自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | Permalink |



雪化粧
今日は仙台にまとまった雪が降り、辺り一面は白く覆われた。
DSC00512mini.jpg(20116 byte)
たかだか数㎝積もったくらいだったが、バイト先の塾では生徒も講師も皆騒いでいた。考えてみれば、積もるほど雪が降ったのは、今シーズンではこれが初めてかもしれない。

今日は疲れが溜まっていたのか、妙に眠かったので、思い切ってだいぶ早く床に着いた。しかし、こういう日に限って電話が三件もかかってきて、一時間寝ては起こされ、一時間寝ては起こされ、結局熟睡できず、終いには腹の虫が音を立て始め、深夜に空腹で目が冴えてきてしまった。まあ、これが人生なのだろう。

今日のBGM♪ たま 海にうつる月
スポンサーサイト
| 雑記 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



アセロラ購入記
ふと夜中に目が覚めて、急に、ニチレイのアセロラドリンクが飲みたくなった。一度、アセロラドリンクのことを思い出したら頭から離れなくなり、飲みたくてうずうずして、目も冴えてきてしまったので、そのまま床を出て買いに行った。こういう時に、24時間営業になった西友は便利だ。ただ、こういう利便性が、デブ化にも繋がっているのかも知れない。

900mlのペットボトルで税込み330円。缶チューハイ三本分より高い。家に帰り着くと、乾燥した部屋の中で飲むのはおいしくて、一気に全部飲んでしまった。

しかし、小さいころに親戚の家で飲んだアセロラドリンクは、もっとずっと酸っぱかったように思う。そう言えば、普段は高いので敬遠しているポン・ジュースのオレンジを買ったときも、僕の記憶に反して甘く、よくよくパッケージを見たら『マイルドタイプ』と書いてあった。100%のオレンジジュースは、飲んだ瞬間鳥肌が立つくらい酸っぱいのが美味しいのに。(ちなみに、英単語の“juice”は100%の飲み物しか指さず、それ以外のジュースはコーラと同じ“soft drink”と呼ばれる。)

果汁100%のジュースで、コンビにでも手に入り、手軽に酸っぱさを楽しめるのにグレープフルーツ・ジュースがあるが、あれは酸味というより、グレープフルーツ独特の苦味を味わう飲み物だ。近所の西友は比較的、売り場面積が狭いのだが、利用者としては是非とも、“ハードタイプ”のオレンジジュースも取り扱って欲しいと思う。

しかし、今日行ったら、ウォルマート傘下の象徴のように見えた、毒々しいパッケージのアメリカ産コンビーフが売り場から消えていて、なぜか、少しだけ寂しかった。

今日のBGM♪ The Cinematic Orchestra featuring Fontella Bass All That You Give
| デブ化・ダイエット・乾き | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



潮時
バイト先の塾で、四月からずっと受け持っていた中1クラスの、英語の成績が悪いらしい。塾長は「学校ではオーラル(・コミュニケーション)中心の授業をしてるので、模試とのギャップが大きい」とフォローしてくれたが、時給の安さを自分への言い訳に、中1の連中と一緒に遊ぶような感じで、のんびり手を抜いていたバチが当たったのかも。ついに僕も、そろそろクビか!?(というか、バイトのことばかり気にかけてないで、早いとこ大学卒業の道筋をつけなければならないのだが。)

思えば、ここでバイトを始めてからもう二年半。意外と、長く続いてきた。働き始めたときは小さい子供だった奴らももう中3で「もう先生より(背が)でかくなったよ」なんて言ってくる。生徒同士で「おまえが私より大きいとか信じられない」なんて言い合ってる姿をみると、若いっていいな、とつい思ってしまう。

今日のBGM♪ Mr. Scruff Sweet Smoke
| 学校教育、授業など | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



iPod 買おうかな
先週は用事があって、実家に帰っていた。前から使っているポータブルCDプレイヤーと、何枚かのCDを持って行ったのだが、実家で過ごしている時に、急に Luna Sea の LUV U が聞きたくなった。この曲が収められている「Style」というアルバムを聞き込んでいたのは中1の頃だ。まさか、ここ何年も聞いていないこのアルバムが、聞きたくなるとは思わなかった。

帰省のみならず、旅先・出先にポータブルプレイヤーとCDを持っていくのは、CDを買い始めた中学の頃から習慣となっているが、何故か毎回毎回、出先に持ってこなかった曲が無性に聞きたくなる、という現象に悩まされていた。しかも、ポータブルCDプレイヤーはポケットに入れるには大きすぎるので、バッグか何かを持っていないと、外出中は事実上使えない、というのも感じていた。

MDは、音質に疑問があったこと以上に、何枚も空のDiskを買ってきて、一々CDから移し変えなければならないのが面倒で、今まで導入を見送ってきたが、ここへ来て、iPod を始めとするソリッド・オーディオが大流行である。しかも、iPod はWinでも使える上、小さいくせにGB単位のHDDを積んでいる。

欧米では iTunes Music Store(iTMS)が大成功しているそうだが、日本の音楽業界の、著作権をめぐる時代錯誤的ゴタゴタを目にするにつけ、Crop Circles の Full Mental Jackpot のようなマイナー曲も手軽に手に入るくらいに、音楽のダウンロード販売が便利になるのはだいぶ先だろう、と思っていたことに加え、「なんでiPod はPCでもないのに、俺のDynaBookよりもデカイHDDを積んでるんだよ!(僕のノートPCのHDD容量は約20GB=18.6GB)」と自分勝手な難癖をつけ、今までは iPod 等のソリッドオーディオを敬遠していたのであるが、ここへ来て「ポケットに自然に入る上、大量の曲を圧縮して入れることが出来る」というメリットが、偏屈な僕にも無視できなくなってきたのだ。自分が出先でどんな曲が聞きたくなるかは、経験上、自分でも予想できないので、自分の持っている全ての曲を、トランプよりも小さな固体に高音質で詰め込める、ということの魅力を、先週の一時帰省で痛く感じたのである。

とりあえず、もう何年も聞いていない曲も含めて、自分の持っている全ての楽曲が iPod に収まるかどうか、おおよその見通しをつけるため、今、自分が何枚CDを持っているのか数えてみたところ、ブートを含め410枚だった。192kbpsのmp3にすればファイルサイズが約八分の一になるので、CD一枚当たり70MBとして計算してみると、70MB×410≒28GB。おお、十分収まる。CD一枚当たり80MBとして計算してみても 80MB×410≒33GB なので、muzieなど、Web上で無料で公開されていて、今、PCのHDDに保存されているmp3などを加えても、約40GB(=37.2GB)の ipod に悠々と入る。今のペースが続けば、毎年50枚くらいCDが増えていくので、何年かすれば約40GBの ipod も一杯になるだろうが、今は約60GBのモデルもあるそうだし、mp3のビットレートを160kbpsにすればもっと入るわけなので、壊れない限り、4,5年は便利に使えるだろう。

仮に、音楽のダウンロード販売が現在の、携帯電話での着歌ほどには振るわなくとも、音楽を手軽に持ち運べる、という点だけで、ipod は自分にとっても魅力的な商品だ、ということが分かり、ちょうど先日、バイトの給料も入ったので、購入に向けてのヴォルテージが俄かに上がってきた今日この頃だったが、本日、改めて iPod のサイトを見て仕様を確認したところ、予想外の問題点が発覚した。


なんと、windowsMeは対応外だったのである。


くそー、 iPod 使いたかったら Mac を買えって事か。致命的な欠陥がいつまでたっても無くならない winXP にはちゃっかり対応してて、起動の速さとブルーバックなら誰にも負けない、今流行の Blaster とか Nimda とか、その他WinNT系OSの欠陥を狙ったコンピューターウィルスには罹りたくとも罹れない、そんな、いろんな意味で超高性能なOS・winMeに対応していないとはどういうことだ!スティーブ・ジョブスめ…って関係無いか。

とりあえず、winMe対応の大容量ソリッド・オーディオでは、東芝の gigabeat Gシリーズ などが挙げられるが、「まあ、(自分がPCを買い換えるか、もっと製品が成熟するまで)もうちょっと待つか」という気分になってきてしまった。こうやって僕は、ずっと時代に乗り遅れ続けるのだろう。

今日のBGM♪ Hallucinogen Jiggie of the Sprinx
| 音楽 - iPod、音楽配信等 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



“空気が読めないヤツはバカ”
今日、新聞を読んでいて目に止まったのが、下の広告だ。スキャナーが無いため携帯のカメラで撮ったので、画質が悪いのは勘弁して欲しい。
atamagai.jpg(17220 byte)
(※クリックすると、角川書店の「文脈力」のサイトに飛びます。)

まだこの本を読んではいないので、詳しいことは分からないが、この広告によると「空気が読める=頭がいい」のだそうだ。つまり、ガキの頃から『空気が読めない』と言われ続けてきた僕は大バカということになる。

自分が今まで“空気が読める”ヤツらから散々にしてやられてきた、という思いがあるからかも知れないが、本当に場の空気を掴むのが上手い人の言うことは、往々にして考えが浅く、陳腐で、聞いていて退屈である。誰でも思いつくような事というのは、陳腐であるが故に容易に共感されるが、その“伝わりやすい”“共感されやすい”という所が、この先生にとっては“「文脈力」がある”即ち“頭がいい”ということなのであろうか。

例えば Isaac Newton は『万有引力の法則』を発見した後、二十年間も発表しなかった。また彼は『流率法』という計算方式を1665年の夏ごろに編み出したが、やはりすぐには発表しなかったため、Gottfried Wilhelm Leibniz から「お前、俺が見つけた『微積分』をパクっただろ!」といちゃもんをつけられブチ切れたりしている。独りで居るのが大好きなこんな彼が、空気が読めるヤツだったとはとても思えない。

また、『万有引力の法則』を一部訂正した(という理解で合ってるか自信が無いが)『特殊相対性理論』『一般相対性理論』を構築した Albert Einstein は、「自分自身の中へ閉じこもりたいという欲求は、年と共に深まるばかりだった」なんて言ってるし、「灯台守の仕事こそ、科学者にとって理想の環境」だと本気で信じていたくさいし、自分のことを「孤独な変わり者」と呼んでいた。やはり、場の空気を読むのが上手いヤツだったとは思えない。

斎藤先生にとっては、物理学なんて頭がおかしい人間のする学問なのかも知れないが、何れにせよ、僕はまだこの本を読んでいないので、以上の文章は全く無意味である。

今日のBGM♪ μ-ziq Zombies
| ブックレビュー他 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



職務質問
今日、アパートメントのすぐ近くの交差点で、警官に職務質問された。「学生さん?これから買い物?」やましい事は何も無いのに、警察官に話し掛けられるとドキリとして、思わず声が上ずってしまうのは、何とかならないものだろうか。

以前、職務質問された時は、学生証を見せたらあっさり解放されたので、今日もすぐに学生証を取り出したのだが、今回は、そうはいかなかった。名前、学部、住所、今日は黒い帽子をかぶっていたかどうかなど、会社帰りのOLさんらが行き交う中、色々聞かれて気まずかった。

しかし、僕に「学生さん?」と声をかけるとは、さすが宮城県警だ。「お兄さん、どこで働いてるんですか?」と声をかけてくるキャッチセールスや、「娘2人いるでしょう」なんて言ってくるヤツなんかとは全然違う。年季の入ったプロは人を見る目が違うと、職質から解放された後の僕は、妙なところで感心してしまった。しかし、僕のことを学生だと見てくれる人が、学外では宮城県警しかいないと思うと、ちょっと悲しくもなった。

県警の方に言い当てられた通り、そのあと僕はスーパーに買い物に行ったのだが、レジを通った後で余計な物を買ったのに気付き、返品しに行ったら貰ったばかりのレシートが見当たらなかったり(結局、返品は出来たが)、家に着いたら、切らしていた洗剤を買い忘れたことに気付いたりと、ちょっと散々だった。

そういえば、県警の方が僕より背が低かったので見えてしまったのだが、職務質問の内容をメモする紙には、僕の名前しか書いていなかった。どうやら、あの交差点で職質したのは僕が最初らしい。(他の紙には色々と書いてあったのかもしれないが。)また、以前職質をされた時には「引ったくりが起きてね」と教えてくれたが、今回は、ただ「事件が起こってね」としか言ってくれなかった。買い物を終えて帰ってくると、あの2人の警官は、もう撤収した後だった。いくら笑顔で話し掛けられても、やはり、職務質問は後味が悪い。

今日のBGM♪ MONOPOLE THE AIBO
| 雑記 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



“人としゃべって何がおもしろいんですか?”
少々前のことになるが、先週の朝日新聞の土曜版のこの記事の最後のほうに、
最近は若者が酒を飲まなくなったどころか、他人とのコミュニケーションに関心が薄い。20代男性会社員に「人としゃべって何がおもしろいんですか?」と言われたこともあるとか。
と書いてあるのを見たときには、思わず笑ってしまった。

実際、人と話すのは、それだけで楽しいことだと思う。周りを見渡してみると、さしたる用も無いのに固まって駄弁ったり、携帯で長電話したり、恐ろしい速さで携帯メールを打ったりする人には事欠かない。ネット上では掲示板やチャットが幅を利かせ、トラックバックという、他の所と容易に繋がる機能を持ったWeblogなるものが大流行である。(僕は未だに『トラバ』の概念が理解できないでいるのだが、それはともかく、「なんか最近、似たようなレイアウトの日記サイトが増えたな~」くらいにしか思わず、完全にブログ・ムーブメントに乗り遅れてしまったことを、実は少し後悔している。)関心が薄いどころか、常に誰かとコミュニケートしていないと不安で不安で仕方がないように見える人の、なんと多いことか。「常に誰かと繋がっていなければ」という雰囲気が充満していて、僕なんかは「うへっ」となってしまうくらいだ。

「他人とのコミュニケーション」は20代の間でも最大の関心事だと言えるが、ただ、それを面白がっているか、楽しんでいるか、と聞かれると、キッパリとは言い切れない、歯切れの悪さを覚える。先の記事には
社内で浮くとヤバイので、義理で出席しているのでしょう
なんてことも書いてあるが、まさにその通りで、過剰にすら思えるコミュニケーションの、その第一の目的は、自分の居場所と身の安全の確保、つまり「浮く」というヤバイ状況の回避だ。目立ち過ぎても影が薄くなってもダメで、当り障りの少ない会話のネタを仕込み、明石家さんまが好みそうなタイミングでボケようとするその努力は、どう頑張っても浮き上がってしまうので、半ばその努力を放棄している僕の目には、時として、涙ぐましい物にさえ見える。程度の差こそあれ、一から十まで全部“フツー”という、そんな“特異”な人間はなかなか居ないもので、どんな人でも、必ず過不足が生じる部分をもっているが、それを隠そう、隠そうとするその必死さが、結果として、言葉の妙な刺々しさを生み出すこともある。弱みを出せない、刺々しい相互監視を取り繕う、集団内での保身のための会話ばかりを繰り返してきたのなら、「人としゃべって何がおもしろいんですか?」という言葉が飛び出してくることも、あながち、頷けない話でもないのでは無いか。

しかし“最近の若者はコミュニケーションに関心が薄い”とするならば、最近の非若者、元若者だった世代はコミュニケーションに熱心だったのだろうか。先の記事には、こうも書いてある。
東京都中央区の老舗割烹(しにせかっぽう)「治作」の越井昭さんは、64年ごろから組織の宴会をつぶさに見てきた。当時の忘年会が現在と最も違う点は「ハメを外すほど飲み、吐く人も大勢いた」こと。では無礼講だったかというと、そうではない。上司への気配りは厳然とあった。「自分を殺して飲むから、吐くんですよ」

 室町時代、連歌などを楽しんだ優雅な「年忘れの宴」に端を発する忘年会は、良きにつけ悪(あ)しきにつけ、仕事の延長であったわけだ。
つまり、この記事では「自分を殺して吐くまで飲むこと」=「コミュニケーション」なのだ。

己の意思を相互に主張し合い、お互いに納得のいく折り合い点を見つける作業がコミュニケーションだと僕は思ってきたし、また今も、そうであると信じているが、少なくとも日本では「自分を殺すこと」=「コミュニケーション」という認識が、暗黙のうちになされている。これは無意識であるが故に、大変根強い。“良きにつけ悪しきにつけ、仕事の延長”なのだから自分を殺すことも必要だろうが、これは楽しいことだろうか。20代の男子学生の僕としては「自分を殺して何が面白いんですか?」と尋ねたい気分だ。

…でも、自分を殺して「集団との一体感」を得ている人間は、本当に楽しそうだ。そういった状態を気持ち悪いと感じる僕は、おそらく、かなりの人間嫌いなのだろう。

今日のBGM♪ plaid FLY WINGS
| 思想、風潮、当世気質 | 00:00 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム | 次ページ

11 | 2004/12 | 01
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (33)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (37)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (12)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (2)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (9)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (42)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (23)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (14)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • R-TYPE (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • GeForce (5)
  • 恐怖政治 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 憲法 (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 外資支配 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 冤罪 (4)
  • イラク (4)
  • 自由民主党 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • ヒットラー (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ケムトレイル (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。