自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



こんにちは】 磐梯吾妻スカイライン 【貨物♪
114405_mini.jpg先日、天気が本当によかったので、運転免許の更新をしてきたその足で 『磐梯吾妻スカイライン』 をひとっ走りしてきました。最近はBrainWarsにも飽き、ブログもネタ枯れ状態なので、広告回避も兼ねて、そのとき撮った写真をチョロっとアップします。
続きを読む
| クルマ 自動車関連 | 22:40 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



さらば】 磐梯吾妻スカイライン 【アコード
20140914_114033_mini_mos.jpg20140921_122223_mini.jpgひょんなことから、アコードと別れることになった。7年半も連れ添って、3万4000km しか走ってやれなかった。2009年の青森恐山旅行が、結局、最初で最後の本格的なロングドライブとなってしまった。

9月頭に話が舞い込んで、月末には納車という急展開ぶり。全然、気持ちの整理がつかない。私は、まだまだ乗る気だった。今年も車検を通し、夏タイヤ・冬タイヤを買い替え、いずれはタイベルも交換して、あと4年は乗ると、お盆に旧友らに公言したばかりである。

9月21日。すこぶる天気が良かった。私は、アコードと最後のドライブに行こうと思った。

この日ばかりは、オーディオを消した。バリバリ、カタカタ、ミシミシ。あちこちから音がする。渋滞した市街地を、ゆっくり走っているだけなのに。

ワックスがけこそマメにやっているが、あとは最低限の整備しかしていない。そういえば、“窓落ち” のほかにルームミラーが落下したこともあった。今回の話だって、突っぱねようと思えばできることだ。結局、私は、この満17歳を迎えたセダンの持ち主には相応しくない、ということなのだろうか。

そんなことを考えながら、宅急便のノロノロ・トラックに引っ付いているうちに 「磐梯吾妻スカイライン」 の入り口にたどり着いた。
続きを読む
| クルマ 自動車関連 | 00:34 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【実はまだ】 第10~14回燃費チェック! 【やっていた】
(※「ロケットパワーにんじん君ツインGT」 に関する最新記事はこちら。)


前回の更新からはや1年今までのシリーズで 『やっぱにんじん君って効果ないんじゃん』 的な結論が出てしまっているのではありますが、一応、燃費チェックは続けていたんですよ。ガソリンを詰めるときのクセになってただけですが。

で、今月だけ仕事場が変わって、久々にある程度の距離を自動車通勤と相成ったのですが、そしたら出たんですよ高燃費。新記録ッスよ新記録! まあ、今まで街乗りばかりで酷い燃費しか出てなかっただけなんですが。

ということで、「燃費チェック」 始まって以来の高記録に気をよくして、約1年分の記録をまとめて更新だ! 2回分くらい記録が紛失しているが、そんなことどうだっていい!! 例によって例のセルフのスタンドで同じように詰め、満タン法でチェックした結果を、とくとご覧あれ!!


第10回(2010年 12/1給油分) 10.54km/ℓ

第11回(2011年 4/2給油分) 9.52km/ℓ

第12回(6/26給油分) 9.01km/ℓ

第13回(10/5給油分) 9.06km/ℓ

第14回(10/17給油分) 13.32km/ℓ


いや~、出ました。この車を中古で購入した直後に1回だけ目にした、幻のリッター13キロ台です。

第14回の分では、通勤のほかに、やはり1年ぶりくらいに新潟遠征もしていました。新潟帰りの段階では、瞬間燃費でカタログ越えの16km/ℓを記録していたのですが、その後は朝晩の渋滞で相殺されたようで、ガソリンを入れる段階ではそれなりの数値に落ち着いちゃいましたね。まあそれでも 「燃費チェック」 を始めて以来の新記録に変わりはありません。

これで 「リッター16キロ、カタログの数値を越えた」 とでもなっていたら、『さすがはにんじん君。ロケットパワーは伊達じゃない!』 とか書けたんですが、そうは問屋が卸さなかったようで。今回は、エアコンほぼOFFの、国道ちんたら長距離運転の威力が光った、ということでしょう。

ちなみに、来月からまた街乗りオンリーに戻るので、再びリッター9キロ台に逆戻りの悪寒。

順調に 「にんじん君」 から離れた単なる個人燃費記録に移行しつつありますが、今後、新たな展開はあるのか? 「14年モノのご老体のアコードで、15年目にして初のカタログ越え燃費達成!」 なんてミラクルはあるのか?? 期待しないでお待ちください(;^_^A
| クルマ 自動車関連 | 00:21 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



愛車のルームミラー落下!
DSC00929mini80.jpg       DSC00930mini80.jpg

1年ほど前には運転席側のドアウィンドウが落下した我がアコード君であるが、今年はなんとルームミラーが落下してしまった。ちょっと角度がおかしいな、と触ったとたんにポロっと取れてしまったのである。

たまたまイエローハットの近くに居たのですぐに行って見てもらったが、扱ったことの無い形状のためディーラーへ行けとのこと。バックミラーが無いと結構不便なので、仮止めだけでもしてもらいたかったが、その手段は無いとのことだった。

ということで、予定を変更して、一年前と同じくこの車を買ったディーラーへ。窓全開でエアコンが点けられなかった前回に比べればだいぶ楽だが、国道の車線変更時は結構ドキドキ。ドアミラーだけでは後方確認は不安なので、体をぐるっと捻って思いっきり目視することに。後続車との間隔がチラ見で把握できないのは、結構ストレスだということが分かった。

ディーラーで見てもらったところ、丸ごと交換で8000円強。高えー。外れた金具をスポっと嵌めるだけで付きそうな感じだが、そうはいかないらしい。明日の午後には部品が着くので、明日また来てくれ、ということで話がまとまった。

しかし、ルームミラーが無くても整備不良にならないのね。パトカーに見つかったらなんか文句言われるかも、と、国道運転中はその意味でもちょっとドキドキしてた。まあ考えてみれば、コンテナを積んだトラックはもとより、一般車でも、リアウインドウを潰している車は結構あるもんね。

ディーラーでは、営業マンもメカニックさんも、しきりに 「何ぶつけたんですか?」 と聞いてきたが、本当に、ちょっと触っただけだっつーの。何度も聞いてくるので 「ぶつけたのは俺の頭くらいですかね」 と答えたら苦笑していた。まあ、友人から貰ったワイドミラーをぶら下げていたから、重くはなっていたけどね。14年モノの車となると、結構色々あるもんだ。
| クルマ 自動車関連 | 19:52 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【最早にんじん君とか】 第7回、8回、9回燃費チェック! 【関係なさげ】
(※「ロケットパワーにんじん君ツインGT」 に関する最新記事はこちら。)


洗車マシンを耐え抜いた蜘蛛の子供前回の燃費チェックにおいて 『結局にんじん君って効果がないんじゃないか!?』 疑惑が発生してからはや3ヶ月。返金保証期間もとっくに過ぎ、もはや 「にんじん君」 なんてどうでもいいっちゃーいいんだが、それでもなお、思い出したように更新してやるぜ 「ロケットパワーにんじん君ツインGT」 燃費チェック!! 最近は曲のアップが中心で、ブログに殆んど文章を書いていないってこともあるしね。

(※因みに、冒頭にあげた画像は 『ウチのアコードのリアワイパーにしがみ付いて洗車マシンを耐え抜いてしまった、クモの子供の写真』 だ。本文とは全く関係ないことを、あらかじめご了承願うぜ!)

さあ今回は、第7回、8回、9回の3号合併号だ! 例によって例のセルフのスタンドで同じように詰め、いざ、満タン法でチェーック!!


第7回(8/24給油分) 9.97km/ℓ

第8回(9/25給油分) 12.21km/ℓ

第9回(10/24給油分) 11.32km/ℓ


出ました!! 「燃費チェック」 始まって以来初のリッター12キロ台♪ ナビとETCをつけてからトンと見なくなった数字です。(この車を中古で購入直後、1回だけ満タン法でリッター13キロを記録したことがある。しかし、ナビ・ETCを付けた後はリッター10キロ弱になった。故に、ナビやETCの消費電力が燃費に悪影響を与えているのでは、と私は疑っている。今のところ、身近な賛同者はゼロ。)

「にんじん君」 を装備してから9ヶ月。ようやっと、効果が出たようです(^-^)b  ……というわけでもないかも。

第8回の高燃費の要因で、まず挙げられるのは新潟遠征。無論、目的地は新潟競馬場。最近はブログに書いてはいませんが、月1回程度、競馬場には行っているのです。しかし、一度行っただけなのに、この燃費の伸び。小国峠おそるべし。

加えて、気候が涼しくなって、エアコンへの負荷が少なくなったこともあるでしょうね。まだまだ冷房は使っていましたが、7月、8月の暑さとは大違いでしたから。

逆に第7回や、疑惑発生の第6回(8.37km/ℓ ※現在ワースト記録)の低燃費は、今年の酷暑の影響が大きかったのでしょう。第7回分については、お盆の時期に庄内へ行くなど、街乗りだけでなく長距離遠征もあったのですが、それでもリッター10キロを下回ってしまいました。(さしもの 「にんじん君」 も、夏の暑さには勝てないということか!?)

第9回分、つまり今月は、長距離運転こそなかったものの、離れたところに住む祖父の入院やそれに付随する各種申請・手続き、祖母のデイサービスセンターへの送り迎えなどで、ある程度まとまった距離を走る機会が多くありました。たかだか2区間ほどですが、“無料高速” も積極的に使わせてもらいました。

また、秋も深まってきて、エアコンの必要がなくなったことも大きいでしょうね。(むしろ、祖母を乗せる際は暖房が必要なことも)

……やっぱ、にんじん効果は無いのかも。

今後は 「にんじん君」 とは関係ない、単なる個人的な燃費記録になっていくのかもですが、燃費チェックは惰性で続けていく予定です。
| クルマ 自動車関連 | 01:10 | Permalink | トラックバック:0コメント:1



愛車のパワーウインドウ故障・レギュレーター交換
DSC00899mini.jpg本日、我がアコードの運転席のパワーウィンドウが逝かれた。エンジンをつけ、換気のために窓を開けようとスイッチを押したところ、ストーンと窓ガラスが落下、ドアの中に入ってしまった。

出かける用事をキャンセルして、そのまま窓全開で、この車を買ったディーラーへ。昨日のような雨空ではない分よかったのだが、久々の猛暑日の中、むんむんする国道をドライブするのは辛かった。

ディーラーのメカニックマン曰く、レギュレーターという部品の交換が必要で、3万円強かかるとのこと。飲み会などが続いている今の時期に、この出費は痛い。

実は昨日、1日遅れのお盆の墓参りとして、父方・母方双方の実家まで、日帰りで行ってきた所だった。往復で150kmほどのドライブで、走りそのものは快調だったが…、まだ10万キロまで走っていないとは言え、13年モノの車となると色々あるようだ。

因みに、代車として借りてきたLogoも、我がAccordと同じく97年式だった。
| クルマ 自動車関連 | 19:15 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【にんじん効果消滅!?】 第6回燃費チェック&ブレーキの感触
(※「ロケットパワーにんじん君ツインGT」 に関する最新記事はこちら。)


ついに恐れていたものがやって来た。「ロケットパワーにんじん君ツインGT」 第6回目の燃費チェックである。

前回の給油から約2ヶ月間、延々とちょこちょこ街乗りのみを続けてきた。しかも、前回と違って、このクソ暑い中エアコン全開で、だ。加えて今回は、いつものセルフスタンドではなく、フルサービスのスタンドでの給油。ガソスタの兄ちゃん、ガソリンの量が50リッターになるまで何度も何度も頑張って入れてやんの。

余りの悪条件に、燃費を計算するのも恐ろしい。が、己の恐怖を断ち切り、トリップメーターの数字を給油量で割って、いざチェーック!!



8.37km/ℓ



ノオオオオオオオーーー!!ヽ(゜ロ゜;)ノ




普段の満タン法燃費チェックとは条件が異なるとはいえ、これでは、前回も書いた 『アコードを通勤に使っていた頃の “夏場で 8km/ℓちょい” 時代』 に、完全に逆戻りだ。過去5回の燃費チェックで、にんじん君導入前よりも燃費が向上していたのは、プラシーボ効果みたいなものだったのか!?

いや、通勤に使っていた頃は、夏タイヤはいわゆる普通の15インチタイヤだったが、今は、友人からホイールごと譲り受けた17インチの扁平タイプを使っている。当時と比べると、重量も転がり抵抗も明らかに大きくなっているのに、同じくらいの燃費が出るってことは、やっぱ燃費が良くなってるってことじゃね? そうだろ? そうだよね? ね? ね? そうだって言ってくれぇ~(;o;)

ちなみに昨夜、たまたま某友人から電話。「嫁と競馬行ったら当たったよ~♪ いつもと違ってハズレ男がいなかったからかな?」 だって。第2回第3回の時のような、高速道路での福島往復は当分なしかも。


そんなことよりも、今日のメインの問題はフットブレーキの感触。効きが弱くなった、というわけではないのだが、何か、ブレーキの踏み込みが深くなったような気がする。交差点で停止する際、前はこんなに、踏みシロがなくなる手前まで踏んだりしてなかったハズ。これが気になって、以前ATFを交換してもらった、ちょっと離れたところにあるホンダディーラーへ向かった。給油場所がいつもと違うのは、途中で詰めていったからである。

「前の車検の時に、ケチってブレーキオイルを交換しなかったハズだから、そのせいかも」 なんてお話をしながら見てもらったが、特にオイル(厳密にはフルード)にエアが入っているとか、劣化した様子はないとのこと。そうではなくて、原因はブレーキパッドの磨り減りだった。

メカニックのおじさんは、私の車を一目見るなり 「フロントのブレーキパッドかなぁ」 と一言。タイヤを外さずとも気づいたらしい。「ブレーキパッドが減った分だけ踏み込みがちょーっと深くなるのを、お客さんは気づいたんだねぇ。」 一通り点検した後の結論がこれ。私が神経質すぎるのか、それとも単に気のせいだったか!?

「今すぐ問題が起こるというわけではない。今年の秋に車検なのだから、その時にブレーキフルードと共にパッドも交換してはどうか。」 という助言を貰い、本日は帰宅となった。ちなみに、ウインドウオッシャー液がほぼカラだったことが判明。サービスで入れて頂いた。
| クルマ 自動車関連 | 18:04 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム | 次ページ

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (34)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland