自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



「空ケース」その後
空ケースを送りつけてきたSellerから「新品のCDがあるから送ろうか。返品はいいから」と返信が来たのでそれをお願いしたところ、今日、今度はちゃんと中身の入ったケースが届いた。「brand new copy. Never played.」とあった割にはケースのヘタリ具合が気になったが、CDそのものの状態は良かったので見なかったことにし、先ほど、ちゃんと届いたという旨のメールを送った。

“brand new copy.”を見てとっさに「CD-Rかよ!」と思ってしまったり、英文の手紙の書き方を全く知らないのに気づかされたり…(そもそも、フォーマルな日本語の手紙の書き方すら知らない!)。なんとか2,3行、英文でメールを書いたとは言え、とても、バイト先の受け持ちの生徒に見せられた物ではない。今回の一件では、自分の力の無さを思い知らされた。

しかし「二度あることは三度ある」と言うから、僕のもとにはまた、空ケースが送られてくるのだろうか。英語圏でも「If something happens twice, you can bet it'll happen again.」なんて言うのかどうかは分からないが。

今日のBGM♪ Union Jack Red Herring
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



空ケース再び
学校から戻ると、Amazon.co.uk Marketplaceで注文したCDが届いていた。一週間と経たずに届いたので「やけに速いな」と喜んで中を開けてみると…。

とりあえず、Amazon.com から空ケースが送られてきたときと同様、自分のアカウントにログインして、返品の手続きを進めようとすると、Marketplaceでの注文は、先ず、直接Sellerに連絡を取れとのこと。前回と違い、今回はAmazonが直接の相手では無いので、嫌な予感を覚えつつ、苦情と返品のメールをしたためていたら案外時間がかかって、バイトに遅れそうになった。

Virus天国の端末はもう買い換える、とのことで、今日、別の端末に新しいアカウントを貰えたが、その端末でSPSSを使っている人が二人も居てほぼ一日中空かず、やっと使えたと思ったら、履修登録用のサーバーにアクセスできず。こういう時に限って、シスアドの先生が不在。しかも、三回も見に行ったのに、文学部の教室変更の掲示を見逃すし、携帯の電池は切れるし、自転車のライトは点かなくなるし、バイト先では生徒の雰囲気に飲まれてしまうし、帰ってきたら、いつも自転車を停めている所が誰かに取られているし、“きょう”を変換したら“凶”と出るし、“けいたいのでんち”を変換したら“形態の電池”と出るし、“ばいとさき”を変換したら“倍と先”と出るし、やたらタイプミスが多いし…。今日は、何をやっても今ひとつ上手くいかない。「まあ、こういう日はジンが美味いからいいか」と思ったら、ロックで飲もうとしたところ、氷が一旦溶けたらしく、冷蔵庫の中で変な形に繋がっていた。

今日のBGM♪ 土谷忠寛 Noize n' Pop
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



返品
Amazon.comに発注したCDが今日、配送予定日より早く届いたので、喜んで開けてみると、二枚組なのにDISC"1がケースに入っていない。ケースもジャケも小奇麗で、ラップで包装されていたので、輸送中に破損したわけでも、どこかに落ちたのでない。最初から、一枚目のCDが入っていなかったのだ。

余りに予想外の事態に、最初は呆気にとられてしまって、やや時間がたった後に、落胆と怒りとがふつふつと湧いてきた。以前、AmazonUSにCDを発注した際、ケースが破損していたことがあったが、CD自体は顕著な問題が無かったこと、そもそも、そんなに思い入れがあるアーティストのアルバムではなかった(一枚だけだと送料が割高なため、他のとセットで注文した品)ことからそのままにしておいたが、こればっかりはクレームをつけなくてはいけない。

「すぐに訴訟や何かに発展しかねないため、米国内の顧客には気を遣うが、日本の消費者は何も言って来ないので、アメリカのユーザーから返品されてきた不良品を平気で送りつけている、という噂は本当だったのか?Jap だと舐められてはいけない。今後の取引にも、また他の日本人ユーザーに対しても悪影響がある。しかし、恐らく、国内で最も重要な種類のイベントに属する大統領選ですらこんなことが起きる、スケールのデカイ国だ。空のケースを送りつけることなんか、日常茶飯事なのかも知れない…」などと心の中で醜い悪態をつきながら、Returns Center の英文に目を通す。ガイダンスの指示に従って再注文し、返信先の住所をプリントアウトした後、どうやって返送するか思案する。99円ショップで、内側にエアキャップのついたCD用の封筒を買ってくることをまず思いついたが、不良品を送りつけられ、その上さらに出費するのも馬鹿馬鹿しい。結局、ガイダンスにもあったように、送られてきた「and you're done.」なんて書いてあるへなへなのダンボールを、そのまま使うことに決めた。その後、一緒に送られてきたCDをチェックしたりしてみたが、「メールを返信する」とガイダンスにあったのに、一向にメールが来ない。「こういう場合は、返品の品が届いてから初めて対応するのか?」と思いつつ、先の指示に従って納品書のコピーを添えて梱包し、郵便局へ自転車を漕いだ。

不慣れな国際郵便とあって、応対してくれたおばさんを右往左往させてしまった。それでも、料金体系その他を例を挙げて説明してくれたり、色々と丁寧な応対をしてもらって、満足して家に戻り、一応PCをつけてみると、なんと、来ないと思っていたアマゾンからメールが来ていた。その中の一文。
As the cost of return shipping is prohibitively expensive in this case, you do not need to return the original item.
おいおい、もうレキシントンまで送ってきちゃったよ。

メールの発信日時を見てみると『 Date: Mon, 21 Feb 2005 07:39:41 GMT 』つまり日本時間で15:39で、ちょうど梱包が終わって、家を出ようとしていた頃だ。僕はてっきり、注文した時と同様、まず自動返信で確認のメールが来る物と思っていたが、これは僕の勝手な思い込みだったようだ。Returns Center での手続きを終えてからちょうど30分で、一応“手書き”の返信が来たのは、迅速な対応と言わねばならない。加えて、本当に不良品だったかどうか確かめもせずに「送料高いから送らなくていいよ」と返品処理を受け付けてくれたのは、例え、単価が$17の商品に一々目くじらを立てていたのでは割に合わない、という合理的な計算があるにせよ、太っ腹な処置であることに変わりは無い。少なくとも現段階では、返品応対に限ればAmazonUS側に非は無い。あるのは、二回目の注文でケース破損、四回目の注文で空ケース、という、他に類を見ない不良品ヒット率の高さに頭が茹で上がってしまっていたとは言え、顔の見えないAmazonUSを全く信用することが出来なかった自分の醜さだけである。

メールの到着を待たずに発送してしまったことについて、後でAmazonUSから、「返送不要と連絡したのに送り返してきたのだから、その送料の$7は返金できない」と連絡が来たらどうしよう。僕はきっと「それはこちらの手落ちだから、送料の返金は無くて構わない」と返してやるだろう。これだと、また少し、「日本人は苦情を言わない、扱い易いターゲットだ」という風評を強くしてしまうだろうか。メールの到着が遅かったこと、ガイダンスに『返品不要の場合もあり』と一筆書いていなかったことなどを楯にすれば結構イケるかもしれないが、いかに、謙遜が必ずしも美徳ではなく、肩を叩かれればすぐさま「厚生年金は幾ら戻ってくるのか。いつ貰えるのか。手続きはどうするのか。全部教えてくれ。」と“条件闘争”に入るのが一般的な国で生まれた企業の担当者と言えども、この$7でゴネる客にはさすがに鼻白むのではないか。

今日のBGM♪ BT MERCURY & SOLACE
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:1コメント:0



前言撤回
バイト終了後、帰り道にある中古レコード屋がふと目に入ったので寄ってみました。ケミカルブラザーズのアルバムが軒並み2000円以上と、新品の「Push The Button」輸入盤を税込み1580円で買った僕には信じられないような値段で並んでいて、いかに音楽文化がやや低調な仙台の、それも郊外の国道沿いにある店とはいえ、これは少しマズいんじゃないか、などと思いながら店内を物色していると、チャーリー・パーカーの「ストーリー・オン・ダイアル(日本盤)」Vol.1 と Vol.2 を、両方とも税込み945円で発見!!まさか、この値段でお目にかかれるとは思っていなかったので、本当に kita━━━(゚∀゚)━━━!! って感じです!これで購入ボルテージが上がってしまい、よせばいいのに他のCDにも手を出して、特にモブレーのは内容の割りに高いかな、とも思ったのですが、殆んど吟味せず、勢いでレジに持っていってしまいました。

●今日買ったCD
「CHARLIE PARKER STORY ON DIAL Vol.1 Westcoast Days」 \945
「CHARLIE PARKER STORY ON DIAL Vol.2 New York Days」 \945
「Art Pepper meets The Rhythm Section +1」 \1,155
「THE BLUE NOTE YEARS HANK MOBLEY」 \1,890

しかし、こういうことがあるので、中古レコード屋を漁るのは止められません。やはり、占い通り、今日の星回りは絶好調みたいです。

今日のBGM♪ HANK MOBLEY WORKOUT
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



HMV仙台一番町
今日は、ネット通販を利用するようになってから久しく足が遠のいていたHMV仙台一番町に行ってみた。入り口に山と積まれていたオレンジ・レンジのCDを見て、意味も無く気分が萎える(別にオレンジ・レンジが悪いわけではないのだけれど)。いわゆる“最近流行りの曲”は全く知らないので、いい機会だからリサーチしようと思っていたのだが、店内に入ると、足が自然に右手奥のhouse/technoコーナーへ。以前よりも小さくなったような気がするその一角には、僕が行った時には誰も居なくて、込み入った店の中で、まるでそこだけ、ぽっかりと穴が開いているようだった。

壁に掲げてある店内チャートを見ると、一位がこれで二位がこれ。いかにもヤンキー層を狙ったこんなのもあるし(しかもよく見たらCCCDだ!)、トランスってこういう音楽だったかな、としばし呆然としてしまっていたところ、店員や他の客がこのコーナーにやってきたので、慌てて開いた口を塞ぐ。house/technoコーナーが小さくなったように感じたのは、こういうAvex系の有象無象が大挙して移動してきて、売り場に陣取っていたからだった。

トランストランス言う割には、店内に Hallucinogen は見当たらないし、X-Dream の「Radio」も無く、Mijk van Dijk に至っては「Everyground」しか置いていなかった。( Mijk van Dijk の場合、これが秋葉原を連想させるという問題(?)もあるが)ボリューム感の乏しいこのコーナーにあって、りちあと゛くんのCDはごちゃっとあったが、その中に「S.A.W.85-92」はともかく「S.A.W.volⅡ」も無いのはどういうことだろう。色々取り揃えてはいるが、「コレ!」という決定打となるCDを欠いている。廃盤など色々事情もあるだろうが、なんと言うか、どうしようもなく品揃えが中途半端だ。

品揃えには不満ばかりで「もうここではCD買わないかな」などと考えていたにも関わらず、いかにもプログレ(ッシヴ・ロック)なジャケに惹かれた「10 000 Hz legend」をはじめ、結局、一万円近く使ってしまった。金が無くて、どのCDを買うか、店頭で小一時間悩んでいた中高生の頃の体験が尾を引いているのか、未だに、レコード店に入るとつい衝動買いしてしまう。

しかし、日本のCDは高い。

●今日買ったCD
AIR 「3CD originals Limited Edution」 \3,359
 (「Premiers Symptômes」「Moon Safari」「10 000 Hz  legend」)
KRAFTWERK 「COMPUTERWELT」 \1,690
KRAFTWERK 「ELECTRIC CAFE」 \1,690
NUMB 「NUMB」 \2,730

今日のBGM♪ KRAFTWERK ELECTRIC CAFE
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



CDの値段
今日は、祖父母の家に顔を見せに行き、ついでに車の運転をしました。父も母も、特に何か無いかぎり車を運転させてくれないので、免許を取って以来、祖父母の家に居る時というのは、祖父母と顔を合わせると共に、自動車を運転する貴重な機会ともなっています。

昼前に電車に乗り、小学生の頃まで住んでいた家で祖父母と昼食をとり、昼寝をし、祖父の車で市内を運転したらもう夕方で、他には特に何もせず、夕飯に間に合うように電車で戻ってきました。

先月末に顔を合わせたばかりなのに、二人とも、僕が来たことを大変喜んでくれました。妹の進学や僕の進路、祖父母の近況やその他たわいもないことなど、話す中身はいつもとだいたい変わりませんでしたが、僕はとてもリラックス出来ました。祖父は今までにも増して頑固になったようで、僕や他の誰かが居ないときには、一緒にいる祖母は大変そうです。祖母は僕に「いつ仙台に戻るのか?」と時間をおいて三回も尋ねてきて、これはちょっとヤバイかなと思いましたが、もう八十を越えているので、このくらいは、仕方がないことのかも知れません。祖母にとっても祖父にとっても、僕はいつまでも“小さい孫”のようで、「お菓子たべないか」となどと何回か言ってきました。「そうか、もう二十歳を過ぎてるんだもんなぁ。大きくなったなぁ」と祖母。先日、従兄弟も結婚したので「お前も早くめっけろ」だそうです(;^_^A

祖父からの小遣いを懐に電車で戻ってきた僕は、最近新しい服を買っていないので、帰りにちょっと服でも見ていこう思い、駅の前に降り立ちました。すると、中学生の頃によく行っていた中古CD屋が目に止まりました。ビブレが撤退し100円ショップも消え、さらに活気が無くなったような感じのする駅前で、その小さい店がまだあるのが少し嬉しくなって、取りあえず、まずそこに行ってみました。

その店に入ってみると、扱っているCDの数やCD以外のアイテムが増えているようで、並べられた商品の群れに、以前よりも密集している感じを何となく覚えます。昔は、小室ファミリーのCDがワゴンに山になっていたのに、今ではそのワゴンに、日本のパンクバンドのCDがたくさん入っています。駅前に更地があるような片田舎の中古CD屋なのに、アレック・エンパイアなんかが何枚も置いてあるのを見つけたら嬉しくなって、よせばいいのに、色々と買ってしまいました。結局、今日買ったCDは、
blur 「the best of (2枚組限定版・未開封)(TOPC-65695・96)
KRAFTWERK 「TOUR DE FRANCE Soundtracks(日本版・未開封)(TOPC-66224)
MIX-UP Vol.5 featuring DERRICK MAY (SRCS 8250)
Mijk van Dijk 「multi-mijk (SRCS 8584)
LTJ BUKEM 「JOURNEY INWARDS (日本版初回プレス分)(AICT 140~1)
の5枚。もらったばかりの小遣いは軽く消え、それでも足りずに少し出しました。仙台でも、ここよりは安く買えるでしょう。自分でも、バカな買い物をしたと思います。ただ、中学の頃は、一時間も店内をウロウロし、引っかき回した挙げ句、何も買わないで帰る、なんてことをよくしていたので、その時の分も今、まとめて払ったんだと思うと、少し気分がスッキリしました。

しかし、CDって、なんでこんなに高いのでしょう。もし、手元に1000万円あれば使い道に相当迷うでしょうが、それが100万円なら、仙台のHMVで一時間以内に使い切る自信があります(^^;
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム |

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (35)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (14)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (13)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (72)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland