自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



テトリス武闘外伝 ニンジャステージBGMアレンジ
スーパーファミコンのソフト 『テトリス武闘外伝』 から、小学校の時分から好きだった 「ニンジャ」 ステージのBGMを耳コピー&アレンジしてみました。

(C)1993 株式会社ビーピーエス(Bullet-Proof Software, Inc.)  作曲者:濱田智之(はまだ ともゆき)

バランス調整はヘッドフォンでしたのですが、スピーカーで聞くと風呂場リバーブ状態で気持ち悪いですね(^^; しかし、動画にすると音質が劣化するのはなんとかならないものか…。

おおかた3和音のファミコン音源と比べ、スーファミは最大8音もあって聞き取るのが大変です。原曲をPCに録音して、二分の一倍速再生などの邪道テクを駆使したのですが、伴奏はおろかメインメロの尺八ですら何かおかしいです。

しかし、原曲はシェイクしたベースで始まっているので、サウンドテストで聞いてもイントロ部分はリズムがずれているように聞こえしまいます。原曲のベース・フレーズを残したまま、何とかならないものかと工夫してみましたが、どうにもならずに大幅変更とあいなりました。冒頭に 「カッカッカッカッ」 という音が入っているのは、実を結ばなかった工夫の名残です。消すのめんどくさくて…。

他にも、色々おかしいところはありますが、まあ、アレンジということで……。

mp3のダウンロードはこちらからどうぞ

※関連リンク
| 音楽 - アレンジ曲 | 13:40 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【日経225先物】機関投資家にしてやられた気分
20100122日経平均先物まだ本日は後場が残っているが、前場終了時点で、完全にしてやられた気分だ。

今週火曜、週足MACDヒストグラムの傾きこそ弱いものの、日足MACDがデッドクロス、一目均衡表の転換線を下抜き、と下落サインが整い、わざわざ前日安値をブレイクするのを見届けた上で満を持して売り玉を投入。その夜、ドル無限印刷状態のアメリカ市場が、祝日明けお約束の理由無きバカ上げを演じたものの日本市場はそれについていけず、翌日は再度下落。そして昨日、日経平均は前場寄付きからさらに10650円を割り込むまで下落して、売りトレンドが完全に固まったかに見えたが、そこから怒涛の200円以上の爆戻しが発生。自己ルールに沿って粛々と損切り、11万円の損失を確定して、そして一夜明けたらこれだもの。

20万の利益だったのに11万強の赤字とは、差し引き30万円も損した計算だ。返せ俺の金!

まあ、「前日高値&安値更新」 をバカの一つ覚えのように玉建て、仕切りのサインとしている、極めて保守的で古臭い私の手法が今の相場に合っていない、と言えばそれまである。昨日の午前中の段階で、狩られるのを覚悟で建値と同値にストップを移動してさえいれば、少なくとも損失自体は防げた。前日高値を上抜いたと言っても単なる綾、誤差の範囲で、今回の場合、単純に、損失は私のミスだ。

しかしながら、こんなことが起こると 「 “ ただの紙切れ ” でしかない円やドルといったペーパーマネーで、電子化によって紙切れですらなくなった株を売買するという “ 究極の茶番劇 ” の前では、GSに代表される機関投資家のパワーの前に、私のような素人は屈するしかないのだろうか 」 という気分になってくる。

ゴールドやガソリン、プラチナやゴムといった “ 現物資産 ” の値動きが、よっぽど真っ当に見える。もっとも、2008年の原油バブルや、数年前まで妙に安く押さえ込まれていたゴールドを見れば分かるように、商品市場も、レバレッジを掛け捲った虚のマネーによって恐ろしく汚染されてはいるが。
| 相場 Money Game | 11:30 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



喫茶店「チャオ」に行ってきた
喫茶店「チャオ」に行ってきた1    喫茶店「チャオ」に行ってきた2    喫茶店「チャオ」に行ってきた3

車好きの友人から 「店の中にテスタロッサが停まっている喫茶店がある。見に行かないか」 と誘われ、桜田にある喫茶店 「 チャオ 」 に行ってきました。

いざ喫茶店に着くと、道路から見えるところに真っ赤なフェラーリがディスプレイされているではないか!何回か通った道なのに、なぜ今まで気付かなかったのだろう。

その友人は一眼レフを持参。店に入る前から緊張した様子で、入店後には、まさによだれをたらさんばかりの表情でテスタロッサに目が釘付け。そのただならぬ(?)雰囲気を感じ取ったのか、店のマスターは、我々を速やかに車のそばまで案内してくれました。

助手席に座らせてくれたり、エンジンやトランクルームをあけてくれたりと、我々が一見さんにもかかわらず、マスターは気さくに車を紹介してくれました。「助手席のガラスだけシリアルナンバーが入っていない。前のオーナーがぶつけて修理したんだろう」 とか、ほとんどRRなエンジンを見て 「やっぱり赤アタマ(Testarossa)だ」 とか言ったりしている間に車談義が止まらなくなって、30分くらい、注文もせずに延々と車の前で三人してあーだこーだとやっていたら、お客さんが一人帰宅 ランボルギーニのキャブ車の話とか、ちょっと私レベルではついていけない話題も多かったのですが、テスタロッサを間近に見ているだけでうっとりモノでした。

この車、ちゃんとナンバープレートも取得していて、だいたい年間2000kmから3000kmくらい走っているそうです。もう20年以上も経つ車ですが、すごく丁寧にレストアされていました。さすがに古いマシンのため、性能面は今の車に比べると見劣りしますが、この官能的なスタイルと言ったら!後継モデルの512TRをはじめ、他のフェラーリにはない、テスタロッサならではのものです。

我々がテーブル席に戻ると、待ってましたとばかりにマスターがテスタロッサのパンフレット等を持ってきて、やはりひとしきり車談義。時々他のお客さんの相手をしつつ、結局、さらに30分くらい三人して話し込みました。

話はマスターの車遍歴へと移り、一時はこういったスペシャリティーカーを4台も所有していたことが判明!若い頃、近所のタイヤ屋さんの社長の家に3年通いつめてワーゲンポルシェを譲ってもらった話から 「 本当に欲しいと思ったら、向こうからモノがこっちに来てくれる。金があるなしじゃない 」 なんて仰っていましたが、どうしてこうして、今のテスタロッサのレストア代だけで締めて600万! 「他の商売がダメになって、今はこれ」 なんて言ってましたが、喫茶店だけで600万円は出てくるの?しかし 「4台も持つと、普段乗ってないあの車も乗ってあげなきゃって思うから逆にストレス。車は多くても2台まで」 という発言には説得力がありました。

入店から小一時間経って、ようやく飲み物が到着。友人はブラックのエスプレッソとミルクジェラート、私はエスプレッソ・コン・ジェラート(つーか飲み物じゃない)という、実は同じ物を別形態で注文したのですが、今まで延々と 「ああいうクルマ欲しー!」 系統の言葉ばかり言っていた友人がエスプレッソを一口すするなり急に顔がマジになって 「 このエスプレッソには、ちょっとなかなか出会えないぞ 」 とひとこと。それを聞きつけたマスターがまたも駆けつけてきて、今度はコーヒー談義がスタートすることとあいなりました。

コーヒーは専門ではないとは言え、友人はプロの料理人。イタリア・フランスでの体験やらテレビ関係の仕事をしたときの話やらを強引に応用しながら、マスターと語る語る。そもそも、胃腸が弱いこともあって普段はまずコーヒーを飲まない私にはもう完全についていけず、時節相槌をうって先を促す以外はすっかり聞き役に徹していましたが、なぜバニラじゃなくてミルクジェラートなのかから始まって、アメリカとヨーロッパのカフェ文化の違い、果ては仙台に店を出したいというマスターの個人的な身の上話に至るまで、色々参考になりました。豆のブレンド、煎り方、コンテストで優勝した人のお店にカプチーノを飲みに行ったら悲惨の一言で、なぜそうなってしまうのかなどなど、コーヒーの奥の深さに触れられた気がしました。

二杯目はマスターの奢りで、自慢のエスプレッソ(ミルク・砂糖入り)をご馳走して下さいました。正直、コーヒーの味はよく分かりませんが、濃くまろやかですっきりと甘く、非常に飲みやすいものでした。「世界レベルのエスプレッソ」 「イリーよりずっと旨い」 というマスターの自画自賛は伊達じゃないようで、友人ともども 「もう、他のエスプレッソは飲めないかも」 と賞賛しました。少なくとも、薄くて酸味の強いアメリカンスタイルのコーヒーは、ちょっともう、飲みたい気はしませんね。

夕方、ちょっと立ち寄る感じで、結局、この喫茶店に二時間以上も長居してしまいました。気さくさと職人気質のコダワリが同居しているこの店のマスターは、柏倉さんという方。店の雰囲気も、マスターと同じく気取らない感じで、開放的で居心地がいいものでした。これから何度も通って、この店を “ 攻略 ” していく必要がありそうです!


※関連記事
| 酒 食事 グルメ | 01:31 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



氷上の足跡
氷上の足跡1    氷上の足跡2    氷上の足跡3

池に張った氷に足跡が。サイズからすると小学校低学年か。端のほうではバリバリ割れているが、この人は池に落ちなかったようだ。
| 雑記 | 21:27 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【1回中山3日】 ブック無双発生
本日(というか昨日)、久々に、福島競馬場へ行って友人と競馬しました。友人は浮いて終わったのに対し、自分は 「 競馬新聞は当ててるのになぜが取れない 」 という不条理に苦しみました(x_x)

帰宅後、頭を冷やして新聞の予想と結果をチェック。すると、驚きの結果が!

私は、素人のクセに新聞だけは通人っぽく 『競馬ブック』 を買っていて、今日も 『競馬ブック(中山版)』 を利用したのですが、今回は

1R ×
2R ×
3R 本紙予想・3連複:13,180円 COM3連単:71,600円
4R ×
5R 本紙予想・3連複:6,340円 COM3連単:30,100円
6R ×
7R 本紙予想・3連複:990円 COM3連単:2,750円
8R 本紙予想・3連複:8,180円 COM3連単:32,600円
9R 本紙予想・3連複:1,200円 COM3連単:7,530円
10R 本紙予想・3連複:2,250円 COM3連単:12,800円
11R ×
12R 本紙予想・3連複:18,820円

と、12レース中7レースで 『競馬ブック』 の 「本紙予想」 で印がついている馬が1着~3着を占める、という結果に!関西版に比べると評価の低い関東版ですが、本日は 「 ウチが印をつけた馬だけ買っとけ 」 という 『競馬ブック』 の真骨頂が見られました。

ちなみに、『競馬ブック』 の本紙予想の7頭で、毎レースごとに3連複をボックス買い(35点)したとすると、1点100円ずつとして

総投入資金 : 3,500円×12R=42,000円
総回収金額 : 50,960円

と、1万円ちかく収支がプラスに。

さらに、『競馬ブック』 には人間の予想に加え 「 コンピュータ3連単 」 なるものがあるのですが、そちらの方を毎レース60点ずつ(!)買いあがったとすると、1点100円ずつとして

総投入資金 : 6,000円×12R=72,000円
総回収金額 : 157,480円

と、持ち金が倍になった計算です!

75%の資金が返ってくれば “ 勝ち ” となる計算で動いている、ギャンブルというよりもレジャーとしての側面が強い ( と私には感じられる。だって運営資金と税金で25%も取られる時点で儲からん ) 競馬にあって、資金2倍は凄まじいパフォーマンスと言わざるを得ません!

配当金については、実際の競馬ファンの投票行動 ( 他紙の予想との違い ) によって大きく左右されますし、それ以上に、今回はたまたま調子が良かっただけなのかも知れません。ついでに言えば、本紙予想以外の人間による予想はほとんど当たっていませんが、それでもなお、『競馬ブック』 の恐ろしさを、改めて感じさせられました。そこで、まことに勝手ながら、【2010年1月10日(日) 1回中山3日】 を “ 競馬ブック記念日 ” とさせていただきます\(^o^)/


競馬ブックのバックナンバーを調べて、統計処理してさらに回帰分析して……なんてことをする気はありません。(そんなことをしたら “仕事” になっちゃいますから。その場の自分の思いつきと戯れるのが、競馬という娯楽の最大の楽しみだと思います) しかし、今年いっぱいくらいは、競馬に行った日には、競馬ブックの 「本紙」 と 「COM」 パフォーマンスをチェックし続けたいですね。

しかし今回は、場体重の極端な増減やパドックでの仕草等々から、競馬ブックの予想に自分の色を付けていったらことごとく裏目に出ました。まだまだ勉強です。
タグ: 競馬ブック
| 競馬 keiba | 01:27 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



すれ違う日々
マラソンランナーのような格好をした見知らぬオッサンから、にこやかに声をかけられる。「この前、宮城まで走りに来ておられましたよね?」 仙台には、俺にそっくりのランナーがいるらしい。

今回の場合は、人違いであることが確認できただけまだ良いが、13の時にこの町に越してきてから、道端で見知らぬ人に挨拶されることが未だに無くならない。昨年は、友人に連れられて初めて入ったお店で 「 やあ、久しぶり!また来てくれたのね♪ 」 と言われたことがなんと二回。一回目の方は人違いであることを頑として認めてくれなくて、というか先方が必死に、私の “ 記憶 ” を呼び覚まそうとして色々やってくれたので参った。

再度、その方と会うまでの間に “ もう一人の私 ” がその店を利用したそうで、そこでも似たようなひと悶着が起こって、そしてようやく、私と “ もう一人の私 ” が別の人間であることが分かったとのこと。大都市ならともかく、人の少ない閉鎖的な地方都市でこの有様は結構不気味だ。

仙台といえば、塾講バイト時代に教え子から 「先生、昨日彼女とデートしてたでしょ!アーケードの入り口のところで見ましたよ。結構カワイイ彼女さんですね」 と言われたことがある。もしかしたら、このとき教え子が見た “ もう一人の私 ” が、今はランナーをしているのかな、などと考えながらエレベーターに乗り込み、目的の階に到着して扉が開いたその刹那、2mほど前方にいたオバチャンがキッと私を見据え一言 「雨止んだ?」。何の脈絡もなしに話しかけられ虚をつかれたのと、オバチャンの眼力が妙に気合が入っていたのに射すくめられてしまって、思わず 「止んでたはずです」 と返答してしまった。外に出たら、雨がみぞれになってじゃんじゃん降っていた。

とかく、私はよく、見ず知らずの人から話しかけられる。高校の先輩に会いに新宿へ行った際は、新西口で迷ってしまいキョロキョロしていた時に道を尋ねられた。でかいドラムバッグを肩にかけ、おのぼりさん丸出しで行ったり来たりしていたというのに。

数年後、別の友人に会いに行くため、またも新宿駅に降り立ったら (今度は東口周辺で右往左往) 、またも道を尋ねられた。私が単独で新宿駅に来た場合に、道を尋ねられる確率は現在100%である。

また、以前京都に行った際も、いきなりオッチャンから話しかけられ何か聞かれた。関西弁が理解できずなんともしようが無かった。私は明らかによそ者だろう。関西に行くと、本当に顔の作りが違うんだな、青木雄二の漫画に出てくるような顔立ちばっかりだな、とまず感心する。

「近づかないでオーラが出てる」 とすら言われた私は、学校やサークル、会社といった組織・集団内ではまず話しかけられない方だが、公共空間におけるこのギャップは何なのだろう。

ちなみに、冒頭の人違いはダイエットのために通っている ( むしろ体脂肪率そのままでウエイトアップしちゃってるが ) スポーツジムで起こったことだが、ジムからチェックアウトしようとしたら私の会員カードが無かった。俺は田島じゃない!

チェックインとチェックアウトの際、いちいち名前を確認しているのに、なんでこんなミスが起こるのかちょっと不思議。後から後から人が来るので、運動中で出られなかった電話にコールバックしつつ、受付のお姉さんが仮カードを作ってくれるのを待つ。

その電話は遊びの誘い。今日は花の金曜日、しかも明日から三連休だ。しかし今晩は用事がある。身内の、しょうもない用で、夕食後に祖父母のもとに行かねばならん。

家に帰ってきてPCをつけ、この日記を書いているとまた電話が。やはり遊びの誘い。なんで、友人からたまに誘われる時に限って、どうでもいいような、しかしキャンセルすると後々面倒な用事が入っているんだ。

ここまですれ違いの1日ったのだから、これから祖父母のところに行っても、用事を済ますどころか、寝てたりして家に入れないような気さえする。まあ、そのときのために合鍵を持っていくのだが。


上記の内容とは全く関係ないが、本日聞いていた曲。

Inside there is gentleness.
Calm preceding tears.
I'll cry again, cry again.
Moment of toil, moment of toil.
Call the Gods to answer me.
Hear me say 'Oh, heal my pain'.
Call the Gods to answer me.
Frika come!
Frika come!


Frika's day が Friday らしい。ってことは、ここだけすれ違ってないんだな。
| 日常に潜む不条理 | 18:58 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



【中山9R】チェリーソウマ惨敗
【中山9R】チェリーソウマ惨敗

本日(っていうかもう日付が変わっちゃったので昨日)、中山競馬場 第9レース 「ジュニアカップ」 に格上挑戦したチェリーソウマ号でしたが、大方の予想を遥かに超越したビリ独走という結果に終わりました(;_;)

前回に続いての大差しんがり負けですが、また私が応援したから!?

まあ、サクラバクシンオー産駒には1600mすら長すぎる、と言ってしまえばそれまでですが、10/10、11/22(前回)、そして今回1/5という中途半端なレース間隔は、素人目には妙に映ります。この掲示板で指摘されていましたが、オープン特別競走において、前のレースで抽選除外になった場合に発生する 「優先出走権」 を得る目的で出馬登録したところ、低レベルなメンバーが集まったこともあり抽選を通ってしまった、と言ったところが真相なのかもしれません。体重は全走から+8kgの488kg、鮮烈なデビュー勝利を飾った昨年六月の482kgに比べても明らかな太目残りで、加えて距離も微妙ですから、陣営がこのレースに勝負をかけてきたようには見えませんし。

追い切りも集中力に欠けていたそうなので、まだまだ幼いだけなのかも。某友人は、今回の出走を 「調教だな」 と言い切っていましたが、レースに慣れていって気性面でも荒さが取れ、これからだんだん成長していってもらいたいものです。

ただの超早熟で、今後も凡走が続きいて地方競馬に移籍してもダメ、気性が荒くて乗馬にもなれず、来年の今頃には桜肉、とかは絶対イヤだー(;_;)
| 競馬 keiba | 00:50 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



前ページ | ホーム | 次ページ

12 | 2010/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
つーかもう4年目…。
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (46)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (23)
  •  └ リアル俺屍攻略 (4)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (8)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (8)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (66)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  •  └ Cities: Skylines (12)
  •  └ Borderlands2 (12)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (19)
  • 酒 食事 グルメ (15)
  • 夢 (24)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (12)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (79)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (31)
  • アクセス解析@Igelblog (8)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (22)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 著作権 (10)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • Rock (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • 予想&妄想 (9)
  • Traktorとか (9)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • アメリカ (8)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • Trance (6)
  • GeForce (6)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 自由民主党 (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 報道統制 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • 教育 (5)
  • R-TYPE (5)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • 憲法 (4)
  • Miss_Kittin (4)
  • Chill_Out (4)
  • 外資支配 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • イラク (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • Skyrim (3)
  • Google_Play_Music (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ブッシュ (3)
  • ビラ (3)
  • 東京新聞 (3)
  • フリーメーソン (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 畠山鈴香 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • ロシア (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • ばけたん (2)
  • ダビスタ (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • 自殺 (2)
  • イラン (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • WiMAX (2)
  • ライブドア (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • いじめ (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 天木直人 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 年金 (1)
  • 統一教会 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 税金 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 日記 (1)
  • 中国 (1)
  • 動画 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • RECENT COMMENTS
  • いいげる(10/12)
  • 通りすがり(10/11)
  • いいげる(09/22)
  • TheYFO(09/22)
  • いいげる(09/05)
  • とんこつ(09/03)
  • いいげる(08/16)
  • 若造(08/16)
  • いいげる(07/06)
  • 若造(07/05)
  • RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (3)
  • 2019年06月 (4)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (6)
  • 2018年09月 (2)
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (3)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland