自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



鳥取県の人権救済条例には反響多数も、<共謀罪>にはマスコミ冷ややか | main | 郵政民営化関連法が可決・成立 郵政“米営化”本格始動
野田聖子の変節で“岐阜崩壊”か
以下、MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題より引用(リンク先に画像あり)。
野田聖子元郵政相:変節擁護する地元 自民王国は分裂

 小泉純一郎首相が改革の本丸と位置づける郵政民営化法案に反対し、先の衆院選で「ゆるがぬ信念」をキャッチフレーズに当選した野田聖子元郵政相。その後、一転して衆院で法案賛成票を投じた。「造反」と「刺客」の戦場となった地元の今を探った。【根本太一】

 野田氏と佐藤ゆかり氏が火花を散らした「岐阜1区」(岐阜市)の旧中山道に面した野田氏の事務所。自民党結党50年をうたう最新のポスターが2枚張ってある。

 「信念を貫いても、郵政民営化法案成立の流れは変わらない。それよりも自民党議員でいれば、民営化する上での諸問題が是正できる」。自民党岐阜市連の野々村政俊事務局長が、野田氏の変節をそう擁護した。

 しかし、事務所内を仕切る薄板の向こうから「ええ、確かに(民営化法案に)反対と言って当選させていただきましたが……」と、支持者からの抗議電話に弁明する職員の声が聞こえた。

 野田氏の選挙区ではない岐阜市近郊で、祖父の代からの自民党員である特定郵便局長。ここの選挙区の自民党候補は郵政民営化賛成派のため投票用紙を白紙のまま出し、比例代表では新党日本に投票したという。

 「元々は官に出来ず民に委託したのが特定局の始まり。今は公務員で世襲批判はあるが、高齢者の家を訪れ民生委員の代わりもしている。なのに悪者扱いだ」。そして言い切った。「賛成に回った政治家の心は理解できない」

 選挙では佐藤氏が「自民党公認」、野田氏は「自民党県連公認」。岐阜経済の落ち込みは激しく、かつて8500億円を超えていた県の一般会計当初予算は今年度約7501億円。うち県税収入は27%の2020億円に過ぎない。自民党の渡辺信行県議は「落下傘で来た人が、地方の悲鳴を国政に反映してくれるのだろうか」と話す。ある公明党県議も言う。「義理人情が厚い岐阜で、個人的魅力もある野田さんへの支持者は創価学会員にも多い」。そのはざまで公明党はいずれの候補も推薦しなかった。

 野田氏は約96000票を獲得して前回03年選挙を4000票ほど上積みした。佐藤氏も81000票余を獲得。「自民王国は崩れなかったが、分裂した」(公明党県議)状況が続く。

 造反組に対して小泉首相は党公認候補への「選挙妨害」を理由に処分を下す方針だ。県連は、造反組で当選した古屋圭司会長(岐阜5区)と幹部4人が辞任し恭順の意思を示したが、佐藤氏は自民党の武部勤幹事長に「厳しい処分」を要求している。

 処分の行方をにらんで、野田氏は11月23日に予定していた「自民党岐阜市連会長」名の政治資金集めパーティーを延期した。県連の小野木節事務局長は「混乱を早急に収拾したい」と言うが、「佐藤さんの顔など見たくもない」(自民党県議)との声も出るほど、党中央と地方との亀裂は深まる。「聖子さんが除名されたら自民党員は減る」との悲壮感も漂う。

毎日新聞 2005年10月14日 13時20分 (最終更新時間 10月14日 13時32分)
かつて風見鶏と呼ばれた中曽根康弘氏の息子弘文氏も、期待を裏切らない鮮やかなまでの変節ぶりを見せてくれた(※参考:スナフキン・レポート♪:★「参議院反対派」・・ 「変節」の罪の重さ)が、それに勝るとも劣らないのが、この野田聖子氏の変節・転向である。「岐阜1区」の有権者をはじめ、神聖なる「国会」という議論の場、ひいては、その「国会」へ代表者を選び、送り込んでいる日本全国の有権者を愚弄する行為であることは言うまでもないが、頑として新党参加を拒み「自分は自民党員だ」と叫びながら選挙戦を戦ったのは、「一転して郵政民営化に賛成し、自民党の代議士としての命脈を保つ」という選択肢を確保するための、小汚い戦略だったのだろう。この分だと、究極の小泉サプサイズ人事 「 野田聖子の電撃復党&入閣、そして後継指名 」 まで、本当にあり得るかも知れない。以下、世に倦む日日より該当部分を引用(リンク先に画像あり)。
組閣人事のサプライズとポスト小泉 - 野田聖子の復党と入閣

 小泉劇場はまだ終わらない。むしろこれから本番が始まる。仕上は新内閣の組閣人事である。結論から先に言おう。郵政民営化法案成立後の閣僚人事は誰もがあっと驚くサプライズ人事になる。目玉は野田聖子の赦免と入閣だ。小泉首相は郵政法案への支持と「小泉改革」への忠誠を条件に野田聖子の復党を許し、許すどころか新内閣の総務大臣に抜擢するだろう。郵政民営化の騒動で軋んだ党内の歪みを寛容の大団円で修復演出して、文字どおり自民党を小泉党にするのである。そして反対派の象徴的存在だった野田聖子に所管大臣として郵政民営化を執行させるのだ。これ以上劇的なドラマの筋書きはない。

(中略)

「小泉改革」の最終ゴールは憲法改正であり、そのためには今回と同じ旋風を巻き起こして参議院選挙で与党三分の二の議席を取らなくてはいけない。それは麻生太郎や谷垣禎一ではできない。小泉純一郎だけができる。だから次の参院選にも必ず小泉純一郎が自民党のトップリーダーで登場する。新しい総理総裁は「小泉改革」をそのまま引き継ぐ人間で、かつ大衆に人気のあるマスコットキャラでなければならない。ポスト小泉の七人を見たとき、その条件を適えているのは野田聖子だけだ。野田聖子が新首相になり、それを小泉純一郎が院政で後見する。

(後略)

前出のスナフキン・レポート♪:★「参議院反対派」・・ 「変節」の罪の重ささんは、
こういうのを、ウヤムヤにすると・・
スナ♪みたいな一般人は、ますます
政治が嫌いになると思いますけど、バカにされたみたいで・・
と言っているが、実際、小泉自民党執行部の狙いは「 国民をバカにすること 」なのではないだろうか。「バカにされた」と気付かない人間は、先の衆院選のように、小泉贔屓のマスコミ(※詳しくはこのエントリーで)に煽てられて自民党に投票するだろうし、「バカにされた」と感じる人間が、政治不信・政治離れを起こし、投票に行かなくなれば、批判票が野党に流れるのを防ぐことが出来る。かつて森善朗氏が首相時代に言った
「(無党派層は)そのまま(選挙に)関心がないといって寝てしまってくれれば、それでいいんですけれども」
という事態を、人為的に引き起こしている、と言ってしまっても、間違いとは言えないだろう。

なお、自民党の「小泉内閣の支持者は低IQ」という見解は、参院自民党の南野知恵子法務大臣も公式に認めたものである。以下、民主党 郵政民営化の政府広報に関する南野法務大臣の委員会答弁についてより引用。
2005年07月01日
 
郵政民営化の政府広報に関する南野法務大臣の委員会答弁について


民主党『次の内閣』ネクスト法務大臣
簗瀬 進


 6月29日の衆議院郵政特別委員会において民主党の山花郁夫議員が、郵政民営化のための政府広報発注企業が作成した資料の中で主婦や高齢者をIQの低い層として示し、広報戦略を提案していることが「人権問題ではないか」と質問したのに対し、南野知恵子法務大臣は、「合理的な理由のある区別は人権侵害には当たらない」、「特定個人を誹謗中傷するなど、特定個人の人格を攻撃するようなものでない限り、人権侵害には当たらないと考える。」と答弁した。30日の同委員会での補足説明も、基本的には同じ見解を繰り返したものであった。

 ある集団に対する不当な差別は、当然その集団に属する個々人への差別であり、人権侵害にあたる。人権擁護の職務を担う法務大臣の発言としては、到底容認できるものではなく、直ちに発言の撤回を求める。


以 上

※関連記事

今日のBGM♪ x-dream telegram
関連記事
| ニュース全般 | 19:30 | Permalink | トラックバック:1コメント:2



コメント
TB御礼
こんばんは。TBありがとうございました。
私の拙い文をご紹介下さいまして、恐縮です。^^”

それにしても、郵政民営化法案可決・・
「う~ん、何だかこれでよかったのかどうか」
って、今更ながら、オモイマス。
2005.10.14 Fri 20:45 | URL | スナッチャー [ Edit ]
コメントありがとうございます。
スナッチャーさんのエントリーを読んで「素直な文だな」と感じたので引用させてもらいました。読む人の心に、スッと入ってくる力を持っていると思いますよ。

郵政“米営化”法案が成立しちゃいましたね(^^; まあ、「第二の公共予算」と呼ばれ、無駄な公共事業の温床になっていた財政投融資は無くなりますし、郵便局のネットワークを維持するために世襲が認められている特定郵便局長の問題も、いずれは解決しなければならない物だったので、悪いことばかりでもないのですが…。

それよりも、共謀罪・人権擁護法・国民投票法・サイバー取り締まり法など、郵政と杉村太蔵氏の不用意発言の裏で、本当に危険な法案が、次々と国会に提案されています。マスコミはほとんど報道していませんが、小泉内閣の本性が、ついに現れました。ぜひ一度、当ブログの 【臨時】検閲・言論統制  というカテゴリーをご覧下さい。
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-category-27.html
2005.10.15 Sat 15:22 | URL | いいげる [ Edit ]
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://igelblog.blog15.fc2.com/tb.php/257-b372b33e
トラックバック
衆院選投票日からちょうど1ヶ月の10月11日午後、郵政法案が可決された。前回は5票差だったが今回は200票を超える大差で成立。造反無所属議員12人のうち、11人が信念を貫くことができず、賛成に回った。平沼赳夫氏のみ、反対票を投じた。がっかりだ・・・郵政法案が通ったこ
| DI★ction★ARY | 2005.10.14 Fri 21:45
| ホーム |

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (35)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (14)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (13)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (72)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland