自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



HMV仙台一番町
今日は、ネット通販を利用するようになってから久しく足が遠のいていたHMV仙台一番町に行ってみた。入り口に山と積まれていたオレンジ・レンジのCDを見て、意味も無く気分が萎える(別にオレンジ・レンジが悪いわけではないのだけれど)。いわゆる“最近流行りの曲”は全く知らないので、いい機会だからリサーチしようと思っていたのだが、店内に入ると、足が自然に右手奥のhouse/technoコーナーへ。以前よりも小さくなったような気がするその一角には、僕が行った時には誰も居なくて、込み入った店の中で、まるでそこだけ、ぽっかりと穴が開いているようだった。

壁に掲げてある店内チャートを見ると、一位がこれで二位がこれ。いかにもヤンキー層を狙ったこんなのもあるし(しかもよく見たらCCCDだ!)、トランスってこういう音楽だったかな、としばし呆然としてしまっていたところ、店員や他の客がこのコーナーにやってきたので、慌てて開いた口を塞ぐ。house/technoコーナーが小さくなったように感じたのは、こういうAvex系の有象無象が大挙して移動してきて、売り場に陣取っていたからだった。

トランストランス言う割には、店内に Hallucinogen は見当たらないし、X-Dream の「Radio」も無く、Mijk van Dijk に至っては「Everyground」しか置いていなかった。( Mijk van Dijk の場合、これが秋葉原を連想させるという問題(?)もあるが)ボリューム感の乏しいこのコーナーにあって、りちあと゛くんのCDはごちゃっとあったが、その中に「S.A.W.85-92」はともかく「S.A.W.volⅡ」も無いのはどういうことだろう。色々取り揃えてはいるが、「コレ!」という決定打となるCDを欠いている。廃盤など色々事情もあるだろうが、なんと言うか、どうしようもなく品揃えが中途半端だ。

品揃えには不満ばかりで「もうここではCD買わないかな」などと考えていたにも関わらず、いかにもプログレ(ッシヴ・ロック)なジャケに惹かれた「10 000 Hz legend」をはじめ、結局、一万円近く使ってしまった。金が無くて、どのCDを買うか、店頭で小一時間悩んでいた中高生の頃の体験が尾を引いているのか、未だに、レコード店に入るとつい衝動買いしてしまう。

しかし、日本のCDは高い。

●今日買ったCD
AIR 「3CD originals Limited Edution」 \3,359
 (「Premiers Symptômes」「Moon Safari」「10 000 Hz  legend」)
KRAFTWERK 「COMPUTERWELT」 \1,690
KRAFTWERK 「ELECTRIC CAFE」 \1,690
NUMB 「NUMB」 \2,730

今日のBGM♪ KRAFTWERK ELECTRIC CAFE
| 音楽 - Shop事情、通販ほか | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



オセアニア産牛肉使用
今日はコンソメスープを作りました。野菜が柔らかくなってきた時に、ベーコンを買い忘れたことに気が付きました。代わりに、酒のつまみに買ってあったビーフジャーキーをちぎって入れました。肉は味が無くなってそっけなくなり、スープはしょっぱくなりました。

●今日の学習ポイント

・ビーフジャーキーは、そのまま食べた方がうまい。
・ビーフジャーキーを入れるときは、コンソメの量を少なめにする。
・つーか、ベーコン買い忘れない。

今日のBGM♪ jam & spoon Right in the Night ( fall in love with music )
| 雑記 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



「嗜好の多様化」というまやかし
沼田順という方の「私がディスクユニオンを辞めたわけ」には、氏がディスクユニオンで楽しく働いている様子が書いてあって、音楽業界の外に居る自分には、少しだけ内幕が覗き込めたようで大変興味深い。

この氏の仕事ぶりに暗い影が落ち始めるのは、POSシステムの導入からである。POS導入後の「私がディスクユニオンを辞めたわけ(その六)」以降の話や、「青山ブックセンター閉店をめぐって」といったトピックには、効率化と引き換えに音楽が失ったものが、まざまざと書かれているように思う。

今日のBGM♪ Aphex Twin Petiatil Cx Htdui
| 思想、風潮、当世気質 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



“リーブ戦争”
ある日のバイト中、教え子の中3に「ちょっと来てください」と呼ばれる。彼のところに行くと、こう尋ねられた。「この“左”ってなんですか?。」どうやら彼は『My father has just left home for Osaka.』が完了形だと気付かなかったようだ。「leftは“左”じゃなくてleaveの過去分詞形だぞ」と僕が言うと、「なんだこれ完了形ですね」と彼の顔が明るくなったが、すぐにまた曇りだす。“leave”の意味を忘れたらしいので、僕が「“leave”って何だっけ?」と尋ねると、彼はこう答えた。「“生やす”という意味なら覚えてるんですけど…」

この“生やす”がどこから来たのか。言わずと知れたこのCMからである。

この“leave”。生徒曰く、仙台市内の中学校では余りお目にかからない単語らしいが、バイト先の塾のテキストには、『I leave home for School at eight o'clock.』なんて例文で中1の段階から出てくるので、解説せざるを得ない。しかし、僕の経験から言うと、初めてこの単語を扱う場合は必ず紛糾する。僕が“leave”と発音した直後に「な、や、み、無用~♪」なんて歌い出す生徒が一人くらい居る分には何も問題ないのだが、意味を解説すると「先生、“生やす”じゃないんですか?」「CMでやってるじゃないですか!」などと、クラス内の殆んどの生徒が口々に問いただしてくるのだ。

まあ、いかなる形にせよ授業に参加してくれるのは教える方として有り難いし、「“leave”の元々の意味は“そのままにして離れる”つまり“後に残す”ってこと。だから、『He often leaves his umbrella on trains.』だと“置き忘れる”だし、『I leave home for School.』だと“家を後にして学校へ”つまり“出発する”になる。『リーブ21』は、生やすんじゃなくて“髪を残す”じゃないかな。」と説明すると、興奮して「CMが間違ってるっていうんですか!」なんて叫んでいた生徒達も納得してくれるので、教えていて嬉しい。(※『リーブ21』の綴りは“Reve 21”です。紛らわしい(^^;)

しかし、“leave”をめぐる混乱は、これだけでは終わらないのだ。

株式会社 毛髪クリニックリーブ21®さんのTVCFのお陰で、生徒たちの頭の中では『リーブ、髪の毛、和田アキ子』が完全にセットになっているらしく、忘れた頃を見計らって“leave”の復習をすると、「“生やす”しか思い出せない」なんて生徒が続出し、“leave”が出てくる度に口を酸っぱくして指摘しても、一部ではそれが中3になっても続くのだ。僕はこれを“リーブ戦争”と呼んでいる。

“リーブ戦争”と似たものに“ボンバー・クライマー紛争”と呼んでいるものもある。“bomber”を“ボマー”と発音すると「先生、うそ教えないで下さいよぉ」なんて言い出す生徒が、必ず何人かいる。失礼な連中だと思うが、僕に対して妙に自信満々に意見してくるので、彼ら・彼女らに“bomber”の発音をお願いすると、口をそろえて「ボンバー!」。なんだか楽しそうに合唱する。ただ、そんな彼らに「じゃあ“climb”も頼む」と発音をお願いすると、「くりんぶ?なんか変じゃねぇ?」などと言い出して、この紛争は早期に決着する。恐らく、生徒の頭の中に『ボンバー』という言葉(ボンマーマン由来か?)と共に、『ロッククライミング』などの言葉も一緒に入っているのがその理由だろう。

ちなみに「ボンバー!」な生徒たちに“danger”の発音をお願いしても、なかなか「だんがー!」と言ってくれなくて、ちょっと寂しい(^^; 「デンジャラスって言うから、あれはデンジャーだよ」なんて言い出したりする。ただ“dangerous”は“デンジャラス”ではなくて“デンヂュラス”であり、こっちの方がなかなか直らなくて、私立高校の入試で引っかかったりする。

今年も“リーブ戦争”の季節がやって来てしまった。イラクでの混乱と同様、一刻も早く終結することを願いたい。

今日のBGM♪ Wagon Christ Receiver
| 学校教育、授業など | 00:00 | Permalink | トラックバック:1コメント:4



コミュニケーション
唐突だが、レジで「693円です」と言われて1203円出してはいけないのだろうか。こうすれば、釣り銭は五百円玉、十円玉の2枚で済む。僕は余計な小銭を持ち歩かなくていいし、釣り銭を渡すほうも楽でいいだろうし、いいことばかりのような気がするが、こういう支払いの仕方をすると、時々、店員のレジを打つ手が一瞬止まったりする。一瞬だけでは済まなくて、小首を傾げたり、思わず僕の顔を見返したりする店員も居る。

一回だけ「あのう、お会計は693円なんですが…」と言われたことがあった。僕は「これでお願いします。」と1203円に手を添える。レジを打つ手を止めちゃった店員も、そのほとんどは、実際に釣り銭を渡す段になると「ああ、このお客は五百円玉が欲しいんだな」と納得し、安堵の表情をするものだが、この店員は、僕に五百円硬貨を渡しつつ、最後まで不満げな、不機嫌な様子だった。

こんなことを人に話すと「変な払い方するなよ」なんて言われたりもするが、仮に、693円の代金に対し1003円出したとすると、釣り銭は百円玉×3+十円玉×1。これに、もともと財布の中にあった分と合わせると百円硬貨は5枚であり、これと比べれば、五百円玉1枚の方が軽くて省スペースなのは明らかだ。ついでに、釣り銭を渡すほうも、百円玉が3枚なのか目視確認しなくて済む。僕が支払いに手間取ったり、レジの五百円玉が切れていたりしない限り、この払い方には双方にメリットがある。これのどこが変なのだろう。

小銭をじゃらじゃら持っているのは、重い上に財布が膨らんで使い勝手が悪い。なるべく、財布の中の小銭を少なくしよう、と思いながら支払いを繰り返しているうちに、何時の間にか、こういう、五百円玉を絡ませる支払い方が身についてしまった。少なくとも僕にとっては、特に意図せずに習慣化した“自然”なことであるし、またそうなってしまうだけの合理的な、説明可能なメリットもある。小銭が多くなるのを嫌う人は多いので、こういう支払い方は流行らないまでも、十人に一人くらいは採用していてもいいような気がするが、やはり珍しいのか、ふと手を止めて、一瞬、頭の上に“?マーク”を点灯させる店員は跡を絶たない。

そして、これと同じ事が、日常の会話に言えるような気がする。僕が、特に何かを意図することなく“自然に”思ったことを口に出すと、一瞬、聴いている人の、レジを打つ手が止まる。

今日のBGM♪ Golden Boy with Miss Kittin rippin kittin (glove radiomix)
| 人間関係 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



電話応対
バイト帰りで動きたくなかったので、今日はちょっと怠けて、夕飯に出前を注文。

  「お電話ありがとうございます、○○○○です。」
  「それではまずお電話番号のほうを」
  「090-xxxx-xxxxのほうで」
  「住所のほうは、青葉区□□のほうで」
  「それでは、ご注文のほうは」
  「◇◇セットのほうで」
  「◇◇セット1点で、合計のほうは▽▽円になります」
  「お時間のほうは今から30分ほどになります」
  「ご注文のほう、ありがとうございました」

出前は20分少々で届いたので文句は無いのだが、なんだこの「住所のほうは、青葉区□□のほうで」って。普段は、チェーンの居酒屋なんかで「こちら、軟骨のから揚げのほうになります」なんて言われても気にならないのだが、ここまで“ほう”に溢れた応対をされると、さすがに、遠回しに馬鹿にされているようで少々気分が悪い。

この店は、店員にどういう教育をしているのだろう。本人は“ほう”をつける事で丁寧な言葉遣いをしたつもりなのだろうが、「とにかく“ほう”つけときゃいいんだろ」という考え方は乱暴である。そんな乱暴な態度で、客に接しようというのだろうか。

仙台で一人暮らしを始めたばかりのころ、初めて「(アパートメントの)管理会社のほうから来ました」というセールスの訪問を受けたときには、「おお、教科書のまんまじゃん!」と無意味に感動してしまった。“~のほう”という言葉には、濫用された結果、既にダーティなイメージが付いてしまっているように思う。(“オレオレ”がこの位置に座る日も近い?)“~のほう”と肩を並べるほど汎用性の高い言い回しはなかなか無いだろうが、接客や電話応対のマニュアル製作に携わる方には、熟考を促したい。

と、偉そうなことを書いてはみたが、先ほど、用事があって親に電話した際、「じゃあ、どうも~」なんて言いいながら電話を切ってしまった。どうやら、言葉を話せないのは僕も同じらしい。

今日のBGM♪ Mr. Scruff Get A Move On
| ことば | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



朝日、読売ほか全国紙に見る“言論の不自由”
まず、このGoogleの検索結果をご覧頂きたい。先月29日の文化庁発表の内容「CD逆輸入禁止期間は4年とする」をキーワードに検索してみたのであるが、産経新聞を除けは、ヒットするのはIT企業系のサイトと地方紙、そしてWeblogを始めとする個人のニュースサイトばかりである。ちなみに、9月17日の、エイベックスによるCCCD採用弾力化の発表を検索すると、毎日、朝日、日経と、日本の大手全国紙のサイトが軒並み上位に名を連ねる。このことから分かるのは、“全国紙”と呼ばれる大手新聞社は意図的に、文化庁発表を報道していない、ということである。

この文化庁発表、台風・中越地震・ブッシュ大統領再選・ファルージャ総攻撃の、完全な裏番組になってしまった。大手全国紙各社は、エイベックス発表は重要だが、文化庁発表は、貴重な紙面を割いて報道するには当たらない、と判断したのであろう。参院選を前に沸き立った年金・イラク(三家族)問題の裏番組で、殆んど報道されないまま、衆参とも全会一致で可決・成立した改正著作権法の時といい、文化庁の役人の、世間の目が逸れている絶妙のタイミングを狙う狡猾さには脱帽である。

かつて読売新聞は、今年3月の段階では、音楽CD輸入禁止問題を、全国紙では最も速く、詳細に報道していて、僕は大変好感を持ったものだ。やや遅れて朝日新聞も、土曜版「Be」のコラムでこの問題を取り上げ、感情的な文面にはやや不満だったものの、それでも、大手で取り上げられたということに、胸がすく思いがした。「そんなのテレビでやってないよ」という言葉と共に、輸入権創設を海賊盤対策と誤解しきっていて、僕の話を鼻であしらう友人らが、ようやく、この法律の問題点に、関心を持ってくれるだろうと思ったからだ。

この「そんなのテレビでやってないよ」という状態は、今でもなんら、変ってはいない。

電通博報堂に関する記事が極端に少ないことを考えるまでも無く、いかに“社会の木鐸”を自負したところで、大手新聞社にも踏み込めない“聖域”があるのは必然であるし、止むを得ないことだと思う。しかし、それを考慮しても、エイベックス発表を報道し、文化庁発表は報道しないことを選択した、という事実には、大手全国紙各社の価値観、ものの考え方が反映されている、と見なさざるを得ない。多くの人が「そんなのテレビでやってないよ」の世界で生きているのが、大変もどかしい。


※おまけ:「著作権ゴロ」とGoogleで検索してみると…


今日のBGM♪ Oriental Magnatic Yellow FAMILY PLANS
| 音楽 - CCCD、輸入権など | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:2



| ホーム | 次ページ

10 | 2004/11 | 12
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (34)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland