自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



<共謀罪>今日の内閣改造を受け、明日の法務委員会で強行採決か
(※<共謀罪>に関する最新エントリーはこちら


レイバーネットの記事(※追記部分に全文引用)には、
政府・与党は、特別国会最後の日の11月1日に法務委員会理事懇、その後10数分の法務委員会を開くとのことです。
という文言がある。小泉内閣は本日の午後に内閣改造を予定していた(※追記部分に全文引用)が、「エクソダス2005《脱米救国》国民運動」の馬場英治氏は、特別国会終了直前というこの日に行われる内閣改造と、明日開かれる“ 十数分間 ”の法務委員会とを関連づけ、「 明日の法務委員会で<共謀罪>強行採決があるのではないか 」という見解を発表している。以下、エクソダス2005《脱米救国》国民運動 - 【緊急】 「週明け早々の内閣改造」と連動した「共謀罪法務委員会強行採決」の可能性 より引用(一部抜粋)。
(前略)

なぜ11月1日以前に組閣を行ってしまう必要があるのか?それは,その時点(11/1法務委での共謀罪法案の強行採決)を過ぎてからでは,国民の間から火のような激しい批判が噴出することは避けられずその消火に手間取れば,まだ組閣が終わっていない不安定な状態でかなりの時間浮遊する可能性が十分予測されるためである.しかし,事前に組閣を終わっていれば,この内閣は宮中認証式の翌日には,「共謀罪」という強力な凶器・防護手段を手にすることができるから(公布から20日で施行),直ちに羽織っている衣を脱ぎ捨てて「衣下の鎧」を露出し,羽根の生え揃ったファシスト政権として発足することが可能になるのである.

(後略)

馬場氏のエントリーには
共謀罪法案を審議している衆院法務委委員長の卓上カレンダーにはこの日付の上に赤丸○が付いています
という一文もあるが、本当だろうか。何れにせよ、もし明日、強行採決が行われ、衆議院法務委員会を通過してしまったら、それは実質的に<共謀罪>の成立を意味する。自民党・公明党を合わせて衆議院で三分の二以上の議席数を確保しているため、仮に参議院で否決されたとしても、
衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。(日本国憲法 第五十九条 第二項
からである。

前出の馬場氏のエントリーには
形式的には法務委員会での質疑は野党委員を含めて一巡し,ある意味で採決に移行するための最小限の要件を満たしています.現在の国会における議席数配分を考えれば,委員長の腹一つでは強行採決も不可能ではありません.(与党内にも強固な法案反対派が存在しない訳ではありませんが,粛清という強権手段もようやく使い慣れてきました.)
という記述もある。
内閣提出の共謀罪法案を野党の合意を得られるようなレベルまで抜本修正することは相当な時間のかかる作業になることが考えられ
場合によっては通常国会に上程できないという事態(事実上の凍結)ということすら有り得ないことでは
ないため、明日の法務委員会で強行採決をすることが、<共謀罪>を成立させるには一番確実である、という馬場氏の主張は、不気味な説得力を持っている。

強引に採決をするだけならば、“ 十数分間 ”で十分である。馬場氏は<共謀罪>を
共謀罪創設は治安維持法の600倍の強度を持つ究極の治安立法
と見なしている。実際、河北新報も「<共謀罪>は密告奨励」と報道した。明日の法務委員会以降、この法案が成立に向けて、雪崩を打ったように突き進んでしまう、という心配が、杞憂に終わることを祈りたい。

今日のBGM♪ LFO Freak
続きを読む
| 【検閲】共謀罪 | 12:31 | Permalink | トラックバック:1コメント:0


「留萌支庁南部の地震」の宏観現象
以下の写真は昨年12月、祖父母に会いに行った時に「変な雲が浮いてるな」と思って撮ったものです。後で知りましたが、撮影の約一時間前に、北海道は留萌支庁南部の深さ9kmで、M6.1(最大震度5強)の地震が発生していたのですね。

DSC00500mini.jpg(15049 byte _ Dec 14 2004)

DSC00502mini.jpg(10977 byte _ Dec 14 2004)

南北に筋が入った雲が何本も並び、だいぶ長い時間、そのままの形を保っていて、見るからに不自然な様子でした。はっきりとしない中越地震の日の雲を除けば、これが、僕が生まれて初めて出遭った宏観現象になります。

今日のBGM♪ New Order Shell Shock
タグ: 空の写真
|  └ 気象兵器 人工地震 等 | 09:34 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


遅ればせながら
「いいげるブログ」も改革ファシズムを止めるブロガー同盟への賛同を表明します。

当ブログは、ニュースサイトでも政治論議の場でもなく、自分の不定期日記を発表するという目的で開設されました。勿論、僕は政治・経済・法律の専門家ではありません。言論統制・思想弾圧色の強い<共謀罪>が制定されつつあると知ったこと、そして、<人権擁護法>と違い、マスコミはおろかネット上ですら<共謀罪>が取り上げられることが殆んど無かったこと。この二点から受けたショックの大きさが、【臨時】検閲・言論統制【検閲】共謀罪 というカテゴリーに分類されたエントリー群をしたためる原動力になりましたが、僕は首相就任時から一貫して反小泉でありながら、また同時に悲観主義者であり、対米“盲従”しか選択肢が無い、そして、日本の全体主義化はもう止められない、と考えています。そんな人間が「 NO KOIZUMI ! 」を唱えるはおこがましいことであり、発起人の thessalonike さんをはじめ、他の方々に失礼だと思っていました。

しかし、郵政“米営化”法案の成立を、当然であり、喜ぶべきこととして受け入れている日本人の、なんと多いことか。マスコミで繰り返されるプロパガンダはもとより、内閣官房報償費(機密費)を使った、普通の人の意見を装った掲示板への書き込みなどの、ネット上における世論操作を喜んで受け入れている人の、なんと多いことか。そして自分が、それらに対して、いかに無力か。これらを目の当たりにし、ペシミズムに逃げていた自分はただの卑怯者であった、と痛感するに至りました。

たかが無名の学生の戯言集に過ぎない当ブログが、この国の世論を左右するとは夢にも思っていません。そもそも、今後もコンスタントに、小泉内閣を注視する記事をエントリーし続ける自信すらありません。ただ、貧困層の拡大と自殺者数の増大が止まらない、「全体主義」という思考停止の安楽の淵に落ちていく日本の現状に、自分の立ち位置を明らかにして対峙することが、この国に生まれた者としての最低限の責務だと感じ、その第一歩として、不束ながら、改革ファシズムを止めるブロガー同盟の末席を汚させて貰いたいと願う次第です。

今日のBGM♪ Chicane Saltwater (The Thrillseekers Remix)
| お知らせ・更新情報等 | 09:25 | Permalink | トラックバック:20コメント:3


歌詞邦訳  New Order - Blue Monday
The Best of New Order今回は、クラブチューンの古典である、New Order の Blue Monday の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

『今や世界のクラブシーンで直接的、間接的を問わず“彼らの影響を受けていない人間を探すことは難しい”といわれる。』なんて言われ、そこら中でリスペクトされている彼らですが、ファーストアルバム発売後に生まれた僕としては、ベスト版を聞いてみても、ゲートリバーブかかり過ぎの、暑苦しいメロディのダサい楽曲にしか思えません。しかし、 Blue Monday ('88) は違いました。安っぽいシンセ音のイントロを聞いた瞬間に、名前どおり憂鬱な、イギリスらしい曇り空の世界に吸い込まれました!これが、後藤雅洋さんが言った『音の持つ風格、たたずまい』というモノなのかも知れません。



元の歌詞は New Order Online などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

新秩序  「 憂鬱な月曜日 」  (訳:いいげる)

どんな気分なんだ? お前が俺をあしらってる時は
俺に手を掛けて、自分が何者か言ってる時さ
俺が誤解されてたのを思い出す
お前が言った言葉を思い出す
言ってみろよ、今の俺がどんな気分か
さあ言ってみろよ、今の俺がどんな気分か

俺より先に生まれた連中が
過去から終わりの日まで続く、彼らの休暇を生き長らえる
彼らは立ち去り、二度と戻っては来ないだろう
そして俺は今でも、言うべきことを言うってのは、
とても難しい事だと思ってる
でも、俺はすっかり信じてるよ お前が教えてくれるって
俺が今日一日、どんな気分でいればいいのかを

一艘の船が港に見える
俺は服従できるし、また服従しようと思う
でも仮に、お前自身の不幸のためではなかったとしても
俺は今日、天国の住人だっただろうよ
そして、自分が誤解されていたのを思い出す
そして、お前が話したことを思い出す
言ってみろよ、今の俺がどんな気分か
さあ言ってみろよ、これから俺がどんな気持ちになるのか

俺はここに立ったまま、待っている、、、

俺がお前に「放っといてくれ」と言ったことを思い出す
浜辺を歩いてる時だった
どんな感じなのか言ってみろよ
お前の心臓が、凍り付いていく時の気分は
今回も、なかなか日本語にならなくて苦労しました。例によって誤解・曲解・拡大解釈を総動員しています。

『俺より先に生まれた連中が、過去から終わりの日まで続く、彼らの休暇を生き長らえる』とか『一艘の船が港に見える』といった表現は、キリスト教の聖書か何かから来ているのでしょうか。『でも仮に、お前自身の不幸のためではなかったとしても』なんて所は、思いっきり直訳調になってしまいました。こんな日本語ありませんよね。

しかしこの曲、New Order の前身のバンド Joy Division のヴォーカル、Ian Curtis が自殺した月曜日のことを歌っていたのですね。ずっと、ブルーマンデー症候群のことだと思っていました。まあ、イアンの自殺も、ブルーマンデー症候群を支持する結果になっていますが…。こんな曲が、イギリスをはじめ世界中で大ヒットするなんて、まさしく世も末です。

それにしても、バンド名をナチスの“新秩序”から取るとは…。前身バンドの“慰安所”という名前もとんでもありませんが、選ばれしアーリア人が「超人(超勝ち組み)」となり、世界を治め安定させる、という考え方は、WASP財閥やユダヤ資本といった「超人(超勝ち組み)」が、アメリカという国を通して全世界を揺さぶっている現在において、全く洒落になりません。日本にも及ぶこの“新秩序”の一端を、以下のエントリー群に書き記しましたので、どうぞご覧下さい。


※関連記事

今日のBGM♪ New Order Bizarre Love Triangle ('94)
タグ: House Rock
| 音楽 - 邦訳 | 10:01 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


歌詞邦訳  New Order - Regret
The Best of New Order今回は、清涼感溢れる90年代 New Order の名曲 Regret の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

Blue Monday ('88) がKick四つ打ち+ヴォコーダーの王道ダンス仕様だったのに比べ、この曲のドラム・パターンは「どったどっとたっ」で、ギターも大々的にフィーチャーしていて、かなりロックにシフトしてますね。真ん中のバスドラをカットすれば、そのままドラムンベースの典型的なリズムになる、と言ったらこじ付けでしょうか。



元の歌詞は New Order Online などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。

新秩序  「 後悔 」  (訳:いいげる)

僕は今まで会った人すべての
名前と住所を忘れちゃったみたいだ
でも 少しも後悔はしていないよ
後悔は 他の日のためにとっておくさ
ほら 学校のテストだ 子供たちが駆けて行くよ

僕は「僕のもの」と呼べる場所がほしいと思ってます
電話でお話しましょうよ
毎日 新しい気分で目を覚まそうよ
自分の傷ついた心のことで 不平を言ったりはしませんよ

きみを見ると取り乱してたよ
殆んどいつもそうだった
きみは「知らない人」だったけど
今では僕のもの

僕はきみを信頼してすらいなかった
分けてあげられるほどの余裕はなかった
僕らは限界と戦ってたし
しかも僕らは、自分が誰と一緒に居るのか知らなかった
きみは、僕を手に負えないヤツだと思うかも知れない
僕が初心だから でも分かった
この場合 それは正しくないよ
僕をちゃんと見て 僕はきみと同じじゃない

僕は「僕のもの」と呼べる場所がほしいと思ってます
電話でお話しましょうよ
毎日 新しい気分で目を覚まそうよ
自分の傷ついた心のことで 不平を言ったりはしませんよ

僕は飛びやすいヒューズみたいだった
何時もカッとなっていてね
きみは赤の他人だったけど
今では僕のもの

僕は「僕のもの」と呼べる場所がほしいと思ってます
電話でお話しましょうよ
毎日 新しい気分で目を覚まそうよ
自分の傷ついた心のことで 不平を言ったりはしませんよ

まあ 明日まで待とうよ
それが みんなが言ってることだと思うよ
みんなが バラバラになっちゃう前に
今回は、そんなに大きく意味を取り違えたりはしなかったと思いますが、やっぱり、なかなか上手い日本語になりませんでした。語尾が「よ」ばっかりになってしまったのも気に入りませんね。この曲の、爽やかな感じを出そうとしたのですが…。あと、最後のところは、解釈に自信がありません。

中学時代から今日まで、日本盤のCDに付いている訳では不満で、ジーニアス片手に色んな歌詞を訳してきましたが、やはり、プロとして訳している方には敵わないと感じます。スラングや文化的背景についての知識の差もさることながら、大胆に意訳できる言語感覚が、僕には足りないようです。

※関連記事

今日のBGM♪ New Order 1963 ('94)
タグ: House Rock
| 音楽 - 邦訳 | 08:58 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


空が裂ける
DSC00620mini.jpg(7092 byte)バイト先へ行こうと外に出ると、西の空が不気味に裂けていたので、手元にあった携帯で写真を撮った。この画像では分かり辛いが、雲が南北に真っ直ぐ割れているのは、昨年の、新潟中越地震の日の朝と同じだ。

バイト先の塾に着くと、生徒の一人が、この雲を見たと騒ぎ出した。しかしすぐさま、他の生徒が 「“地震雲”などは非科学的」 と一蹴した。

今日のBGM♪ Aim Sail (featuring Kate Rogers)
タグ: 空の写真
|  └ 気象兵器 人工地震 等 | 22:28 | Permalink | トラックバック:1コメント:0


歌詞邦訳  Chicane - Autumn Tactics
Behind the Sun今回は、Chicane の「 Behind the Sun 」に収録されている Autumn Tactics の歌詞を訳してみたいと思います。著作権が存在する歌詞の邦訳を、ネット上で公開するにあたっての当ブログの考え方は、このエントリーに書きましたのでご覧下さい。

トランスと言えばゴア・サイケ・打倒エイベッ糞な僕は、普段はこういうヤニっこく、胃にもたれるものばかり聞いていて、 Chicane に代表されるような、キレイめというか広告代理店臭いというか、殺菌防臭加工済みのコンビニ商品のような音楽は聞かないのですが、このCDは買って大成功でした♪その控え目で繊細な音使いは、移ろいゆく秋の空を眺めながら聞くには申し分ないクオリティですが、それ以上にやはり、この Autumn Tactics という曲に出会えたことが、このアルバムを好きになった一番の理由です。



元の歌詞は Chicane - Autumn Tactics - Lyrics - Musicfactory などをご覧下さい。拙い訳ですが、マズいところは指摘してもらえると有り難く思います。(※2006年9月24日 少し訂正しました。 )
ごまかし  「 秋季戦略 」  (訳:いいげる)

深い川が流れていく
暖かな色をした地平線へ向かって
落ち葉の影
10月の月と色あせた空
移り変わる気分
私の心に入ってきた 秋の面影

陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
ついこの前まで夏だったのに
陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
夏の太陽はいつ来るの

夏の時間は帰ってこない
夏の空には落ち葉がないもの
人気(ヒトケ)のない駐車場(?)で日が暮れる
夏だけが私の友だちだった
「 また、戻ってきたよ 」って言って
冬の気配なんて何処かへやって
「 また、戻ってきたよ 」って言って
冬の気配なんて何処かへやって
日に日に 寒くなっていく…

陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
ついこの前まで夏だったのに
陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
夏の太陽はいつ来るの

陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
ついこの前まで夏だったのに
陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
夏の太陽はいつ来るの

陽が隠れていく まるで陽が隠れていくみたい
ついこの前まで夏だったのに
今回も、例によって誤解・曲解・拡大解釈を総動員しています。サビのところの二行目、四行目は、それぞれ
つい今しがた(太陽が隠れるのが)始まったように感じる
夏の太陽を待つ
とならなきゃいけないのですが、味気ないので思いっきり変えました。あと、この way に Sail Back するところも、日本語にならなくて適当です。(※2006年9月24日加筆 『 Say you're back this way again 』 で訳してみましたが、やっぱりダメでした(xx) )

しかし、前出の歌詞サイトでも“?”がついてましたが、「 かーるろーす 」って、本当は何なのでしょうね。僕は「car lot」→「駐車場」という、天下御免の誤訳をさせてもらいました(^^;

この曲、“秋季戦略”という名前だけあって、クールで物憂げなボーカルの歌い方も含めて、本当に、秋の気分にフィットします。BT, Sasha といったキレイめユーロ・トランス好きな人にも、女声ボーカルが好きな人にも、本当にお薦めできる曲です。この1曲のために、1500円を費やして損はありません。

※関連記事

今日のBGM♪ Chicane Autumn Tactics
タグ: Trance
| 音楽 - 邦訳 | 11:30 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


ismusic 復活!
夕方までには復帰したようです(^^)v 考えてみれば、これだけ長い時間落ちたのは昨年以来ですね。相変わらず、ismusic の太っ腹なサービスは有り難いです。

今後とも、「いいげるらんと」並びに「いいげるブログ」をよろしくお願いします。

今日のBGM♪ GMS Juice By GMS
| お知らせ・更新情報等 | 23:13 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


サーバーダウンのお知らせ
現在、本館である「いいげるらんと」にアクセス出来ない状況になっております。昨年九月の時とは違い、http://www.ismusic.ne.jp/ すら豪快に落ちているようです。なるべく早く復活してくれるといいのですが、今日は日曜日のため、復旧は明日以降になるかも知れません m(_ _)m

今日のBGM♪ Juno Reactor Jardin De Cecile
| お知らせ・更新情報等 | 09:12 | Permalink | トラックバック:0コメント:0


<共謀罪>継続審議へ 次期国会で成立か
(※<共謀罪>に関する最新エントリーはこちら


以下、「共謀罪」今国会も断念/政府与党、継続審議へ-四国新聞社-香川県ニュースより引用。
「共謀罪」今国会も断念/政府与党、継続審議へ
2005/10/19 20:16

 政府、与党は19日、殺人など重大犯罪の実行行為がなくても謀議に加わるだけで処罰可能な「共謀罪」新設を柱とした組織犯罪処罰法などの改正案について、先の通常国会に続き、今国会の成立も断念した。継続審議とし、次期国会で成立を目指す方針だ。

 野党や市民団体が「適用対象が犯罪集団に限定される保証はない」などと反発したため、与党は民主党を交えての法案修正を模索したが、民主党が抜本的な手直しによる再提出を求めたため、協議が難航していた。

 自民党の小坂憲次国対筆頭副委員長は同日の記者会見で「参院の日程をにらむと今国会は非常に厳しくなった」と発言。衆院法務委員会の与党理事も「成立は無理。衆院通過も黄信号から赤信号になりかかっている」と述べ、衆院での可決も困難との認識を示した。
東京新聞の記事(追記部分に全文引用)によれば、
衆院を通過させて参院に送っても、委員会に付託されなければ継続審議にできないため、「衆院段階にとどめたほうがいい」(政府筋)との意見も出ている。
そうである。小泉自民党は意地でも、共謀罪の成立させるつもりのようだ。

別に、世のため人のためになる法律ならば、喜んで成立を支持したい。しかし、こと<共謀罪>の場合、この記事(リンク切れ対策のため、前回のエントリーの末尾に引用済み)に書いてある、自民・公明両党が提示した修正案を見てもなお、「組織された集団」「準備行為」の定義が曖昧で、依然として、恣意的な運用、つまり“言論統制”“思想弾圧”を招きかねない物になっている。

前回のエントリーにも書いたように 「 法案は 忘れた頃に そっと出し 」 で成立も怖いが、もっと怖いのは、成立直後は無理な運用はせず 『 言論統制とか騒いでたヤツがいたけど、そんなこと全然ないじゃん。バカじゃね? 』という風潮が蔓延し、<人権擁護法><国民投票法案><サイバー取り締まり法>といった他の一群の“ 言論統制法 ”も成立してしまうことである。以下、一部が孫引用になってしまうことも承知の上で、踊る新聞屋-。 不唖死逗武がやってきます、おめでとうございますより引用。
(前略)
 そうゆう人たちが欲しくてたまらないのが、共謀罪だったりする。
 「共謀罪で慌てているのは、悪いことを考えている奴らだけ」「盗聴法ができた時、左巻きの連中やプロ市民は『盗聴時代がやってくる』と騒いだけど、どこが盗聴時代だ?」

 表に出ている盗聴捜査件数ってのは、本当なんだろうか?
「入社直後の五七年、盗聴器の開発を依頼され、六○年代初頭まで約二百五十台納入しました。警察は『麻薬密輸事件などの犯人取り調べに使う』とうそをつき続けていました」http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/eye/03-3.php3
 官僚は狡猾だから、世論の動向をしっかりと見ている。盗聴だって、無茶な使い方は“法の枠外”で行うし、恐らく共謀罪が成立しても、いきなり非道い適用というのはないだろう。
 少しずつ、ユデガエルか茶色の朝か、いろんな論評や事件を利用しつつ、共謀罪が使われていく。
坂本弁護士の所属していた事務所が公安による盗聴に対する国家賠償請求事件を担当していたため、警察が坂本事件の捜査をサボタージュした疑いが強いことが指摘されていますが、警察がオウム事件を根拠に盗聴の必要性を主張するとすれば、ブラックユーモアとさえ思えます。http://www.ilc.gr.jp/kaigisitu/touchou/giron1.html
(後略)
盗聴法の時と同じく「テロ対策法である<共謀罪>ができて、日本はより安全となった。あの時制定しておいて良かった♪ by 小泉」といったようなプロパガンダがマスメディアを通じてなされ、数々の法律に細切れに分割された“ 言論統制法 ”たちが一個一個、成立していく。そして万全の体制が整ってから、おもむろに、その法律群を恣意的に運用して「言論統制」「思想弾圧」を行い、気に入らない言動の者を、社会的に“粛清”する(※参考:踊る新聞屋-。 共謀罪、無罪でも「目的」達成)手も足ももぎ取られ、外堀も内堀も埋められた、と庶民が気付いたときには、疑問の声すらあげられないような体制が出来ている、という寸法だ。権力中枢の近辺にいる者たちの、下卑た笑い声が聞こえてくるようである。彼らは本気で、<共謀罪>のような法律を制定することが、日本のためになる、と考えているのだろうか。

政府筋が「継続審議」への意思を明らかにしたので、「いいげるブログ」としても「共謀罪への“継続注視”を行っていく」という意思表示を込めて、新しく 【検閲】共謀罪 というカテゴリーを設けることにした。今日までの<共謀罪>関連のエントリーを全て、このカテゴリーに分類したので、是非、ご覧頂きたい。

最後に、丸山真男著『現代政治の思想と行動』(未来社)より、ドイツのマルチン=ニーメラー牧師(1892.1.14~1984.3.6)の告白を再び引用して、このエントリーを終わりにする。
ナチスが共産主義者を弾圧した時 私は不安に駆られたが
自分は共産主義者でなかったので 何の行動も起こさなかった

その次 ナチスは社会主義者を弾圧した 私はさらに不安を感じたが
自分は社会主義者ではないので 何の抗議もしなかった

それからナチスは学生 新聞 ユダヤ人と 順次弾圧の輪を広げていき
そのたびに私の不安は増大した が それでも私は行動に出なかった

ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた そして私は牧師だった
だから行動に立ち上がった が その時はすべてが あまりにも遅かった
Martin Niemöller
今日のBGM♪ Juno Reactor Acid Moon
続きを読む
| 【検閲】共謀罪 | 10:53 | Permalink | トラックバック:4コメント:0




| ホーム | 次ページ

09 | 2005/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
つーかもう4年目…。
igel_jp@hotmail.com
Twitter ID: @igel_jp
Twitter別垢: @igeljp

はてブどうしよう…。
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (19)
  • 音楽 - アレンジ曲 (58)
  • 音楽 - DJ IGEL (11)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (47)
  • 音楽 - ニュース (6)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (21)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (28)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (13)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (32)
  •  └ リアル俺屍攻略 (4)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (14)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (8)
  • PC, IT, Internet, etc. (24)
  • Video Games (134)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  •  └ Cities: Skylines (14)
  •  └ Borderlands2 (12)
  •  └ Crusader Kings 2 顕胤の野望 (62)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (33)
  • 酒 食事 グルメ (16)
  • 夢 (27)
  • 卜占、心理テストほか (8)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・渇き (11)
  • 日常に潜む不条理 (15)
  • 昔のこと (5)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (34)
  •  └ COVID19 Fake Pandemic (12)
  •  └ 電磁波過敏症 体験記 (3)
  •  └ 気象兵器 人工地震 等 (9)
  • 人間関係 (8)
  • 雑記 (87)
  • 僕の見た秋田。 (8)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (5)
  • Digital Divide - 情報格差 (29)
  • お知らせ・更新情報等 (32)
  • アクセス解析@Igelblog (8)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • 情報操作 (71)
  • マスコミ (54)
  • メディアリテラシー (50)
  • 全体主義の足音 (38)
  • SNS (35)
  • 人間という家畜 (35)
  • Twitter (33)
  • ツイート保管所 (32)
  • 安倍晋三 (29)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) (23)
  • House (22)
  • ネット上の情報統制 (22)
  • 集団ヒステリー (19)
  • 予想&妄想 (19)
  • 日本社会_日本人論 (18)
  • ネタ (17)
  • 心理学_洗脳 (16)
  • 金融 (15)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • Rock (10)
  • 著作権 (10)
  • 格差社会 (10)
  • Traktorとか (9)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (9)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 5G (8)
  • 超監視・管理社会 (8)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (7)
  • PCR検査 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • シャドウバン (6)
  • お役所_官僚 (6)
  • ワクチン (6)
  • 空の写真 (6)
  • GeForce (6)
  • Trance (6)
  • 顕胤の野望_番外編 (6)
  • LTE_4G (5)
  • 新型肺炎 (5)
  • 自由民主党 (5)
  • パンデミック (5)
  • ツイート保管庫 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (5)
  • 報道統制 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • テロ (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 教育 (5)
  • Chill_Out (5)
  • R-TYPE (5)
  • 前原誠司 (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 外資支配 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • イラク (4)
  • 競馬ブック (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • バイオハザード (4)
  • ケムトレイル (4)
  • Miss_Kittin (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ビラ (3)
  • Skyrim (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ドコモXi (3)
  • フリーメーソン (3)
  • デモ (3)
  • EDM (3)
  • ブッシュ (3)
  • ばけたん (3)
  • 東京新聞 (3)
  • Google_Play_Music (3)
  • ロシア (2)
  • 電通 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • 与野党グル_与野党プロレス (2)
  • HARRP (2)
  • WiMAX (2)
  • 新型コロナウイルス (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • 気象兵器 (2)
  • 畠山鈴香 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 人工地震 (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 尾崎豊 (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • 東京五輪2020 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 自殺 (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • イラン (2)
  • 中国 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 日記 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 東京オリンピック (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • 東京マラソン (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • いじめ (1)
  • 石井紘基 (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • 天木直人 (1)
  • 年金 (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 100ワニ (1)
  • 統一教会 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 中止だ中止 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • 武部勤 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • ねこ画像 (1)
  • 内部告発 (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2020年07月 (2)
  • 2020年06月 (7)
  • 2020年05月 (15)
  • 2020年04月 (18)
  • 2020年03月 (24)
  • 2020年02月 (21)
  • 2020年01月 (32)
  • 2019年12月 (30)
  • 2019年11月 (38)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (3)
  • 2019年06月 (4)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (6)
  • 2018年09月 (2)
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (3)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland