自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



クリスマスに独りでデートしてみる
クリスマスに独りでデートしてみる




ちなみに、昨年のクリスマスはこうでした。

タグ: ネタ
| 思想、風潮、当世気質 | 16:43 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



「徳利イカ」? 烏賊とっくり?
■熱いのを入れると風味絶妙「徳利イカ」復活  (読売新聞 - 12月20日 16:27)

熱いのを入れると風味絶妙「徳利イカ」復活普段は日本酒は飲まない ( そもそも晩酌をしない ) けど、この画像を見たら飲みたくなってきた。

mixi内部の某日記によると、うちの県内の土産物屋でも売ってるらしい。

あと、ヒレ酒も未だ飲んだことが無いので、いつか美味しいのを飲んでみたい。

そもそも酒に弱い上に、日本酒は飲んだ後に大変なことになるので、やるとしたら、自宅でコタツに入ってチビチビ、がいいかな。先日、友人がなめろうを頼んだので、我慢できなくなって一緒に熱燗を飲んだらあえなくグロッキーとなりました。

なめろうと言えば、ウィキペディアによると、なめろうをご飯の上に盛り、お茶をかけて茶漬けとした 「孫茶(まごちゃ)」 というものがあるらしい。色川武大よろしく “ 白米中毒(*1) ” になりつつある私にとっては、こたえられない食べ物だ。

お茶漬けと言えば、山口瞳の 「男性自身」 にあったお茶漬け(*2)もまだ試していない。『 ご飯の上にたらこを半腹ほどのせてちりめんじゃこをその上にわしづかみで一つかみのせ、ごまをたっぷりかけてお茶を注いで食べる 』 ……。キーボードを叩いているだけで、よだれが出てきそうだ。

なめろうの友人いわく、お茶漬けするには玄米茶がお薦めだそうである。なめろうと違い、こっちは材料さえあればすぐ作れるので、塩味をきつめにして、烏賊とっくりのツマミとして食して見たい。

烏賊で塩味と言えば、烏賊の塩辛の味が、ようやく分かるようになってきた。

小学校卒業時まで一緒に住んでいた祖父が酒飲みで、毎晩のように塩辛で日本酒を飲んでいたので、塩辛は身近にあったが、小さいときにつまみ食いして、独特の発酵した味が気持ち悪く感じられて、長らく敬遠してきた。しかし、昨日、友人と飲んだ時に久々に口にして、その旨さにしばしジーンと感じ入ってしまった。残念ながら、そのとき飲んでいたのは甲類焼酎だったが。

甲類焼酎も、銘柄選びさえ誤らなければ安くて旨くて気分よく酔え、翌日に残らないから、ある意味最高の酒と言えるだろう。

塩辛嫌いを脱する起点となったのは、なめろうの友人に教えられた、酒盗なる食べ物のせいだろう。酒盗も、なめろうに劣らず酒がどんどん進んでしまうので、私のように酒に弱い者にはすこぶる危険な喰い物だ。

やや熱めのぬる燗(人肌)を烏賊とっくりに注ぎ、酒盗、イワシのなめろう、生牡蠣(今ちょうど旬だ!)、きくわた、青菜漬(白菜キムチも少量オマケであるとなお良し)、牛さがりの煮込みも食し、シメめはちりめんじゃこのお茶漬けでさらっと……。俺も、色々悪いことを覚えたもんだ。

しかし、ニュース記事に戻るが、福井県では 「徳利イカ」 と言うらしい。「烏賊とっくり (烏賊どっくり)」 という言葉に慣れているので若干の違和感が。


*1 阿佐田哲也 著 『無芸大食大睡眠』 集英社文庫 p.206-210

*2 山口瞳 著 『男性自身 傑作選 熟年篇』 新潮文庫 p.126
もともとは、『中央公論』 の丸元淑生氏の連載記事にあった一節らしい。
| 酒 食事 グルメ | 01:01 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【車】 ロケットパワーにんじん君ツインGT
(※「ロケットパワーにんじん君ツインGT」 に関する最新記事はこちら。)

ロケットパワーにんじん君ツインGT電気回路としては “意味がない” 形状にもかかわらず、車のバッテリーにつけるだけで 『 ★馬力はアップするわ ★トルクは(若干)太るわ ★燃費は良くなるわ 』 という怪しさ満点のカーアクセサリー 「 ロケットパワーにんじん君ツインGT 」 を買ってみました。

お値段、約2万円。私の車の場合、月1回6000円ほど給油するだけなので、仮に燃費が10%向上しても、元を取るには3年くらいかかる計算になりますが 「60日間の返金保証」 もあるし、余りの胡散臭さに逆に惹かれて買ってしまいました。ホンダの正規ディーラー「Honda Cars 東海・岐阜中央」で取り扱ってるってあたりもいい味出してます(^^;

本日届いたので、雪が降る前にさっそく取り付け。5分ほど暖気運転をしてエンジンルームを暖め、濡らしたティッシュ&乾いたティッシュで軽くお掃除して取り付けました。

アコードユーロRに取り付けたら9馬力ほどアップしたらしいのですが、取り立てて、ウチのアコードの走りに変わったところなし。クリープが強くなったと言えば強くなったし、オートマの変速ショックが少なくなったと言われればそんな気もするが、あくまで気がする程度。まあ、まだ街乗りしかしてませんけどね。

返金保証が60日間なのは、自動車によっては、ECUが “にんじん君付きの走り” を学習するのに1ヶ月以上かかることもあるから、だそうです。ウチのアコードも、そのうち走りが変わるかも?

しかし1点だけ、つけてすぐに変わった点がありました。それは、なんとカーオーディオの音質!

最初は 「 あれっ、ボリュームこんなに上げてたっけ? 」 と思ったほど。低音のシマリが、付ける前とは大違いで、すごく音が立体的に感じられるようになりました。それまでは、何となく平面的で、ステレオで鳴ってるはずなのに、音楽がモノラルっぽく聞こえていました。 「古い車だしオーディオ周りはいじってないから、まあこんなものだろう」 と思っていましたが……、同じ車とは思えません。やはり、電気の流れが変わったのでしょう。

「燃費や走りに違いが感じられなかったら、来月あたりに返品してやろう」 なんて考えていましたが、もう、にんじん君なしのカーライフは考えられません! 2万の出費でしたが、音質の点だけで既に満足です(^^)v クルマのステレオ関係をいじるとなると、2万円ではとても収まりませんから。これに加えて、パワーアップや燃費向上を感じられたら言うことありませんね。


さらにこの会社、

1000円の激安オイルに最適の、3000円の燃費向上オイル添加剤

とか、

バッテリーを交換する時代は終わりました。バッテリ回復液 タフマンK

とかいう、さらに怪しい商品をラインナップしてます。にんじん君の燃費向上効果を確認次第、オイル交換がてら、また怪しい通販に挑戦してみようか知らん。


※関連リンク
| クルマ 自動車関連 | 01:04 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



ブログと mixi の使い分け
【温暖化詐欺】 根拠データ操作疑惑と確証バイアス」 という記事をmixi内で公開したところ、「こういうのはもっと声高にblog等で叫んでみては?」 というコメントをいただいた。これをキッカケに、ブログと mixi の使い分けについて考えてみた。

とりあえず 「mixi ブログ 使い分け」 でざっと検索してみたところ、以下のような傾向が見られた。



1.「ブログ=公 ミクシィ=個」 派

2.「ブログ=個 ミクシィ=公」 派

3.「ミクシィ日記を外部ブログと連携」 派

4.「ブログ=ミクシィ 内容同じ」 派



だいたいみんな 1. かな、と思っていたが、2.という逆のパターンもあるのには軽く驚いた。「本音=mixi、建前=ブログの使い分け - Umikaze Blog」 さんのコメント欄にあるmortal氏曰く
やはりはてなの方に好き勝手に書いて、mixiの方には当たり障りの無さそうなことを書こうと思っていますね。mixiの方にはわずかながらネット外での友達がいますから。
だそうである。納得。

なお、「WEB考察ブログ」 さんがmixiの使い分けをやめた理由は
昔と違って、今のmixiは交流っていう感じじゃなくなってきてるのが最大の理由でしょうか。
だそうだ。交流っていう感じじゃなくなってきてからmixiを本格的に触りだした私としては、残念ながら、このあたりの呼吸は分からない。

大方の人は、ブログと mixi の使い分けと言った場合、「好きなことをして周りの人達に感謝されるホームページの作り方」 さんにあるように
ブログ→情報発信。新規の出逢い。
SNS→お付き合い。フォローアップ。交流。
twitter→接触回数のアップ
というところに落ち着くのだろうが、正直、自分にそんな器用な使い分けができる気がしない。そもそも、ブログを始める際にも、「テーマごとに複数のブログを立ち上げたほうが見やすく、アクセスアップにもつながるだろうが、管理も面倒だし、何より、その時の気の向くままに書きたい」 との思いから、政治ネタも音楽ネタも単なる身辺雑記も、書きたいことは何でもこのブログに書き込もうと決めた自分である。

私は、mixi内の日記であろうとも、常に、見ず知らずの人の目に触れる前提で書いてきたし、著作権法の改正だろうが温暖化詐欺だろうが、どうでもいいことと言ってしまえばどうでもいいことなのだ。本当に伝えたいことなら、直接伝えたい人に向けて発信する。本当に隠しておきたいことは、文字しようとしても言葉にはならない。

そして、自分がなぜ、ネット上にテキストを書き散らかすのか、書きたいと欲しているのか、を改めて考えて見ると 「 見てもらいたい 」 という欲求と 「 自分の頭の中身を整理して外に出し、後に検索できるようにしたい 」 という欲求の両方を、同時に満たしているから、ということに気づいた。検索性・分類性・保存性については、自由度の高いブログのほうが圧倒的に有利だ。しかも、人の記憶の曖昧さを考えると、情報は一元管理するに越したことはない。

しかし、mixiの手軽さ、気軽さも捨てがたい。ニュースからそのまま日記が書ける手軽さ、そして反応の早さ、その他のmixi側の工夫、コミュニケーションさせようという工夫は、まさに痒いところに手が届くようだ。ブログのように、独り闇に向かって吠えているような気になることがない。ミュージックの再生履歴、ソングリスト作成は便利だし、アプリにもはまってしまった。mixiが生活の一部と化していて、今止める気はさらさら無い。

結論としては、日記その他のテキストを全てブログに記入し、そのブログを外部ブログとしてmixiと連携させるのが、私にとってはベストの選択のようだ。過去のブログをリニューアルするか新規ブログを立ち上げるか、このままmixiで吠えたりし続けるか、はたまた使い分け派に鞍替えするかについては、とりあえず現時点では未定。

(※2010/03/18 追記)
結局、日記はブログに一本化し、mixiには、外部ブログという形でリンクさせることに決めた。

なお、余談だが、twitterというシステムには問題が多く、現状では明らかにプロパガンダの手段として用いられているため、大変警戒している
| 思想、風潮、当世気質 | 01:08 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【温暖化詐欺】 根拠データ操作疑惑と確証バイアス
筑波大学計算科学研究センターの田中博教授らの研究などによって、“ 温暖化詐欺 ” の実態が明らかになってきたためか、日本のマスコミにも、ようやく、事実に近い報道がされるようになってきたようだ。以下、毎日jp(毎日新聞)より引用。

温暖化の根拠 データ操作疑惑

 地球温暖化の原因を人間活動であると誘導するため、科学者がデータを操作したとの疑惑が持ち上がっている。データは国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書にも採用されており、7日に開幕する国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)への影響が懸念される事態にまで発展している。

 疑惑は先月、気象研究で著名な英イースト・アングリア大のコンピューターに何者かが侵入し、研究者がやりとりした96~09年の数千通の電子メールが公開されたことが発端となった。

 同大のフィル・ジョーンズ教授のメールに、1960年代からの気温低下を隠そうと、「『トリック』を終えた」との記述があったという。温暖化の懐疑論者は「データをゆがめた証拠」と指摘。今月には米下院でも取り上げられ、温暖化に懐疑的な共和党議員が「メールが本物であれば、気候変動に関する科学すべてに疑問が及ぶ」と主張した。

 ジョーンズ教授は声明で、自分で書いたメールとしながらも「文脈から切り離されている」と反論。大学は第三者による調査実施を表明、ジョーンズ教授は職務を離れることになった。IPCCは「報告書の結論は揺るがない」と見解を発表、対応に追われている。

 一連の騒動はニクソン米大統領が辞任するきっかけとなった「ウォーターゲート事件」をもじって「クライメート(気候)ゲート事件」と呼ばれている。COP15を前にした陰謀説もあるが、科学者の間では「温室効果ガスだけが原因と強調しすぎるのは問題」との声も絶えない。

 IPCCは07年、「20世紀後半の気温上昇は人間活動が原因である可能性は90%以上」などとする報告書をまとめ、各国に早急な温暖化対策を呼びかける引き金となった。【足立旬子、田中泰義】

しかし、巨額の宣伝広告費によって操られている、翼賛マスコミ各社もただ手をこまねいてはいない。原子力や排出権取引といった巨額の利権が絡んでいるからだ(*1)。これは朝日新聞の記事だが、なんと 『 COP15「政治合意を」 世界56紙が共同社説掲載 』 だそうである。

なんとも哀れな悪あがきだ、と言いたいところだが、これは馬鹿にならない宣伝効果を生み出すだろう。なぜなら 「地球温暖化は紛れもない事実なのに、それが詐欺だなんて、ネット情報ははやっぱり怪しいな」 という 「確証バイアス」 が働いてしまっている人たちにとっては、「世界56紙が共同社説を掲載するなんて、やっぱ地球温暖化は大変なんだ!なんとかしなきゃ!」というバイアスを強めてしまうだろうからである。

確証バイアス - Wikipedia

確証バイアス(かくしょうバイアス)とは社会心理学における用語で、個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象である。
例えばグループに一人だけAという女性がいた場合(他は全員男性)、Aが様々な行動を示していたにもかかわらず、自分(男性)が持つ女性への固定観念に合致する行動だけを特別に認識して、「やはり女性は○○である」という結論を導くといった行為を指す。

既に巷には

  地球温暖化=二酸化炭素が原因=真実

という誤った固定観念が成立している。「不都合な真実」をはじめとする一連の洗脳映画、日々のインチキテレビ報道に加え、判断力が未熟な児童生徒らに対し、義務教育段階ですでに事実として教え込んでいるから、この洗脳は “ 小泉売国の礼賛 ” をはるかにしのぐ強力さである。

「真理は常に輝いている(*2)」 というお釈迦様の言に従えば、今後も続々と、「温暖化=CO2原因説」の嘘を暴く情報が流れるだろう。それはおそらく、インターネットをはじめとする、翼賛マスコミ各社以外の経路が主となるに違いない。

自分の固定観念を変えることには、著しい苦痛が生じる。学生時代、小泉売国の実態を友人らに話した際には、その中の一人が 「 要するに、小泉さんは良くて他の奴らが悪いんやろ!! 」 と怒り出して話にならなかった。温暖化詐欺に洗脳されきっている人たちに実態を伝えれば、これと同じ感情的な反応が頻発することは目に見えている。

温暖化詐欺以上に、温暖化詐欺に洗脳されきっている人たちの確証バイアスをどう取り除き、脱洗脳していくかが、今後のポイントとなるだろう。


*1


*2 アルボムッレ・スマナサーラ著 『般若心経は間違い?』 p.151 より


※参考リンク

今日のBGM♪ Red Hot Chili Peppers Otherside
| ニュース全般 | 11:56 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【事業仕分け】 クリスマスを廃止 「効果が国民に見えない」 【ネタ】

事業仕分け、クリスマスを廃止「効果が国民に見えない」

政府の行政刷新会議 (議長:鳩山首相) は13日、概算要求から無駄を洗い出す事業仕分けで 「効果が国民に見えない」 などとして 「クリスマス事業への予算配分を廃止する」 ことを決定した。

東京・市ヶ谷の国立印刷局職員用体育館で開かれた会議の席上では、クリスマス事業を運営する独立行政法人クリスマス運営協会の担当者が 「子どもたちに夢と希望を与える重要なイベント」 「聖夜には信じられないような愛の奇跡が起きる」 と鼻を赤くしながら熱弁をふるい、総額1兆2千万円にのぼる予算の必要性を訴えた。

これに対し仕分け人側は 「子どもたちのためという美辞麗句の裏で、実際に使われている経費は大人のホテル代だのいやらしい目的のものが大半を占めるのはなぜか」 「年々イベントのはじまる時期が早くなっている。今年は10月末からムカつく宣伝を見かけるようになった」 「効果が国民に見えない。少なくとも私は去年一人クリスマスだった」 と厳しく指摘。予算の全面廃止を決めた。

これに伴い、2009年のクリスマスは中止になる見込み。経済に少し詳しい評論家の池田信夫氏は 「童貞でも“もしかして…”という淡い期待とともにコンドームを買い込んでドキドキ過ごせるのがクリスマスの醍醐味。一方的にムダと断じて廃止する事業仕分けは人民裁判だ」 と批判する。とはいえ、今年末は心穏やかに過ごすことができそうだ。

昨年にはサンタクロースの逮捕もあり、年々、クリスマスに対する締め付けは強くなっているようだ。やはり、不況の深刻化と、日本の外資支配に対する無意識の反発がその根底にあるのだろう。

クリスマス中止決定

しかし、よくこういうガセネタを考え付くものだ。感心する。
タグ: ネタ
| 思想、風潮、当世気質 | 11:21 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



| ホーム |

11 | 2009/12 | 01
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (35)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (13)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (72)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland