自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



畢竟
最近 「 要するに 」 という言葉が嫌いになってきた。この言葉を発する者はたいてい、僕を不愉快にするからだ。

今日も、外で食事をしていると、妙に耳に障る、女性の早口声が聞こえてきた。「 要するにその薬って、要するにそういう薬効なんでしょ!? 」 「 要するに 」 二連発。要するに、何も分かってはいないということだ。

こう言っては何だが、「 要するに 」 という言葉は、相手の話を理解する能力に少し欠ける人ほど多用する傾向があると思う。 「 要するにそれってどうゆうこと? 」 という台詞は、『 私は全然分かっていません 』 ということを表しているに過ぎないが、こういう言い回しを好む人間は、得てして 「 残念ながら私には理解できませんでしたので、もう少し簡単にお願いできませんでしょうか。 」 とは言わない。

ある口の悪い本に 『 バカは 「 逆に言うと 」 「 要するに 」 を連発すれば頭が良さそうに見えると思い込んでいる 』 などと書いてあったが、僕はその言葉に 『 相手より偉くなったような気になれる 』 と付け加えたい。会話というのは相手と自分とで行うものなので、意思の疎通が失敗に終わった場合、どちらか一方だけが悪い、ということは無く、必ず双方に一定の責任がある。しかし 「 要するにそれってどうゆうこと? 」 という言葉は、『 私は分かっていない 』 ということに加え 『 悪いのはお前だ 』 ということを、相手に認めるよう迫っている。「 要するに 」 と発する人間、聞き手側の人間の非を、ほんの少しも認めようとはしていないのだ。会話という共同作業において 「 自分の方は無条件で悪くは無い 」 と主張しているのだから、これはもう、偉くなったとしか言いようが無い。

「 要するに 」 と言えば、人の話を自分が分かった範囲で勝手にまとめて 「 要するにこうなんでしょ 」 と同意を求めてくる一群がある。自分に理解できる範囲しか、自分にとっては現実ではない、ということを端的に表す例であり、こういうことを言う人というのは、頭が硬くなってきた中年以降のオヤジたちに良く見かけるが、実は大学生でも、こういうものの言い方をして 「 俺って頭いい♪ 」 と思っている人間もいる。居酒屋で酒を飲んでいるときなどに、いわゆる現場作業員ふうのオジサンらに、「 要するに、兄ちゃんたちの言ってることってサ 」 と話に割り込まれたことが何度かある。殆んど例外なく、こういう場合、オジサンたちは話の要点を取り違えていて、なお且つ絶対にそのことには気付かないので、僕達は仕方なく、「 まあ、そういうことですね 」 と相槌を打つ。すると、酒が入ったオヤジ達はもう大喜びで、自分の身の回りの出来事を、それはもう “ 人生哲学 ” と言った感じで、一方的に話し出すのだ。僕の知らない世界の話なので、一概に詰まらないとも言い切れないのだが、こういう人を見ると、僕は腹が立つというより、むしろ可哀想になってくる。そして、そんな人と話をしている自分が、とても惨めに思えてくるのだ。そして、普段は、「 バカはほっとけ 」 なんてさらりと言う、自分は頭がいいと信じて疑わない人間を、軽蔑している僕が、目の前の、日本経済の足元を支えている社会人を哀れみの目で見ているのに気付いて、いよいよ酒が不味くなるのである。

というようなことを考えているうちに、かの女性の、耳をつんざく不愉快な早口はいよいよ病的になり、ほんのちょっとしたことでも、すぐ激高するようになってきた。と思うと 「 貴方の好きにすればいいじゃない! 」 という刺々しい言葉を何度か繰り返したそのすぐ後に、今度は高々と楽しそうに笑い出したのだ。『 情緒不安定 』 という単語が僕の頭の中に浮かんできて、食事の味が分からなくなる。連れの男性の、例の女性に対する達観した応対には感心してしまったが、こんな連中と同じ空間にいたのでは旨い物も不味くなると思い、僕は大急ぎで飯をかきこむと、伝票を持って席を立った。が、ちょうどその時、かの男女も席を立ち、料金を支払っているのであった。何という、タイミングの悪さだろう。今日は何をやってもダメらしい。

今日のBGM♪ Nav Katze Happy! Remixed by μ-Ziq
| ことば | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



不思議で思い出したが
以前酒を飲んでいるときに、ある友人が僕に「理系の方が絶対頭がいいのに、文系の人間が大きい顔をしてるのはおかしい」と言ったことがある。こんなことを本気で考えているのは僕の友人らのみと信じたいが、それはともかく、そのとき僕は「ドラえもんの道具を使うのはのび太だ」と返答した。つまり、科学技術の粋を尽くして便利な道具を作り出すのは理系の人間だが、それを使うの人の大部分は、そのメカニズムを知らない人間なのだ、と。彼らはこの例えに妙に納得してしまったようで、その後彼らは、「だから世の中良くならないんだぁ」などと訳の分からないことを表出し続けた。

昔は、自動車の免許を取るには車そのものの知識が必要だった。運転していて調子が悪くなったら、自分で直す必要があったのだろう。今では、下手にいじるよりJAFなどに電話した方が早い。車の知識があるに越したことは無いとは思うが、家電などを見ても、側面に張ってあるシールに「サービスマン以外は開けるな」と書いてある。『原理が分からない科学技術は魔法と同じだ』と言ったのは誰だったか忘れたが、今や僕の周りには、科学技術の結晶であるブラックボックスでいっぱいなのだ。

(今googleで検索してみたところ、Arthur Charles Clarke の『十分に発展した科学は魔法と区別がつかない』という言葉がヒットした。他に『著名な年輩の科学者の、これこれは不可能だという発言は誤りであることが非常に多い』とも言ったそうだ。こう言った、ある種どうでもいいことを調べる時、ネットはその真価を発揮する。)

成人した後に初めて自動車を見た人間なら、驚きと共に、その動く、大きな金属の塊のメカニズムに興味を持つかも知れない。しかし、生まれたときから車に乗る生活をしている者にとっては、特別な興味関心が無い限り「車は動いて当たり前」だろう。そう考えると、小学生の理科離れが進むのも無理はないような気がしてくる。小学生が、理科室で自ら行える実験程度で一々驚いているようでは、“魔法のような”現代社会を生き抜くのは難しいだろう。子供なりの、社会への適応の一形態だけに、理科の先生方の苦悩が偲ばれる。(先生になるような人だったら当然、理科に興味があるだろうから、理科に興味を抱かない生徒の思考を理解するのは容易でないだろう)

漫画「ドラえもん」では、のび太は、綾取りや射的の天才であると同時に、また、ドラえもんが取り出す秘密道具の、応用法を考える天才でもあった。メカニズムに興味を抱かない、僕を含めた現代の“のび太くんたち”は、「なぜ?」と疑問を抱かない分だけ、徹底的に道具の使い道のみを考えられる。

例えば、携帯電話普及の前にあった“ポケベル文化”。電話番号表示用の数字を使って“0840”“4649”等の暗号を生み出し、他愛も無いコミュニケーションを交わしたあの現象こそ、のび太くん流応用力の面目躍如だろう。この現象は、日本の携帯電話(PHS含む)にポケベル機能を付けさせ、メール・簡易ウェブブラウザ機能を搭載させ、ついには、「アメリカで一番売れているNOKIAの携帯電話には、基本的にメールは無い」と言うと、「マジでー?アメリカって遅れてんじゃね~?」なんて騒ぎ出す多数の中学生を、僕の目の前に出現させた。

もう一つ、エジソンの蓄音機の例も挙げられる。エジソンは、彼の発明した蓄音機の用途について、当時の論文で以下のように挙げている。
1. 口述筆記用
2. 盲人のための音による書籍
3. 話し方の勉強用
4. 音楽の録音用
5. 家族の遺言用
6. オルゴールや玩具
7. 時刻を言葉で知らせてくれる時計
8. 偉人の言葉の録音用
9. 教育用
10. 電話の記録保存用
(以上「カラヤンとデジタル こうして音は刻まれた(森芳久著、ワック出版部)」より引用)
そして同書によると、エジソンの円筒型に対し、後のLPレコード、そしてCDにも通ずる円盤型を開発したベリルナーもまた、音楽の録音は大きなビジネスになるとは思っていなかったようである。盛田昭夫他著「MADE IN JAPAN わが体験的国家戦略(朝日新聞社)」を読むと、SONYが商品化したテープレコーダーを最初に買ってくれた所は、戦後の混乱で速記者が不足していた最高裁判所だそうであるし、今でも、ICレコーダーで言葉を記録している人がいなくも無いが、マーケットとして、口述筆記と音楽録音ではどちらが大きいかは火を見るより明らかだ。

世の中を動かすのは、(こう考えるのは個人的に好きでは無いが、)結局、メカニズムを理解しているエジソンのような人ではなく、圧倒的多数を占める“のび太くんたち”なのである。故に、例の僕の友人が言っているような意味での“理系”の方々は、世の中に必要とされている人材であるにもかかわらず、単に“数が少ない”という、それだけの理由で、社会的弱者たらざるを得ない。後にノーベル化学賞を受賞することになる田中耕一さんの研究が、当初、国内では全く評価されなかった、ということを別にしても、僕の友人らは“理系”が正当には評価されていないと、強く感じているのだろう。彼らに、例えば、菅直人は東京工業大学理学部応用物理学科卒で、鳩山由紀夫は東京大学工学部卒業でスタンフォード大学博士課程修了だ、と言ったとしても、何の気休めにもならない。

今日のBGM♪ Nav Katze Tightrope Remixed by Disjecta
| 思想、風潮、当世気質 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



IPの不思議
一つ前の日記を書こうとPCをつけると、cgiにうまくアクセス出来ない。『ページを表示できません』になってしまう。レンタル元の障害情報を見ると、www.human0.com とだけ、接続が確立されていない。210.236.163.245 は大丈夫なので、ブラウザのアドレス欄に http://210.236.163.245/ と入れてやると、ちゃんとサイトを表示する。http://210.236.163.245/diary/diary.cgi?id=igelnikki と入れてやると、今まで見えなかったこの日記が普通に見えたりする。そして、その後が不思議なのだが、210.236.163.245 とアクセスした直後から、human0.com には普通にアクセスできるのだ。勿論、http://human0.com/diary/diary.cgi?id=igelnikki もOK。

以前にもこういうことがあったが、IPアドレスやURLというのは、いったい、どういう仕組みで動いているのだろう。たまたま HUMAN のサーバーの調子が悪かっただけなのかも知れないし、専門知識がある方にとって、上記のことは当たり前に過ぎることなのかも知れないが、何も知らない1ユーザーの僕には、不思議なことに思える。

今日のBGM♪ Nav Katze Borderless#2 Remixed by Sun Electric
| PC, Internet, etc. | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



苗木
今朝、こんな夢を見た。

リスのような動物が木の実をいじっていたら、そこから芽が出たので、「今しかない」と思い、その動物の目を盗んで木の苗を移植することにした。植える先は、どう考えても、余り良いとは言えない土壌。(マンホールのような人工物の上に、土を盛ったようなところだ、ということが、何故か僕には分かっていた。)植える先の土を耕し、準備が出来たので、一緒に作業をしている男性と共に元の芽のところに行く。その男性が、その木の苗を掴もうとする時に、僕は彼に「土を落とさないよう気をつけて」と言う。彼は、苗に一緒に付いてきた蜘蛛に少々戸惑いながらも、手際よく、その苗を移植予定先に持っていき、その上に置く。僕が「日当たりも良くないね」と言うと、彼は僕の不安を察したのか「このくらい、軽く根付くくらいでちょうど良い」と言った。

その場には僕を入れて四人くらい男性が居るようで、そのうちの一人が、「水のやりすぎは悪い影響を与える」というようなことを言った。見ると、水道から溢れんばかりの水が与えられ、苗木の近くでは水溜りのようになっている。僕は、ふざけてその水を跳ね上げながら「こんなに水をやるのは止めようぜ!」と言った。この、僕が跳ね上げた水が掛かった、先ほど苗木を運んだ男性は顔をしかめ、また、もう一人も、どうやら、僕の提案には乗り気でないようだ。もう夕方で、ほとんど日が暮れかけている時だった。

今日のBGM♪ Nav Katze Ready to go Remixed by The Gentle People
| | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



(無題)
今日、父と少し口論してしまった。小さい頃からそうだったが、そもそも、話がかみ合ったためしが無い。父から養育はされているが、やはり僕は、一人で生きてきたのだと思う。

今日のBGM♪ なし
| 雑記 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



ismusic復活!!
長くかかると聞かされていただけに、すぐに復旧してくれて本当に嬉しいです♪しかし、無料・広告なしで200MBとは、本当にありがたいサービスですね。

以下、ismusic.ne.jpより転載。
■サーバートラブル復旧のお知らせ及びお詫び[2004/09/18]
消去されてしまったユーザー領域の再確保が完了いたしました。予定では復旧者専用フォームにて再登録を予定しておりましたが新しいプログラムによりユーザー登録情報はそのままの状態で確保することができました。ただし、ファイル内容はすべて消失しています。再度、アップロードしていただくことになります。また、現時点でFTP接続が出来ないなどの症状が出ているユーザー様がおりましたらメールにてお問い合わせください。大変ご迷惑をおかけいたしました。また、アップロードの集中によるアクセス過多を低減するため、一定のアクセス制限をしています。ファイルのアップロードに時間がかかる場合はお時間をずらしてご利用ください。
ついでに、こちらも転載。
ISMUSIC NETWORKSは下記の企業により支えられています。
今後ともよろしくお願いいたします。
また、スポンサー(広告バナーなど)になっていただける方を募集しております。

群馬県高崎市
有限会社ティーエムオー
(運用の監理及び支援)
 
群馬県群馬郡群馬町
有限会社メディアック
(サーバーなどの機械支援)

群馬県前橋市
有限会社ファン
(WEB構築等の支援)

サーバー復旧時BGM♪ SQUAREPUSHER BEEP STREET
| お知らせ・更新情報等 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



(;_;)
以下、ismusic.ne.jpより転載。
■サーバートラブルのお知らせ-2[2004/09/17]
復旧作業を試みておりますが、約4分の1のユーザーの管理領域が破損している様子です。また、復旧にかなり時間がかかる見込みとなってしまいました。その為、復旧作業を一時中断し機器を交換し、アカウントが削除されてしまったユーザー様用の復旧者専用ユーザー登録フォームを作成しております。これは該当するユーザー様しか登録が行えません。受付開始は9月20日を予定しております。早く完成すれば即時受付を開始します。

アカウント消滅時BGMヽ(`Д´)ノ 808 STATE LAMBRUSCO COWBOY
| お知らせ・更新情報等 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム | 次ページ

08 | 2004/09 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (34)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland