだらな女優の卵が俺のベッドで横になってる
俺のソウルメイト候補が死んだんだ
引き金をひいて恐怖を殺すぜ
俺はあの世に行かなくちゃ
あの世に行かなくちゃ
行かなくちゃ
行かなくちゃ

どれだけ、どれだけ俺は滑り落ちていくんだろう
俺のことを、この世から切り離したいぜ
俺は思わねえ
俺は、自分の喉を切り裂いて自殺するのが悪いことだなんて思わねえ
それは俺が今まで…

俺のスイッチを入れてくれ その荒旅へと俺を向かわせるスイッチを
俺を燃え尽きさせてくれ 俺をあの世へ放り捨ててくれ
俺は大声で言っておく
それは俺の友達じゃないんだって
ぶっ潰して、ぶっ潰しても、
この考えは、また浮かんできちまうんだ

どれだけ、どれだけ俺は滑り落ちていくんだろう
俺のことを、この世から切り離したいぜ
俺は思わねえ
俺は、自分の喉を切り裂いて自殺するのが悪いことだなんて思わねえ
それは俺が今まで…

どれだけ、俺は、俺は 「喉を裂いて自殺するのは悪くねえ」 って思ってりゃいいんだ
それは俺が今まで…
とにかく 「 Take it on the otherside 」 の部分がなんともならなくて、悩みに悩んだ末に 「 俺はあの世に行かなくちゃ 」 と超訳したら、後はスルスルと訳語が出てきました。そして、泣けてきて、泣けてきて…。なんて悲惨な歌なんだろう。初めて耳にしたときから 「How long, how long~」 という情緒的なサビの割りに、歌全体が異様に乾いているのが気になっていましたが。

私は、自殺はしません。もし、愛する人を失って、家族も財産も社会的地位も全部失ったら、孤独を友に、この歌にすがって生きていきます。路頭に迷い、自分をこの世から切り離したくなったら、泣きながら、大声で 「どれだけ、どれだけ俺は滑り落ちていくんだろう」 とわめいて、気違いのように生きていきます。

この歌の主人公が、私の訳詞にあるように、最後で自殺を思いとどまったかどうかは、もはや関係ありません。この歌のブラックホールのような空虚感は、私の無限の絶望感を投げ込むのには十分でしょう。私はこれから、苦しいときは、この歌にしがみ付いて生きていこうと、訳しているうちに心が決まりました。

歌そのものとは関係ない文章ですみません。この 「 カリフォルニケイション 」 は、アルバムの中では一番売れたそうですが、こんな歌を世界中で売りさばくなんて、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ恐るべし、です。


※関連記事
タグ: Rock
| 音楽 - 邦訳 | 19:42 | Permalink | トラックバック:0コメント:4


歌詞邦訳  New Order - Blue Monday
The Best of New Order今回は、クラブチューンの古典である、New Order の Blue Monday の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

『今や世界のクラブシーンで直接的、間接的を問わず“彼らの影響を受けていない人間を探すことは難しい”といわれる。』なんて言われ、そこら中でリスペクトされている彼らですが、ファーストアルバム発売後に生まれた僕としては、ベスト版を聞いてみても、ゲートリバーブかかり過ぎの、暑苦しいメロディのダサい楽曲にしか思えません。しかし、 Blue Monday ('88) は違いました。安っぽいシンセ音のイントロを聞いた瞬間に、名前どおり憂鬱な、イギリスらしい曇り空の世界に吸い込まれました!これが、後藤雅洋さんが言った『音の持つ風格、たたずまい』というモノなのかも知れません。



元の歌詞は New Order Online などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

新秩序  「 憂鬱な月曜日 」  (訳:いいげる)

どんな気分なんだ? お前が俺をあしらってる時は
俺に手を掛けて、自分が何者か言ってる時さ
俺が誤解されてたのを思い出す
お前が言った言葉を思い出す
言ってみろよ、今の俺がどんな気分か
さあ言ってみろよ、今の俺がどんな気分か

俺より先に生まれた連中が
過去から終わりの日まで続く、彼らの休暇を生き長らえる
彼らは立ち去り、二度と戻っては来ないだろう
そして俺は今でも、言うべきことを言うってのは、
とても難しい事だと思ってる
でも、俺はすっかり信じてるよ お前が教えてくれるって
俺が今日一日、どんな気分でいればいいのかを

一艘の船が港に見える
俺は服従できるし、また服従しようと思う
でも仮に、お前自身の不幸のためではなかったとしても
俺は今日、天国の住人だっただろうよ
そして、自分が誤解されていたのを思い出す
そして、お前が話したことを思い出す
言ってみろよ、今の俺がどんな気分か
さあ言ってみろよ、これから俺がどんな気持ちになるのか

俺はここに立ったまま、待っている、、、

俺がお前に「放っといてくれ」と言ったことを思い出す
浜辺を歩いてる時だった
どんな感じなのか言ってみろよ
お前の心臓が、凍り付いていく時の気分は
今回も、なかなか日本語にならなくて苦労しました。例によって誤解・曲解・拡大解釈を総動員しています。

『俺より先に生まれた連中が、過去から終わりの日まで続く、彼らの休暇を生き長らえる』とか『一艘の船が港に見える』といった表現は、キリスト教の聖書か何かから来ているのでしょうか。『でも仮に、お前自身の不幸のためではなかったとしても』なんて所は、思いっきり直訳調になってしまいました。こんな日本語ありませんよね。

しかしこの曲、New Order の前身のバンド Joy Division のヴォーカル、Ian Curtis が自殺した月曜日のことを歌っていたのですね。ずっと、ブルーマンデー症候群のことだと思っていました。まあ、イアンの自殺も、ブルーマンデー症候群を支持する結果になっていますが…。こんな曲が、イギリスをはじめ世界中で大ヒットするなんて、まさしく世も末です。

それにしても、バンド名をナチスの“新秩序”から取るとは…。前身バンドの“慰安所”という名前もとんでもありませんが、選ばれしアーリア人が「超人(超勝ち組み)」となり、世界を治め安定させる、という考え方は、WASP財閥やユダヤ資本といった「超人(超勝ち組み)」が、アメリカという国を通して全世界を揺さぶっている現在において、全く洒落になりません。日本にも及ぶこの“新秩序”の一端を、以下のエントリー群に書き記しましたので、どうぞご覧下さい。


※関連記事

今日のBGM♪ New Order Bizarre Love Triangle ('94)
タグ: House Rock
| 音楽 - 邦訳 | 10:01 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  New Order - Regret
The Best of New Order今回は、清涼感溢れる90年代 New Order の名曲 Regret の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

Blue Monday ('88) がKick四つ打ち+ヴォコーダーの王道ダンス仕様だったのに比べ、この曲のドラム・パターンは「どったどっとたっ」で、ギターも大々的にフィーチャーしていて、かなりロックにシフトしてますね。真ん中のバスドラをカットすれば、そのままドラムンベースの典型的なリズムになる、と言ったらこじ付けでしょうか。



元の歌詞は New Order Online などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

新秩序  「 後悔 」  (訳:いいげる)

僕は今まで会った人すべての
名前と住所を忘れちゃったみたいだ
でも 少しも後悔はしていないよ
後悔は 他の日のためにとっておくさ
ほら 学校のテストだ 子供たちが駆けて行くよ

僕は「僕のもの」と呼べる場所がほしいと思ってます
電話でお話しましょうよ
毎日 新しい気分で目を覚まそうよ
自分の傷ついた心のことで 不平を言ったりはしませんよ

きみを見ると取り乱してたよ
殆んどいつもそうだった
きみは「知らない人」だったけど
今では僕のもの

僕はきみを信頼してすらいなかった
分けてあげられるほどの余裕はなかった
僕らは限界と戦ってたし
しかも僕らは、自分が誰と一緒に居るのか知らなかった
きみは、僕を手に負えないヤツだと思うかも知れない
僕が初心だから でも分かった
この場合 それは正しくないよ
僕をちゃんと見て 僕はきみと同じじゃない

僕は「僕のもの」と呼べる場所がほしいと思ってます
電話でお話しましょうよ
毎日 新しい気分で目を覚まそうよ
自分の傷ついた心のことで 不平を言ったりはしませんよ

僕は飛びやすいヒューズみたいだった
何時もカッとなっていてね
きみは赤の他人だったけど
今では僕のもの

僕は「僕のもの」と呼べる場所がほしいと思ってます
電話でお話しましょうよ
毎日 新しい気分で目を覚まそうよ
自分の傷ついた心のことで 不平を言ったりはしませんよ

まあ 明日まで待とうよ
それが みんなが言ってることだと思うよ
みんなが バラバラになっちゃう前に
今回は、そんなに大きく意味を取り違えたりはしなかったと思いますが、やっぱり、なかなか上手い日本語になりませんでした。語尾が「よ」ばっかりになってしまったのも気に入りませんね。この曲の、爽やかな感じを出そうとしたのですが…。あと、最後のところは、解釈に自信がありません。

中学時代から今日まで、日本盤のCDに付いている訳では不満で、ジーニアス片手に色んな歌詞を訳してきましたが、やはり、プロとして訳している方には敵わないと感じます。スラングや文化的背景についての知識の差もさることながら、大胆に意訳できる言語感覚が、僕には足りないようです。

※関連記事

今日のBGM♪ New Order 1963 ('94)
タグ: House Rock
| 音楽 - 邦訳 | 08:58 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  Hooverphonic - Revolver
A New Stereophonic Sound Spectacular今回は、Hooverphonic の「 A New Stereophonic Sound Spectacular 」に収録されている Revolver が大変気に入ったので、歌詞を訳してみました。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

この曲は、電話か無線で話し合っている男性の会話が冒頭にサンプリングされている以外は、普通の歌モノです。ギターが入った、ミディアム・テンポの、ありふれた、女声ボーカルの Pop Rock です。まったりとダル目に進行し、メロディーも編曲も、特に、然したる特徴は無いのですが…サビが凄い!ボーカルの声に導かれ、と言うかグイグイと引っ張られ、ほとんど強制的に、空の彼方まで意識を持っていかれます!!

“売れ筋音楽”のお約束をしっかり守って、終始、当り障りのない、使い捨て・聞き捨てられる運命の、洗練された“商品”に徹しているのですが、それ故に、逆に、サビの持つ浮遊感・トランス感が引き立っています。この曲こそ、先鋭性と大衆性を両立させた、最高の“音楽商品”の一つと言っていいでしょう。




とても、約10年前の作品とは思えません。今の耳で聞いても、十分“新しく”感じます。深い藍色のジャケも美しく、アルバムとしても、とてもデビュー作とは思えないほど完成されていて、言うことはありませんね。

元の歌詞は、CDのジャケにも載ってますが Revolver lyrics などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。
フーヴァー音響  「 回転式連発拳銃 」  (訳:いいげる)

小さなリズム・パターンが 私の血の中に流れ込み
魂はこの鎖を捨てて 離れていくの
ほら 彼女が私のところへやって来る
リヴォルヴァーはこの集まりを 世の中から締め出してしまう

小さなリズム・パターンが 私を鎖から解き放ち
フーヴァー・サウンドは 私の痛みを和らげてくれる
ほら 彼女が貴方のところへやって来る
白いトナカイに乗って行ったり来たり

小さなリズム・パターンが 私の血潮に流れ込み
魂はこの鎖を捨てて 離れていくの
小さなリズム・パターンが 私を鎖から解き放ち
フーヴァー・サウンドは 私の痛みを和らげてくれる

ほら、彼女が私のところへやって来る
リヴォルヴァーはこの集まりを 世の中から締め出してしまう
ほら 彼女が貴方のところへやって来る
白いトナカイに乗って行ったり来たり
今回も、例によって誤解・曲解・拡大解釈総動員です。しかし、英詩のクセに主語がない文はまだいいのですが、リヴォルヴァーがどういう集団から、レイヴ・パーティを exclude してしまうのか、ここが省略されているのがキツかった。とりあえず、漠然と世間一般ということで、“世の中”という言葉を勝手に付け足してみました。

ユニット名の一部でもあり、歌の中にも何度も出てくる“Hoover”という言葉は、アメリカの第31代大統領でも彼が作ったダムでもなく、もちろん掃除機メーカーのことでもなくて、Roland Alpha Juno-2 に代表されるようなフーヴァー・サウンドのことでしょう。

最後の部分は、Floating するのでカリブ海だろう、と思ったら、caribou(北米産のトナカイ)でした。しかし、“私”や“貴方”に向かってやってくる“彼女”って、誰なのでしょうね。

この曲もそうですが、アルバム全体として、どことなく北欧の匂いがするので調べてみたら、Hooverphonic はベルギー出身でした。個人的には、ドイツと北欧を同一視しているのですが(どちらでも、ヘヴィ・メタルが流行っているので)、ベルギーも北欧?ドイツと国旗が似てるし。

今日のBGM♪ Hooverphonic Plus Profond
タグ: Pops Rock Chill_out
| 音楽 - 邦訳 | 00:39 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


祝♪ウッドキャン復活!
かつて、衝撃的なロックナンバー「 川の歩き 」で一世を風靡したウッドキャン氏が「ウッドキャン2005」という名前で muzie に別アカウントを取得し、活動を再開していることが分かった。現在、「夏の嵐 1.35」「夏の嵐 1.6」「メロディオ 1.00」「ニンニクマン 1.05」「メロディオ 1.03」「 あの大空の下で 1.00」「メロディオ 1.6」の7トラックが無料で公開されており、ramまたはmp3の形式で聞くことが出来る。

「 川の歩き 」の知名度が上がるに連れて急増した、掲示板への心無い書き込み(大部分は削除済み)に心を痛め、音楽活動を止めてしまったのではないかと心配されていただけに、三年越しのこの復活は、大変喜ばしいことである。新アカウントの掲示板にあるように、「 川の歩き 」に比べると、新曲はややパンチ力に欠ける嫌いがあるが、今後とも、愚直に自分のスタイルを守り続け、才能を開花させてもらいたい。

なお、氏は新たにブログも始めたようだが、旧サイトの方はどうするのだろうか…。

※いいげるブログ内の、ウッドキャン氏に関するエントリー

今日のBGM♪ ウッドキャン 川の歩き バージョン1.35
タグ: Rock
| 音楽 - ニュース | 17:53 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  Black Sabbath - N.I.B.
歌詞邦訳  Black Sabbath - Paranoid」に書いたとおり、テレビCMで Paranoid のカバーが流れたことに感動して、勢い余って手を出したのが、この N.I.B. の邦訳です。今でも、Black Sabbath は“二線級”のバンドだと思っていたりするのですが、それとは関係なく、N.I.B. はイントロのソロが始まった瞬間からエンディングまで、本当にカッコいい!キャッチーさ、ヘヴィーさ、悲壮感、高揚感すべて申し分ありません。まさに、ハードロックの王道、保守本流ですね。



元の歌詞は LyricsFreak などをご覧下さい。また、著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたので参照ください。イントロのベースソロを、今日までギターソロだと勘違いしていたレベルの人間の訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

黒い安息日  「 えぬ。あい。びい。 」  (訳:いいげる)

ぉぃぇー

あいつらが言うんだよ 俺のマジな愛なんてありえねーって
信じてくれよ 俺を 俺の愛を んじゃ今から見せてやるから
お前がビックリするようなものを出してやるよ
太陽にも、月にも、星にも、俺のシルシがついてるんだよ

ぉぃぇー

俺についてこいよ 後悔はしねーから
俺らが会う前の生き方なんて捨てちゃってさ
俺が本気で好きになるのは お前が始めてだよ
ずっと一緒にいようぜ この世が終わるまでね

お前は俺を好きになっちまったんだろ?
お前の知らねーやり方で、俺にはわかるんだ
俺にはわかるんだ
俺には、わかるんだよ

ぉぃぇー

もうお前と一緒になったよ 俺の力でね
俺たちはどんどん愛し合っていってるぜ
俺の目を見ろよ 俺が誰だかわかるだろう?
俺の名は魔王 手を繋いでもらえるかな


ぉぃぇー

だから俺についてこいって 後悔はさせねーから
俺らが会う前の生き方なんて捨てちまえよ
俺が本気で好きになるのは マジお前が始めてだよ
ずっと一緒にいようぜ この世が終わるまでね

お前は俺が好きになっちまったんだって
お前にゃ出来ねーやり方で、俺はわかってるんだ
俺はわかってるんだ
俺は、わかってるんだよ

ぉぃぇー

もう俺とお前は一緒じゃん 俺の力でね
俺たちはもう離れらんねーな
俺の目を見ろよ 俺が誰だかわかったろ?
俺の名は魔王 手を繋いでもらおうか
しかし、アレだけ悲壮感を漂わせておいて、何を歌っているのかと思ったら 『 ぼくは まおう だよ。おてて つないで♪ 』 という歌だったとは…。とにかく、僕がいくら「単調だ!」「二線級だ!」とほざいたところで、Black Sabbath がロック界に残した偉大な功績には傷一つつかない。Black Sabbath スゲー!ということで、このエントリーを終わりにしておきたいと思います。

因みに、曲名の“N.I.B”という言葉は、BLACK SABBATH - FAQ verion 2.0 によると、“Nativity In Black”でも何でもなく、意味のない字句のようです。

今日のBGM♪ Black Sabbath N.I.B.
タグ: Rock
| 音楽 - 邦訳 | 14:02 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  Black Sabbath - Paranoid
ファンの方には申し訳ないのですが、僕は Black Sabbath は二線級だと思っています。バンド名がコケオドシだから、とか言ってしまったら、僕が愛する70年代プログレの全てを否定することになってしまいますが(^^; 僕が“一線級”だと思っている Deep Purple や Led Zeppelin に比べても、曲は単調で、ただダークなだけですぐに飽きが来るからです(80年代生まれのガキの戯言だとしても、どうしても我慢ならねぇぞ、という方の苦情は、下のコメント欄、もしくは igel_jp@hotmail.com まで)。

しかし、ある日、たまたまつけたテレビから流れてきた Paranoid のカッコいいこと。X-Trail か何かの車のコマーシャルだったと思いますが、オリジナルではなくカバーとは言え、やはり Black Sabbath はロックだったと思い知らされました。

そこで、テレビを消して、買ってからほとんど聞いていないベスト盤を流してみると、これが本当にカッコいい!やはり本物は違う!!という事で、その勢いで訳してしまったのが今回の訳詞です。



元の歌詞は LyricsFreak などをご覧下さい。また、著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたので参照ください。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

黒い安息日  「 妄想性人格障害患者 」  (訳:いいげる)

彼女とは終わったよ
彼女は俺を、心ごと助けてはくれなかったからね
みんな、俺のことを頭がオカシイと思ってるんだろうよ
俺は、いつもしかめっ面してるからな

一日中、いろんなこと考えてるけど
満足のいく答えなんて 何一つ出ねえんだ
考えてもみろよ
もし、俺を静めてくれる何かが見つからなきゃ
俺は正気を失っちまうぜ

俺を助けてくれるかい?
俺の頭ん中を、いっぱいにさせてくれるかい?
ぉー ぃぇー

俺には誰かが必要なんだ
生きてて、俺が見つけらんないなんかを見せてくれる人が
俺には、本当の仕合せってのを持ってきてくれるものが見えねえよ
俺は、目暗に違いねぇ

冗談言ってため息ついて、
貴女が笑えば俺は泣き叫ぶぜ
仕合せなんて感じられないし、
俺への愛なんて、夢のまた夢だよ

いままで貴女が聞いてたことが、俺の今の有様だよ
せいぜい、人生を楽しみな
俺もそうしたいところだが、もう手遅れなんでね
今回は前回と違って、本当に気持ちよく訳せました。個人的に、会心の訳だと思っています。特に、冗談言ってため息ついて、貴女が笑えば自分は泣き叫んじゃう所がいいですね。

しかし、パラノイアと言うよりも、バリバリの “ 21世紀のスキツォイド・マン ” な僕ですが、訳していくうちに、ダメダメな日々を過ごしている自分と歌詞の内容がダブるようで、身につまされました。

因みに、調子に乗って N.I.B. の歌詞も訳してみたので、よろしかったらご覧下さい。

今日のBGM♪ Black Sabbath Paranoid
タグ: Rock
| 音楽 - 邦訳 | 13:02 | Permalink | トラックバック:0コメント:0




| ホーム |

03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
つーかもう4年目…。
igel_jp@hotmail.com
Twitter ID: @igel_jp
Twitter別垢: @igeljp

はてブどうしよう…。
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (19)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (11)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (47)
  • 音楽 - ニュース (6)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (18)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (28)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (12)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (32)
  •  └ リアル俺屍攻略 (4)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (14)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (8)
  • PC, IT, Internet, etc. (24)
  • Video Games (131)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  •  └ Cities: Skylines (12)
  •  └ Borderlands2 (12)
  •  └ Crusader Kings 2 (62)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (21)
  • 酒 食事 グルメ (16)
  • 夢 (26)
  • 卜占、心理テストほか (8)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・渇き (11)
  • 日常に潜む不条理 (15)
  • 昔のこと (5)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (15)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (8)
  • 雑記 (86)
  • 僕の見た秋田。 (8)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (9)
  • Digital Divide - 情報格差 (24)
  • お知らせ・更新情報等 (32)
  • アクセス解析@Igelblog (8)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • 情報操作 (59)
  • マスコミ (50)
  • 全体主義の足音 (36)
  • メディアリテラシー (31)
  • SNS (29)
  • 安倍晋三 (28)
  • Twitter (27)
  • 人間という家畜 (22)
  • House (22)
  • ツイート保管所 (21)
  • ネット上の情報統制 (18)
  • ネタ (17)
  • 集団ヒステリー (17)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) (16)
  • 予想&妄想 (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • Rock (10)
  • Traktorとか (9)
  • アメリカ (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • 俺の屍を越えてゆけ (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 格差社会 (7)
  • 顕胤の野望_番外編 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 超監視・管理社会 (6)
  • 空の写真 (6)
  • GeForce (6)
  • Trance (6)
  • 報道統制 (5)
  • R-TYPE (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • テロ (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • Chill_Out (5)
  • 心理学_洗脳 (5)
  • 教育 (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • パンデミック (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 自由民主党 (5)
  • LTE_4G (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 外資支配 (4)
  • 憲法 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • イラク (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 新型肺炎 (4)
  • バイオハザード (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • Miss_Kittin (4)
  • ケムトレイル (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • ヒットラー (4)
  • 冤罪 (4)
  • シャドウバン (4)
  • ツイート保管庫 (4)
  • Skyrim (3)
  • ブッシュ (3)
  • ばけたん (3)
  • Google_Play_Music (3)
  • EDM (3)
  • 東京新聞 (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 植草一秀 (3)
  • デモ (3)
  • ビラ (3)
  • 金融 (3)
  • ドコモXi (3)
  • イラン (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 畠山鈴香 (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • ロシア (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • 尾崎豊 (2)
  • ライブドア (2)
  • 自殺 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • WiMAX (2)
  • ダビスタ (2)
  • 東京五輪2020 (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • きっこの日記 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 東京マラソン (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • 中止だ中止 (1)
  • 電通 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • 与野党プロレス (1)
  • 東京オリンピック (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • 5G (1)
  • 与野党グル (1)
  • ねこ画像 (1)
  • いじめ (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 税金 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • 100ワニ (1)
  • 年金 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 中国 (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2020年04月 (2)
  • 2020年03月 (24)
  • 2020年02月 (21)
  • 2020年01月 (32)
  • 2019年12月 (30)
  • 2019年11月 (38)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (3)
  • 2019年06月 (4)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (6)
  • 2018年09月 (2)
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (3)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland