自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



<共謀罪>は密告奨励、住民相互監視法
(※<共謀罪>に関する最新エントリーはこちら


前回のエントリーで書き損じたことを記す。

『犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案要綱』の『四 組織的な犯罪の共謀の処罰』には、以下のような文言があるので引用する。
ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除するものとすること。(第六条の二第一項関係)
以上は、「盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会 【なぜ共謀罪に反対するのか】」さんの「■ 【資料】 法律案要綱」からの抜粋であるが、つまり、この法律案では、“自首”と称して警察に密告すれば、微罪、もしくは無罪になるのだ。

これが、何を意味するのか。端的に言えば、“共謀”をでっち上げることで、気に入らない人間を“嵌める”ことが出来る、ということである。以下、再び「盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会 【なぜ共謀罪に反対するのか】」さんの共謀罪 Q&Aより引用(一部抜粋)。
実行前に自首すれば、刑が軽くなるの?

 この共謀罪では、実行着手前に警察に届け出た(自首した)場合は、刑を減免することになっています。これは、事件を未然に防止するための措置とされていますが、悪用される可能性も大いにあります。
  どういうことかと言うと、誰かに犯罪を持ちかけた者が、そのときの会話を録音して、その後に警察に届け出た場合、持ちかけた者は処罰されず、これに同意した者だけが処罰されるようなことになりかねないのです。これを前述のケース1で見てみましょう。

○ケース1のつづき・・・
  実はAさんは、このときの会話を録音していました。この会話の後、Aさんは録音テープを持って警察に出頭。Aさんは刑を減免され、Bさんはその後何もしていなくても逮捕され、2年以下の懲役刑に処せられることに。これは単なる冗談であったとBさんが主張しても、検察側の証人としてAさんが法廷に立ち、「Bは真剣でした」と証言すれば、おそらくその主張は認められないでしょう。

 この刑の減免規定を使えば、極端な話、取り締まり機関が市民団体の中にスパイを送り込み、何らかの犯罪を持ちかけ、多くの関係者を罪に陥れるようなこともあり得ないことではないのです。
「盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会」さんは市民団体だけあって、市民団体への恣意的な運用を警戒しているが、前回のエントリーでも言ったとおり、この法律案はでは“組織”された“団体”の定義が曖昧なため、国内の全ての人間が対象となる。例えば、リストラ圧力を巧みにかわす、気に入らない人間が社内に居たら、居酒屋なんかで煽てて、共謀罪が適用される法律に触れるような言葉(はっきり言って何でもOK。「ぶっ殺してやる!」ではなくて「どついたる!」でいい。)を言わせ、その言質を録音したテープなりICレコーダーなりを持って警察に行き「自首します」と言えばいいのだ。仮に誤認逮捕、という結果になっても、その効果は覿面である。(※参考:踊る新聞屋-。 共謀罪、無罪でも「目的」達成

「盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会」さんが指摘しているように、公権力の暴走も恐ろしいが、なによりも恐ろしいのは、身近な住民・職場の同僚同士の相互監視になることである。たまごの距離さんが、また、このテーマを分かり易く、身近な例をあげて説明しているので、是非一度、目を通して頂きたい。

たまごの距離さんが例示している「町内会」が、戦中の「隣組」よろしく機能するかは疑問だが、職場・学校単位、また住んでいる町単位で「隣組」のような組織を作ることは、「国益」という錦の御旗の下では幾らでも可能だ。公権力が一方的に弾圧するだけでは、民衆が結束し、いずれレジスタンスが結成されるが、名誉と権限を餌に、住民同士がいがみ合い、足を引っ張り合い、腹を探り合うようにして、その結果、何も言えないような雰囲気作ることに成功すれば、ここに、真の言論統制が完成する。公権力が弾圧しているのではなく、民衆が勝手に、“良識を持って”自粛していることになるからである。

共謀罪に対する関心が、なかなか盛り上がらない事を鑑みても、今の日本が、ヒトラーが「大衆は豚だ」と言った通りに進んでいる気がしてならない。

※参考:共謀罪のトラックバックセンター - Trackback People

今日のBGM♪ Close Up Over Caz
| 【検閲】共謀罪 | 19:27 | Permalink | トラックバック:2コメント:0



<共謀罪>成立へ。言論統制と、それを望む日本人。
(※<共謀罪>に関する最新エントリーはこちら


ニュースと呼ぶにはやや遅きに失した感もあるが、以下、Yahoo!ニュース - 毎日新聞より引用。
<共謀罪>特別国会に再提出へ 組織犯罪処罰法改正に含め

 南野知恵子法相は20日、「共謀罪」の新設を盛り込んだ組織犯罪処罰法などの改正案(衆院解散で廃案)を、21日開会の特別国会に再提出する考えを明らかにした。
 実際に行為に及ばなくても、仲間内で犯罪を計画しただけで罪に問える共謀罪に対しては、野党や日本弁護士連合会などが「思想を処罰する悪法だ」と強く反対し、与党内からも修正を求める意見がある。再提出にあたって法案の内容を手直しするかどうかについて、南野法相は「どのようなものがよいか検討している」と述べた。【森本英彦】

(毎日新聞) - 9月20日11時57分更新
この法律が恐ろしいのは、言論そのものを処罰できる点である。以下、盗聴法<組対法>に反対する市民連絡会 > 【なぜ共謀罪に反対するのか】より一部引用。
(前略)話し合った内容が法律で4年以上の刑が科せられるものであれば、実際に行動に移されなくとも、共謀罪で2年から5年以下の刑で処罰されます。共謀罪は、文字通り言論そのものを処罰できるとんでもない法律です。日本の法律で4年以上の刑が科せられる罪名は、約560種類にものぼります。その対象範囲は、殺人罪から傷害罪、消費税法から相続税法、道交法から水道法まで実に広範です。市民生活のすみずみにまでかかわる法律が共謀罪の対象になっています。これでは、うっかり冗談もいえなくなってしまいます。
また、この法の対象となる“組織”された“団体”の定義も曖昧で、ただ二人の人間が集まっただけで“団体”と見なされる。つまり、“組織犯罪対策”とは名ばかりで、全ての人間の会話が対象となるのだ。

政府は、この法律の制定理由を「国連条約の批准のため」と説明しているが、その条約をいかに恣意的に解釈しているかは、たまごの距離 拡大解釈、すでにしてるじゃん、政府――共謀罪にやさしく、分かりやすく解説されている。詳しくは、たまごの距離さんの記事をご覧頂きたい。

この共謀罪、仮に誤認逮捕であっても、言論に致命的な打撃を与える(踊る新聞屋-。 共謀罪、無罪でも「目的」達成)ため、自民党や公明党からも疑問の声があがっている。公明党は、2005年7月23日付の公明新聞で、「共謀罪」新設 国民の不安払しょくせよ という見解を発表した。その一部を以下に引用する。
(前略)

理解と支持が不可欠

 国際的組織犯罪という敵と戦うためには国民の広い理解と支持が不可欠だ。敵と戦うための法律であるのに、逆に市民の敵と見間違えられるようでは戦いにならない。

 こうした理由から、公明党の漆原良夫氏は12日、衆院法務委員会で政府に対し、(1)単なる共謀だけではなく、合意内容を推進するための具体的な行為を伴うことを「共謀罪」の要件に加える(2)共謀罪の対象は組織犯罪集団に限定されることを法文上明確にする――ことを強く求めた。

 特に、(1)は英米法でオーバートアクト(顕示行為)と呼ばれる制度の採用を求めた主張だ。顕示行為の例としては犯罪現場の下見などが挙げられる。条約もこの要件の付与を認めているし、「意思」と「実行行為」の両方を犯罪成立の要件とする刑法の原則にもかなってくる。国民の不安を払しょくする国会審議を望みたい。
公明党のこの主張は、妥当であると思う。是非とも、法案修正を果たし、国民の不安を払拭してもらい。

しかし、以前から公明党の「ブレーキ力」には力不足な所があったのに加え、先の衆院選での小泉自民党の圧勝・単独過半数確保を受け、相対的に存在感が薄くなってきているので、過度の期待は出来ない。勿論、解党的出直しを迫られている民主党や他の少数野党に、この法案の成立を阻止する力はない。最悪、小手先の修正のみで妥協を迫られ、既に成立している盗聴法とのコンビネーションで、密告と思想警察が跋扈する、何処かの国のような言論統制社会が到来することを覚悟せねばならない。

それにしても、前出の 踊る新聞屋 氏が共謀罪には鈍感?なネット世論で指摘しているように、人権擁護法案の時とは打って変わって、マスコミの報道はおろか、ネット上での議論も殆んど無いのは不気味だ。「ネット弾圧法」と叫ばれ、瞬く間に広がった人権擁護法案と同じく、言論統制・思想弾圧を招きかねないのに、この自民党主導の法案に対する、関心の低さは何なのであろう。やはり、ヒトラーが言ったように『大衆は豚』なのだろうか…。

以下、出展不明・未確認の情報(情報求む)。
大衆は女みたいなものだ。支配してくれる者を待っているだけで、自由を与えると戸惑うだけだ。
大衆は豚だ。理想も志も持たず、真実や正義を追求する意志もない。強い者には媚び、自分より弱い者を探しては、安心する。常に自分の身の安全と僅かな利益だけを考え、安易な妥協を繰り返す。このような者を統治するためには、圧倒的な権力を背景に、耳障りの良い言葉を聞かせ、美味な餌を与え、互いに争わせることで目を塞げば良い。
※関連記事

今日のBGM♪ VNV Nation Anthem
| 【検閲】共謀罪 | 20:07 | Permalink | トラックバック:2コメント:4



デブ化はゆっくり、しかし確実に進行しています…。
ようやく落ち着いてきたので、久方ぶりにヘルスメーターに乗ったところ、一番重かった時よりも、さらに 3kg 近く体重が増えてました!あともう少しで、大学入学時 +15kg の大台に乗ってしまいます!!最近、外食が多くなりがちではありましたが、我ながら、よく太ったと思います。この一ヶ月、デブ化は知らぬ間に、しかし確実に、進行していたようです。(ちなみに、体脂肪率は横ばいでした。)

今月頭にダンベルを購入し、毎日、軽くウエイトトレーニングをしていますが、さすがに、二十日間では効果が現れません。まあ、ダイエットというより、体を動かすが気持ちよくてやっているような物なので、今後とも続けながら、体重の推移を見ていきたいと思います。

今日のBGM♪ DJ Presto Relax Your Mind
| デブ化・ダイエット・乾き | 13:01 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



誤配送 再び
バイトから帰ってくると、青木さん宛ての「ご不在連絡票」が来てました。郵便局、佐川と来て、ついに今回はペリカン。クロネコヤマトが来れば、或る意味コンプリートです。そもそも、こんな所で青木さんのフルネームなんか知らされてもしょうがないですし、あした日通に電話して事情を説明するのも面倒且つ厄介です。勘弁してください。

今日のBGM♪ LARS KLEIN Message From Massachusetts
| 日常に潜む不条理 | 22:17 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



更新の再開について
先日、四十九日の法要と納骨式を終えたので、忌が明けた、と判断して、本日から 「 いいげるらんと 」 並びに 「 いいげるブログ 」 の更新を再開したいと思います。

忌明け前に書くだけ書いておいたエントリーは、以下の四つです。

また、Original Works に、自作曲「内気循環」「星を見ない人」 を追加しました。よろしかったらお聞きください。

今日のBGM♪ Sasha Cloud Cockoo (Just K Mix)
| お知らせ・更新情報等 | 23:06 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



配管
父の運転する車の、後部座席に座っている。よく晴れた日の昼下がりで、眠くてうつらうつらとしている。

車は、家の近くの工業地帯へやって来た。碁盤の目のように整理された区画に、工業プラントが整然と並んでいる。雲ひとつない青空に、聳え立つプラントの銀色が映える。その、無機質な美しさは感動的だった。僕は、後でこの光景を、デジカメで撮りに来ようと思った。

反対側を見ると、高さが3mくらいの、洋ナシのように下が膨らんでいる、円形の、ポットスティルのようなプラントが、やはり整然と、銀色に輝きながら並んでいる。SimCity3000 に出てきた Smog-o-matic に似ているな、と思った時、そのプラントは一斉に、頭頂部から煙と炎を吐き出した。

一眠りして目を覚ますと、車は、工業地帯の狭い路地を、だいぶ入ったところに来ている。どうやら父は、普段とは違う道を選んだようだ。この道の右側には、圧縮され、ブロック状に固められた空き缶が、延々と積まれていて、左側には、廃材置き場か、もう稼動していない工場のような、赤茶けた、古い平屋の建物が並んでいる。この工業地帯の中に、こんな場所があったとは知らず、僕は、少し驚いた。道の突き当たりの、建物が途切れた先には、ススキのようなキツネ色の草が、たくさん生えていた。

今日のBGM♪ Aim The Omen
| | 11:44 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



散髪
東京の下町の、何処かの駅前にいる。雲が厚く垂れ込めている日で、そのせいか、全てが灰色に見える。僕は仲間達と一緒で、土地鑑の無い僕は、途中まで後ろに付いて、彼らと一緒に帰るつもりだ。自転車を引いているのは僕くらいで、歩きだったら、電車や地下鉄で帰れるのに、と軽く後悔する。口には出さなかったが、コンビニかどこかで、ポケットサイズの東京の地図を買おうと決心する。

慣れない土地で自転車を引いて、ぎこちなく歩いている僕とは対照的に、仲間達はごく自然に、スムーズに移動していく。彼らは近道でもするつもりなのか、突き当たりにある板塀の割れ目から、当然のように中に入っていく。その中は畑のようだったが、雨のせいか、一面が巨大な水溜りと化していた。

畑の境目だったであろう、一個ずつ一列に並んだコンクリートブロックの上を、彼らは飛び石を歩くように前へ進んでいく。水の量が多く、そのブロックですら1cmほど冠水していて、飛び石というよりも浅瀬と呼んだほうが適切だが、僕も、さっきまで引いていた自転車は何処へやら、靴の中に水が染み込む前に突破できることを祈りつつ、彼らの後に付いてその上を歩いていく。前を歩いていた学部の友人がバランスを崩し、右手前方に仰向けに倒れた。彼は、水溜りに横になったまま、まるで小さな子供のように、屈託なく笑った。

気が付くと、僕は、とあるマンションの前に来ていた。クルーの一員として、ある女性を取材しに来ている、ということ分かっていたが、僕がインタビュアーではなかった筈だし、女性の住んでいる部屋の番号も、女性の名前も知らない。僕一人だけが着いても、どうした物かな、と思った時、小さな共有玄関に、当該の女性が微笑みながら、犬を連れて現れた。大型の、毛の長いゴールデンレトリバーのような犬で、後ろ足で立ち上がると、白いパンツにピンクの上着(ニットか?)を合わせた、その小柄な女性と同じ背丈に見えた。

女性は僕に、予めそうすると決まっていたかのように、「中でお待ち下さい」と言った。部屋番号も口にしていたようだったが、その部分は上手く聞き取れなかった。そのマンションは、新聞受けなどがある共有玄関も狭かったが、エレベーター脇の、中へと向かう通路の入り口は極端に狭い。僕は横向きになって、やっと通れた。荷物や家電を運ぶときは、どうするのだろう。

通路を少し進むと、やや広くなったスペースがあって、その上方の壁には、『1』という表示が、間接照明に照らされていた。僕は、ここが一階だな、と思った。何処へ行けばいいのかは分からなかったが、あの女性が後ろから着いてきてくれているので不安は感じなかった。彩度の低い、落ち着いた水色に塗られた壁と、百貨店にあるような、すっきりとした字体の表示を照らす淡い光が、上品なコントラストを作っている。

その表示のところは十字路になっていて、僕は、この左右に、エレベーターなり階段なり、各部屋へ通ずる通路なりがあるのだと思った。表示の下は階段になっていて、そのまま真っ直ぐ進み、短い階段を下りると、そこには、さっきと同じデザインのスペースがあった。壁には『2』という表示が掛かっている。

今思うとおかしいが、僕は、ここが二階だな、と思った。そして、彼女の部屋は四階だった気がしてきた。僕は立ち止まらず、振り向きもせず、そのまま真っ直ぐ進んだ。

『3』という表示を過ぎ、『4』という表示を過ぎると、下へ向かう階段がやや長くなり、その下は、和食の店が左右に並んだ飲食店街のようになっていた。僕は怪訝に思い、階段を下り切る前に、振り返って彼女に聞こうとしたが、そうするよりも早く目が覚めた。


今日、行きつけの床屋で椅子に座ると、開口一番に「白髪増えたね~」と言われたので、思わず「先日、妹が急死しまして…」という言葉が口から出てしまった。しまった、と思ったが、僕をいつも担当してくれる理容師さんは、自分の兄が亡くなった時の話をしてくれた。皆、苦労しているのだ、と思った。

今日のBGM♪ New Order Regret
| | 23:18 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム |

08 | 2005/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (35)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (72)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland