自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



【秋雨に合う音楽】 C.J. Bolland 『Electronic Highway』
Electronic Highway雨の日は C.J. Bolland の 『Electronic Highway』 だろう、と思って先ほど聞いてみたが、さっぱり合わなかった。やはりこのアルバムは、秋雨、特に、紅葉が終わりかけの、冷たい雨が降る日がよく似合う。ということで、季節外れではあるが、今回は、このテクノの名盤を、ちょっとレビューしてみたい。(※なお、以前 「梅雨どきの音楽」 という記事で、この時期にハマりそうな曲を挙げてみたので、興味のある方はそちらもどうぞ。)

このCDは、本当に 「色」 が無い。白に近い灰色か黒に近い灰色か、そんな色をした音ばかりで、たまーに 「色」 のついた音が混じる。クール、荒涼。金属的かつ幽玄な音の連鎖が、リスナーを、灰色に煙る雨雲の向こうへ、静かに吹き飛ばしてしまう。

アルバム全体が、あたかも1つの曲のよう。全体として纏まっているのではなく、ほぼ全曲、同じ匂い、同じ色彩なのだ。色んな明度の灰色、黒から白へ向けてのグラデーション。その中に時節、強烈な彩度を持った音が横切り、そして見えなくなる。

その単調な構成の割には、本作は色々な表情を見せる。1人静かに、奈良の仏像でも見て回っているような感じか。全部同じように見えて、全部違う。恐ろしいまでの、平板にして立体的なバリエーション。

はっきり言って、このCDのジャケットは本当に良くできている。極めて忠実に、音楽の中身を平面画像にトレースしているのだ。私の拙い言葉の集合なんかよりも、このCDのジャケ絵のほうがよほど、雄弁に、本作の内容を物語っている。掛け値なく 「このアルバムは、このジャケットの通りである」 と言える。

これは、youtube で見つけたこのアルバムの1曲目だが、暖色系の絵画が、寒々としたこの曲と全く合っていないことがよく分かる。

私のコレクションはたかだか1000枚ほどだが、音とジャケットが、これほど静かに寄り添ってシンクロしているCDはかなり珍しい。
続きを読む
| 音楽 - レビュー | 01:20 | Permalink | トラックバック:0コメント:2



【CDレビュー】 POTSHOT 『PARTY ep』
PARTYブックオフで要らないものを処分した際、小粋なジャケットに一目ぼれして、100円ワゴンの中からサルベージした一品。ジャケ買いなんて久しぶり。高校以来じゃないか知らん。今では大体、ネット上で視聴して、そのままネット通販だから。

本日初めて 『スカコア(スカパンク)』 なる言葉を知った。そもそも、ポットショットなるバンドの存在自体を今日知ったのであるが、wikipediaによれば、POTSHOTはスカコアだそうだ。こういうジャンルには明るくないが、聞いた感じは 「青春パンク+ホーン」。ホーンセクションを自前で持った、ホーンが常駐している青春パンク、でいいのかな?

この、2001年リリースされた5曲入りのマキシシングル 『PARTY ep』 の感想は、一言で言うならば “やさしい音”。青春パンク(正直、この言葉は蔑称だと思う。悪い意味で使われている)らしく勢いがあるものの、ホーンの加入のせいか音が丸く、どこか牧歌的で、ほのぼのしている。それでいてリズムにキレがあってノリが良く、特にベースラインがカッコイイ。

メロディーラインはオーソドックスで、親しみやすい。もう10年前の曲ということもあるのか、歌詞が英語なために暑苦しさを感じずに済むためか、一聴して、スルッと耳になじむ心地よさを感じる。いい買い物をしたと思う。

ネット上で動画を発見。PVかな。

Potshot - Party 投稿者 Punky-boo
続きを読む
| 音楽 - レビュー | 03:18 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



Little Computer People
Anthony Rother の変名プロジェクトによるディスコチューンのプロモビデオです。デジデジしたキャラクターがかわいいですね。

The Little Computer People Project  「Little Computer People」


Little Computer People♪
Livin' in a digital world♪
Can't you see them on the screen?♪
You are the master, you are the key♪
続きを読む
| 音楽 - レビュー | 12:52 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



バイブ売りの少年
bridgeoldot 「バイブ売りの少年」


親を亡くした カンボジアの少年
冷酷すぎる 孤児院 逃げ出した
町の路上で 行き倒れていたとき
髭の男が 声をかけてきたよ

よぅ 小僧 浮浪児か そのまま死ぬのか
それともやらないか 働き口はあるぜ

いつも全力で生きていたい
汚れてても 苦しくても
いつも全力で生きていたい
生きた証を 残したい


くれた仕事は バイブの密売
売れに売れたよ 金持ち奥さんに

手に入った金のうち 毎月100円
孤児院に寄付したよ 「大金をありがとう」

いつも全力で生きていたい
汚れてても 苦しくても
いつも全力で生きていたい
生きた証を 残したい


『少年は、誰かの役に立ちたいと骨髄バンクに登録していた。ある日アメリカの少女から、骨髄がほしいとオファーがあり、少女の両親と対面した少年はこう言った。』


言わんでも 分かるやろ
こない若くて 死にとないやろ
骨髄が要るんやろ
おのれ一体なんぼ出すんや

いつも全力で生きていたい
汚れてても 苦しくても
いつも全力で生きていたい
生きた証を 残したい



ふざけた内容ながらも、近年まれに見る、ストレートなロックの良作だと思う。
余談だが、どことなくサウンドにローランドの匂いが…。
タグ: ネタ
| 音楽 - レビュー | 17:06 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



梅雨どきの音楽
実は昨年から 「 秋冬物の音楽 」 「 春物の音楽 」 と題したエントリーを書いて、秋口や春先の気分にあったテクノ系の音楽をいくつか紹介したい、と思っていたのですが、<共謀罪>の情報を追うのに掛かりっきりになったりして時機を逸してきました。今日は、梅雨どきのダルイ気分に見合いそうな音楽を 「 思い立ったが吉日 」 で、思いつくままに書いてみたいと思います。


● Aim - Cold Water Music

Cold Water Musicまずは、アルバムの2曲目に収められている表題曲 Cold Water Music を紹介します。

曲中のリムショットの連打が雨音に聞こえる、という単純な理由もあるのですが、この曲は暖かくて湿っぽいです。寒さが足りない。ジャケには氷山と流氷をあしらったりしてますが、cold water と名乗ってるのも含めて、“ 暑いときに飲む清涼飲料 ” なのかな、という気がしてきます。

このエントリーにも書きましたが、この曲のハッとさせられるカッコよさは最高です。アルバムとしては、ちょっとこなれていない所もありますが、「 余りアッパー過ぎるのは…。でも、ダウナーなのもちょっと 」 という天気の悪い日に、淡々と聞くことができる Chil Out 系 Abstract Hip Hop ( こんな言い方あるのかな? ) です。discog では Trip Hop になってますね。


● Moby - First Cool Hive

Everything Is Wrong次は、「 Everything Is Wrong 」 の8曲目の First Cool Hive を紹介します。

リバーブ処理の関係で、曲中ずっと雨が降っているように聞こえる、というのが主な推薦理由だったりするのですが、薄暗い雨の日の夕暮れ時に、ふと感じる孤独、感傷を、寂しく美しいメロディと、荒々しい、しかしとことん控えめなビートで表現しています。この控えめさが Moby ですね。

I Like to Scoreこの曲を聴くだけなら、ジェームス・ボンドのテーマ[Moby's Re-Version] や 「 ツイン・ピークス 」 に触発されてできたという Go といった世界的ヒット曲も一緒に聞ける 「 I Like to Score (私は点数稼ぎが好きです)」 を買ったほうが Moby初心者(?)にはいいような気もしますが、 First Cool Hive はやっぱり 「 Everything Is Wrong 」 を買って、次の Into the Blue とセットで聞くのがいいでしょう。Into the Blue は泣けます。メロディに泣けます。歌詞に泣けます。曲としてはアレですが、アルバム最終曲の When It's Cold I'd Like to Die (寒いと死にたくなるの) をどこかに念頭に置いて聞くとさらに泣けます。しみじみ泣けて、だけど聞き終わった時に元気が出てくる、そんな曲です。First Cool Hive でダウナーになって、次の Into the Blue で戻ってくる、という関係でしょうか。

「 Everything Is Wrong 」 には他にも、超サワヤカ系アッパーダンストラック Feeling So Real, Everytime You Touch Me, Bring Back My Happiness も収録されています。この三曲は本当に勢いがあって、まさに “ 新緑の季節 ” といった感じです。「 如何なものか 」 と思える曲もいくつかありますが、最近ではこのファーストアルバムが、Moby の最高傑作だと思うようになってきました。


● Aphex Twin - On

51/13 Aphex Singles Collection推薦理由は 「 雨の音が入っているから 」 です(^^; しかし、Aim は置いてないわ 「 51/13 Aphex Singles Collection 」 は置いてないわで、Amazonジャパンの品揃えは何なのでしょう。ON その物も無いし。

ON の魅力は色んなところで言われていますが、やはり、雨の中の滲んだ色彩に自分を溶かしてしまえる所が素晴らしいです。初めて耳にした時、心のそこから 「 テクノ好きでよかった 」 と思いましたよ。

I Care Because You Do「 51/13 Aphex Singles Collection 」 には他にも、Pancake Lizard やら Ventolin [Cylob Mix] やら Icct Hedral [Philip Glass Orchestration] やらが入っているのでお薦めです。ただ、Icct Hedral に限れば、「 I Care Because You Do 」 で原曲を聞いた方がいいでしょう。というか 「 I Care Because You Do 」 も 「 51/13 Aphex Singles Collection 」 に負けず、梅雨どきにぴったりのアルバムです。やはりこのあたりは、天気がへそ曲がりなイギリス出身のアーティストだからでしょうか。

因みに、「 I Care Because You Do 」 は、聞きやすさと彼らしさが上手くブレンドされていて、総合的に、大変バランスがとれたアルバムになっていると思います。Aphex Twin こと Richerd D. James が初めての人にお薦めです。ジャケ以外は。


● Aphex Twin - Selected Ambient Works II

Selected Ambient Works, Vol. 2ということでもう一発りちあと゛くん。これはどの曲ではなくて、アルバム全体を推薦します。

「 アンビエント 」 を名乗ってるだけあってアンビエントな楽曲群で占められてますが、決してビートレス、という訳でもなくて、例えば Disk1 Tr.8 Weathered Stone なんかでは、ゆるーくですが踊れます。一部では “ 葬式音楽 ” としても有名だったりするせいか、その強烈な黄昏具合と頭のねじが外れていく感覚に恐怖を覚える方も居ると思いますが、「 I Care Because You Do 」 などを聞いて、りちあと゛音楽に好感を持てた人なら大丈夫。寧ろ後半部分に、聞きやすい曲が固まっていたりするので、何もしたくない雨の日には安心して、この曲をかけっぱなしにしてボーっとしましょう。

S.A.W.2 の個々の曲名はこちらのサイトさんで。なお、HankieStone In Focus は普及版には収録されていません。


● Juno Reactor - Jardin de Cecile

バイブル・オブ・ドリームズアルバム 「 Bible of Dreams 」 一曲目の Jardin de Cecile がお薦め。この、何かが起こり始めている感じは、雨の日向けというか、台風の日向けですね。かなり格好良いトランスだと思います。

他の曲も良いのですが、ヤニ臭さ全開のラジャ・ラム近辺とは別個の、何ともいえない粘っこさは気になります。あと黒地に銀文字のジャケだと思ったら、よく見るとダビデの星が浮かんでくるのも、嫌な人にはポイント低いです。まあ、ファーストアルバムのジャケがピラミッドだったり、大ヒット作 「 Beyond The Infinite 」 の内ジャケに万物を見通す目があしらわれていたりと、こういう趣味は今に始まった事ではないのですが。

今日のBGM♪ Juno Reactor Kaguya Hime
| 音楽 - レビュー | 12:41 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



Musical Baton
事前に予告されたとおり、boxesさんからトラックバックされたので、僕もこの Musical Baton という物に答えてみたいと思います。


■コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
  4.28GB (4,596,056,720 Byte)

僕は買ったCDをPCに突っ込む人では無いのですが、まさか4GBも入っているとは思いませんでした。これは、音楽製作用のファイル(wav, midi, ss3, mp3等)を除いた値ですし、一部のmp3はHDDの容量不足のため、バックアップ用の外付けHDDに退避させているので、実際はもっと多いことになりますね。


■今聞いている曲
  Voodooamt Nachtschicht

“夜勤”1曲が欲しいが為に、ついに2枚組みのMixCDを買っちゃいました(^^;

Schranzwerk Vol.9

MixCDやコンピは、気に入る曲が一つくらいあればいいかな、くらいの気持ちで買うのですが、このCDは、Headroom の Su:Real 2:9 など、中々硬派な選曲で楽しませてくれます♪


■最後に買ったCD
Cold Water MusicCold Water Music
Aim

Import 2000-05-23
売り上げランキング : 423618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカ的な“軽さ”を志向した、イギリスのダウナー系Chillout、とでも言ったらいいのでしょうか。表題曲、Cold Water Music の、ハッとさせられるCoolさは最高!ジャンルは、個人的には Abstract Hip Hop だと思うのですが、discogでは Trip Hop となってますね。

Aim は他に「Hinterland」もいいです。
HinterlandHinterland
Aim

Atic 2007-10-29
売り上げランキング : 291872
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらの方が、より洗練されたPopsとなっていて、安心して聞けます。The Girl Who Fell Through The Ice をはじめ名曲目白押し。というか、このアルバムから5曲もシングルカットしています。


■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

1. Dream Theater Space-Dye Vest
(「Awake」収録)
AwakeAwake
Dream Theater

Wea 1994-10-03
売り上げランキング : 53264
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まずは、ハードロック、プログレ、メタルを代表してこの一曲。というか、ドリームシアターをプログレたらしめていたのは Kevin Moore だったのですね。彼が去ってからのドリームシアターは、テクニック至上主義的な、退屈なフュージョン・メタル・バンドになってしまいました…。

2. Aphex Twin Vordhosbn (「Drukqs」収録)
DrukqsDrukqs
Aphex Twin

Warp/Sire 2001-10-30
売り上げランキング : 7916
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やはり、何だかんだ言っても りちあと゛くん は天才です!ホント、ねこぢるは自殺するのをあと半年遅らせて、この曲を聞いてから逝くべきだったと思います。りちあと゛くんの曲については、こちらに関連記事があります。

3. Yellow Magic Orchestra U・T (「BGM」収録)
BGMBGM
YMO

ソニー・ミュージックハウス 2003-01-22
売り上げランキング : 9234
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

例え 君に、胸キュン。 が古くなることはあっても、バレエ が、音楽の計画 が、千のナイフ が、キュー が、カムフラージュ が、ジャム が、Neue Tanz が、階段 が、体操 が、灰色の段階 が、古くなることはありません!!

4. Miles Davis SOLAR (「Walkin'」収録)
Walkin'Walkin'
Miles Davis

Universal Japan 2006-06-13
売り上げランキング : 62020
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハード・バップを代表してこの一曲。マイルスはアルバムがありすぎて、どれ買ったらいいか分かりません…(^^; フリー・ジャズならドルフィーの HAT AND BEARD かな。(つーかドルフィーって“フリー・ジャズ”なのか?)

5. ホームセンター嵐 67% (muzie にて無料公開中!

土谷忠寛さんの innumera とどっちを挙げるか迷いましたが、土谷さんのサイトに“無断リンク厳禁”みたいなことが書いてあったのでこちらにしました(^^; はっきり言って、今まで耳にしたどのドラムンベース、ジャングル、ダークステップの曲よりも、ホームセンター嵐さんの 67% はカッコイイです!「ゴールディーなんて一昨日来あがれっ!」とまで言って良いかどうかは定かではありませんが、本当にいい曲です。いかにもネタ系な名前とネタ曲に騙されないで、下の方にある 67% を、一度聞いてみてください!あと、Ambient Jungle が好きな人には Cold Breaze の Film Score 、TranceStepなら Concord Dawn の Morning Light 、にゅーろま・ステップ(?)なら John B の Electronic がオススメです。スパスティックなのが御希望なら、勿論りちあと゛くん。

というか、やはり5曲だけって絶対足りませんね。


■バトンを渡す5人

う~ん、僕もそんなに渡せそうな友達いませんね。取りあえず、一番乗りでコメントを書いてくださったtankeさん、貰ってください。


今日のBGM♪ Aim From a Seaside Town
| 音楽 - レビュー | 21:44 | Permalink | トラックバック:0コメント:2



今、巷で話題らしい
B0007RAHPOトンガリキッズ I
トンガリキッズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を聞いてみたのだが、正直、これはどうだろう。真面目な話、

  ・発想の豊かさとロック性で「哀・ルイージ」に、
  ・クオリティで「Super Mario Bros. //Jazz Scat Arrange//」に(サイト消滅)、
  ・ライヴ性で「'Soundcheck'」に、
  ・歌の上手さでdr.densinあたりに、

それそれ負けている。確かに、基本的なテイストは十分なのだが、あともう一歩、捻りが足りない。アマゾンのカスタマーレビューでは絶賛されているが、特に歌詞の後半の寒さ・詰まらなさは、カラオケで歌うには致命的だと思う。「素人に毛が生えた程度」という言い回しがあるが、暇と思い入れを注ぎ込んだ素人の方が、良いものを作っているのではないか。なまじ、こういうジャンル(NERDCORE)が前から好きで、耳が肥えてしまっているため、こう感じるだけかも知れないが。

とりあえず、何かの記念に購入したい僕のような方か、バイト一時間分の給料を笑ってドブに捨てられる方以外には、このCDはお勧め出来ない。カップリングはどことなく Born Slippy ぽいが、これは B-Dash に輪をかけた非道い作品。とにかく「昔のゲームのBGMが好きなヤツって、こんなのばっか」と思われてはたまらない。僕は明らかに“こんなの”の中に分類されるだろうけど(+_+)

| 音楽 - レビュー | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム | 次ページ

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (33)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (37)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (12)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (2)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (11)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (9)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (42)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (23)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (14)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • R-TYPE (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • GeForce (5)
  • 恐怖政治 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 憲法 (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 外資支配 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 冤罪 (4)
  • イラク (4)
  • 自由民主党 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • ヒットラー (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ケムトレイル (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
  • No Name(07/27)
  • いいげる(02/17)
  • なご(02/16)
  • いいげる(06/14)
  • sting139.net(06/14)
  • sting139.net(06/12)
  • いいげる(06/01)
  • sting139.net(05/30)
  • No Name(06/07)
  • No Name(06/03)
  • RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland