自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



そば屋で出会ったデブたぬき
ちょっと遅めの昼食を、行き着けのそば屋で食べていたら、スーツ姿の男性3人連れが入ってきた。既に2時を過ぎていた割には店内は混んでいて、他に空いているテーブルがなかったため、そのサラリーマン風の3人は、まっすぐ私の正面にある席へ。席に着くが早いか、先頭のデブが口を開いた。「どういうことなんだよ!」

どうやら、そのデブがボス格らしい。30代くらいのデブたぬきが、向かいに座った50に近いような男性をなじっている。よくみたら、デブだけノーネクタイで、横幅も態度もデカイ。

どうも入店前からトラブっていたらしく、既に憔悴しきりの50男。公衆の面前であることなどお構いなく、怒りをぶちまけ続けるデブのせいで、色白の50男は今にも泣きそうだ。デブの隣りに座った20代らしき若手は、大きい背丈を窮屈そうな猫背でもって無理やり縮めて、顔だけをデブと反対の方、つまり私の方へ傾けている。

いや~、そばの不味いこと不味いこと。デブたぬき御一行さまのお陰で、今までにないくらい、不味いそばが味わえた。

仕事、出来ないんだろうなぁ。

いや、そのデブが。

気弱そうな50男を晒し者にして、くっさい顔と刺々しい言葉を撒き散らして、店中の空気を悪くして、他の客や店員の冷たい視線などお構いなしに、いつまでも続ける。まず、食事の間だけは一旦矛を収めるとか、せめて店の外でやるとか、そんな最低限の気遣いすら出来ないのだから、ロクな仕事が出来ないだろう。だんだん、そのデブの怒りが私にまで伝播してきて 「コラ、ここはテメーの部屋じゃねえ。そと行って雨に当たって頭冷やしてこい!」 なんてセリフが頭に浮かんでくる。

「お前、俺ちゃんと言ってたじゃねーかよ!!」 じゃねーぞデブ。そいつにキッチリ仕事をさせるのがオメーの仕事だろっつーの。「ぼくはちゃんとしろって言ってたんだけど、○○くんがしなかったー」 なんて、中身は小学生か? そして50男が何か言って、携帯を取り出して店の外に消えたら、すかさず若手の方へ顔を向けて、ニヤッと一言 「ホントあいつできねーよな?」 若手がお茶を濁しているうちに50男が戻ってくると、すぐにもとのクサイ顔に戻って 「はっ!? お前それ、支店長は知ってんの? 支店長に言える? 言えるのかそれ?」

完全に、デブの管理能力不足。人望の無さも含めて、指示1つマトモにできないデブの無能さが問題。『人を見て法を説く』 なんて発想は、そのカケラもないのかも。

まあ、部下の育て方なんてのは無数にあるのだろうけど、人前でこんな醜態をさらしている時点でアウトだろうね。

怒りモードの次は小ばかモードかよ、もういい加減黙れよ、と思っていたら、やおら蛍光グリーンのスマートフォンを取り出したデブ。「どうもお世話様です。あの、山形支店の分なんですけど、佐川が持ってっちゃいまして。…ええ、持ってくなって言ってたんですけど、勝手に持ってっちゃったんですよ。…ああ、今佐川に言ってますから。…はい、ちょっと遠くに…。ええ、ええ…、ではそういうことで、よろしくどうぞ~。」 なんか佐川急便のせいにしている。さっき 「サイトウが駄目だって言ったってどういうことだ!」 って、大声で自分で喚いていたくせに。(しかも、「ぼくはちゃんとしろって言ってたんだけど、佐川急便くんがしなかったー」 って、やっぱり言い訳が小学生レベルだ。)

こうやって、嘘と帳尻合わせで出世してきたんだろうな。何も知らない上役が 「結果の出せるヤツ」 と勘違いして評価するから、自分でも 「自分はデキる」 なんて思い込んでしまってるんだろう。やっぱ、どこの会社にも居るんだな、帳尻合わせばっかり上手いヤツって……。デブたぬきのことも、その会社のことも何にも知らないくせに、思わず、こんなことを感じてしまう。

ま、仕事には、嘘も帳尻合わせも必要だけど…。

もし仮に、このデブたぬきが、頼りなさげな50男を自主退職に追い込むために配置されたのだとしたら、こヤツはかなり優秀だといえよう。毎日がこの調子なら、この50男は近い将来、労働基準監督署やら何やらに泣きつく気力すら残らないほど、身も心も徹底的にボロボロになるに違いない。『屏風と商人は直にては立たぬ』 とは良く言ったもの。“窒息するオフィス” はかばかしき昨今では、むしろ社員を潰しにかかる事例の方が多かったりして。



不味いそばの口直しにと、遠回りしてコンビニでパックの飲み物を買ったら、ストローが付いてなかった。私がQuoカードを出したら、不慣れなのかレジのお姉さんが戸惑っていたから、それに気を取られて忘れたのかも。

なんだかな。
| 人間関係 | 21:20 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



さくらんぼ
今年も、僕の本籍地から、専用の箱に詰められたサクランボが郵便小包で送られてきた。ただ今回は、小包を受け取る前に、まず配達員から確認を求められた。よく見ると、祖父の字で書いてある、送り先の住所が間違っている。配達員の方は「お宅宛ですよね!お宅でいいんですよね!?」と何度も念を押してから去っていった。よく届いたな、と感心しながら箱を開けてみると、やはり、住所が間違っていたので届くのが遅れたのであろう、中のサクランボは腐りかけていた。あるいは、一年で最も食物が腐りやすいこの時期に、保冷剤も何も入れぬまま、祖父が普通小包で送った時点で、こうなることは避けられなかったのかも知れない。

身内の言うことにすら耳を貸さない、文字通り頑なな僕の祖父は、恐らく、郵便局員の話も全く耳に入っていないだろうから、もしかすると、ゆうパックに「なまもの」用の保冷扱いがあることすら知らないかもしれない。自分の知らないことを相手が話しに持ち出すと、極端に卑屈になり、機嫌が悪くなる祖父だから、応対する方も大変だろう。僕がお礼もかねて電話すると、一方的に話し続けて、僕が住所の誤りを言おうにも「届いたんだがらいいがべ」と一蹴された。電話の後、僕は幾つかのサクランボを選んで口に含み、その後、届いたサクランボを一つ残らず袋に入れ、その袋ごと、仙台市指定のゴミ袋へと突っ込んだ。

サクランボを処分していると、だんだん、僕の心をひんやりとした物が占めていくのが分かる。殆んど腐っているとは言え、折角届いた、祖父母から僕への“思い”を、僕は届いた傍から捨てている。電話口で嬉しそうな声を出して、祖父に上っ面だけのお礼を言っている自分も嫌だ。

考えてみれば、祖父が僕にサクランボを送ってくれるように、今まで色んな人が(程度の差こそあれ)僕のためを思い、僕の為に色々な事をしてくれた。僕は、喜ばない子供だった。嬉しがるどころかたちまちブスッとするので、恐らく、色んな人を不愉快にさせてきたのだろう。よく父から「なんでお礼を言わないのだ」と引っぱたかれた。

「誰かの、僕に対する善意・好意というものは、結局、先日、祖父が送って寄越したサクランボではないか」という考えが、僕の頭に浮かんだ。僕は、誰かの好意を、そのままの形では受け入れることが出来ない状態がデフォルトな人間ではないか。誰かの好意によって、殆んど不可抗力的に嫌な気分になり、それを表に出さないように、顔に出さないようにもがく(しかし、身近な人には結局バレる)のが精一杯で、とても、誰かに対し感謝の意を奉げることができない、詰まらない、嫌な人間なのではないか…。

他人に何かしてもらって喜んだことよりも、他人に何かしてもらって、むしろ迷惑したり、嫌な気分になった記憶の方が、明らかに多く思い出せる。自分が、生まれながらにひん曲がっていたのではないとすれば、僕は、物心ついてから、貧しい人生を送ってきたことになる。もしくは、自分で自分の人生を、貧しくしてきたのだ…。

中3の頃、その時一番仲の良かった友人が、僕の為に色々してくれたことがあった。その時僕は、自分が全く喜んでいない、という事がモロに現れた言葉をポロッと言ってしまい、大変なことになった。当時と比べれば、さすがに「相手の気をなるべく悪くさせずに、相手の申出を断る」スキルは上達したが、まだまだ足りないし、それ以上に致命的なのが、「他人に何かしてもらって喜んだ経験が少ないので、自分が何をすれば相手が喜んでくれるかが分からない」という点だ。「自分がされて嬉しいことをすればいいんだよ」と言われた幼稚園時代以降、自分がされたら嬉しいと思うことを行って、相手に怒られたり、悲しまれたり(!)した経験は数に限りがない。この歳になっても、悪ふざけでしたことの方が相手に喜ばれて「ああ、やっぱ俺は駄目だな」と思ったりなどしてしまう。

この歳になって分かったのは、世の中には「相手の好意に対しては喜び、感謝しなければならない」というのを、礼儀と呼ぶには余りに度を越して厳格に守っている、と言うか、程度の差こそあれ「相手の好意を喜んで受け入れることが出来ない、という自分が許せない。そういう自分を認めるのが我慢ならない」という人が、少なく見積もって全体の半分くらい居て、そういう「相手の好意に応え、自分が喜んでいると必死に思い込もうとしている(そしなければ、自分が受け入れられなくなるんじゃないか、と物凄く不安になる)」人にとっては、自分がかなりのストレッサーになっている、ということだ。こういうタイプの人は、本心は嬉しいと思っていなくても、同タイプの人に、自分が他人の好意を切って捨てている姿を見られたくない、そういう自分が許せないばかりに、派手に喜んだ振りをしてくれたりする。そして、そういう演技を続けることが、知らず知らずのうちにストレスとなって積み重なる。こういう「一番の楽しいことも、一番の悩みの種も人間関係」な人を“自分探し系”と言ったり“(スキツォに対し)パラノ系”と呼んだりするのだろうか。僕だって、何も好き好んで嫌われたいと思っているわけではない(まあ、僕が一番得意なのは、自分が苦手とする人間から嫌われることだろうけど)ので、色々とやってはみるが、もがけばもがくほど空回りし、ドツボにハマる。余りにも、判で押したように上手くいかないので、気が付けば、コミュニケーションにかなり回避的な人間になってしまった。

今日のBGM♪ King Crimson 21st Century Schizoid Man
| 人間関係 | 07:40 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



隠しておきたい事は漏れ、伝えたい事は伝わらない
何とかしたい。
今日のBGM♪ Aim Fall Break
| 人間関係 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



“上司に気に入られる英語の話し方”
という言葉を見て「英語が苦手な上司に、嫌味だと思われないように英語を話す方法」だと思ってしまう僕は、やはり性格が悪いのだろうか。

今日のBGM♪ GMS Gladiator
| 人間関係 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



コミュニケーション
唐突だが、レジで「693円です」と言われて1203円出してはいけないのだろうか。こうすれば、釣り銭は五百円玉、十円玉の2枚で済む。僕は余計な小銭を持ち歩かなくていいし、釣り銭を渡すほうも楽でいいだろうし、いいことばかりのような気がするが、こういう支払いの仕方をすると、時々、店員のレジを打つ手が一瞬止まったりする。一瞬だけでは済まなくて、小首を傾げたり、思わず僕の顔を見返したりする店員も居る。

一回だけ「あのう、お会計は693円なんですが…」と言われたことがあった。僕は「これでお願いします。」と1203円に手を添える。レジを打つ手を止めちゃった店員も、そのほとんどは、実際に釣り銭を渡す段になると「ああ、このお客は五百円玉が欲しいんだな」と納得し、安堵の表情をするものだが、この店員は、僕に五百円硬貨を渡しつつ、最後まで不満げな、不機嫌な様子だった。

こんなことを人に話すと「変な払い方するなよ」なんて言われたりもするが、仮に、693円の代金に対し1003円出したとすると、釣り銭は百円玉×3+十円玉×1。これに、もともと財布の中にあった分と合わせると百円硬貨は5枚であり、これと比べれば、五百円玉1枚の方が軽くて省スペースなのは明らかだ。ついでに、釣り銭を渡すほうも、百円玉が3枚なのか目視確認しなくて済む。僕が支払いに手間取ったり、レジの五百円玉が切れていたりしない限り、この払い方には双方にメリットがある。これのどこが変なのだろう。

小銭をじゃらじゃら持っているのは、重い上に財布が膨らんで使い勝手が悪い。なるべく、財布の中の小銭を少なくしよう、と思いながら支払いを繰り返しているうちに、何時の間にか、こういう、五百円玉を絡ませる支払い方が身についてしまった。少なくとも僕にとっては、特に意図せずに習慣化した“自然”なことであるし、またそうなってしまうだけの合理的な、説明可能なメリットもある。小銭が多くなるのを嫌う人は多いので、こういう支払い方は流行らないまでも、十人に一人くらいは採用していてもいいような気がするが、やはり珍しいのか、ふと手を止めて、一瞬、頭の上に“?マーク”を点灯させる店員は跡を絶たない。

そして、これと同じ事が、日常の会話に言えるような気がする。僕が、特に何かを意図することなく“自然に”思ったことを口に出すと、一瞬、聴いている人の、レジを打つ手が止まる。

今日のBGM♪ Golden Boy with Miss Kittin rippin kittin (glove radiomix)
| 人間関係 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



指導案
授業するのはいい。
問題は、人間関係だ。

人が指導案を書いているときに邪魔しにくるのは止めてくれ。
指導案が終わらなくてテンパっている時に邪魔しにくるのは止めてくれ。
指導案が終わらなくて今ヤバイ、と俺が訴えてるのを無視して話し続けるのは止めてくれ。
大男のくせに、ぬっと近づいてくるのは止めてくれ。
4回も邪魔しにくるのはやめてくれ。

「あはは、いいげるさんに気づかれちゃったぁ」
「いいげるさんを元気づけようと思ってさぁ」
「難しい顔するのは良くないよぉ」
「ポジティブシンキンカーだよぉ」
「あ~、もぅやだぁ」
「なんで僕の授業はああなのかなぁ」
「生徒との距離を縮めろって言われてるんだけどさぁ」
「いいげるさんはいいよねぇ」
「なんかまずい点あったら言ってよ」
「だってぇ~それはしょうがないじゃぁん」
「もぉ、ちゃんときいてるぅ?」

帰ってくれ…。

「なに今のぉ」
「いやいいわけはいいからさぁ、まず謝ってよ」
「だからまず謝ってって。いいわけはいいからさあ」
「いいわけは後で聞くからまず謝って」
「だって俺先輩じゃん」
「じゃあ、今からいいわけ言っていいよぉ」
「いいわけ言ってごらん、聞いてあげるからさぁ」
「俺優しいから」
「ほら、いいわけ言いなよ、いいわけ言いな」
「なに急に黙っちゃってぇ、俺なんか間違ったこと言ったぁ?」

ねちねちねちねちねちねちねちねちねちねちねちねちねちねち。
何で俺が、一浪して年喰ってるだけの実習生に先輩風吹かされなきゃならないんだ。

「いいげるさんひどぉい。僕もう帰るぅ」

二度と来るな。


教科担当教諭と打ち合わせをして戻ってくると、別の自習生が。
「ああ、いいげるくん、お邪魔してます」
「K林さん何処かな」
K林さん目当てなのはもう分かったから、勤務時間中くらい自重しろ。
「K林さん遅いね」
「何してるのかな」
「ところでいいげるくんは今何してるの?」
指導案作ってます。
「パソコンいろいろ教えてよ」
だから今忙しいんです。
「いいげるくん面白いよ」
「うん、私はいいげるくんとも仲良くしたいのよ」
提出期限を過ぎてるんです。ほっといてくれ。
「いいげるくんの邪魔しちゃ悪いから、私静かにしてるね」
居るだけで邪魔。
「ねぇ、私ここでご飯食べるね」
居座る気か。
「英語科ゼミ室っていっつも人いるよねー」
きみがいつも来てるだけだろ。
「K林さんホントに遅いね」
きみから逃げてるんじゃないか?
「私今やることなくて暇なんだよねー」
授業準備しろ。
「どうやったら授業うまくいくかなー」
教材研究しろ。

「今日さぁ、みんなでご飯食べに行こうよ」
「えー、いいげるくん帰るのー」
文系の実習生が皆行くような雰囲気なので僕も待つ。
「K林さんどこかなー」
教科担当の先生と打ち合わせしてるんだって。
「K林さんが来たらみんなで行きましょう」

だいぶ経った後、K林さん来る。
K林「長くなるからって、なんか、先生が出前を…」

K林さん消える。
「わたし、行くの止めようと思うの」



もういい加減にしてくれ。もういい加減にしてくれ。
もう沢山だ。二人とも死んでくれ。
なんで、40人の生徒の前にでる前に、へとへとにならなきゃならないんだ。
俺が悪者になって良い。俺が悪者でいいから、
一人になりたい。

今日のBGM♪ PORTISHEAD Mysterons
| 人間関係 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



実習授業
今日、少し不思議なことに気づいた。自分が、無意識のうちに“帰りたい”と考えているのだ。今は、教育実習のために実家で過ごしているというのに、僕はいったい、何処に帰るつもりなのだろう。

今日は、実習に参加して初めて、授業を行った。指導教官や仲間の実習生に上手だと言ってもらえて嬉しかったが、ふと、それが社交辞令に思える瞬間がくる。

今日のBGM♪ The Future Sound Of London Papua New Guinea
| 人間関係 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム |

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (33)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (37)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (12)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (2)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (11)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (9)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (42)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (23)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (14)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • R-TYPE (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • GeForce (5)
  • 恐怖政治 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 憲法 (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 外資支配 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 冤罪 (4)
  • イラク (4)
  • 自由民主党 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • ヒットラー (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ケムトレイル (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
  • No Name(07/27)
  • いいげる(02/17)
  • なご(02/16)
  • いいげる(06/14)
  • sting139.net(06/14)
  • sting139.net(06/12)
  • いいげる(06/01)
  • sting139.net(05/30)
  • No Name(06/07)
  • No Name(06/03)
  • RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland