自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



成立寸前の<共謀罪>「報道ステーション(テレ朝)」で報道さる | main | <共謀罪>不意打ちで今日、審議再開
“総研”も“伊藤公介”も出てこなくなった耐震強度偽装事件
本当は、「国連の条約」の恣意的な解釈によって生まれた “ 平成の治安維持法 ” こと<共謀罪>が今週中にも成立だったり公安さん大集合だったりでそれどころじゃないのだが、衆院千葉7区補選で自民党が負けた事だし ( というか、自民党議員の選挙違反が補選の原因なので、自民が負けて当たり前なのだが ) 、今回は敢えて、<共謀罪>のことをほぼ全く取り上げていない翼賛マスコミの議題設定に乗っかって、久しぶりに 【耐震強度偽装問題】 についてのエントリーを書いてみたいと思う。

姉歯元建築士の妻の飛び降り自殺(?)を受けてか、今ごろになって急に事態が展開してきたようで、マスコミ各社でも色々な報道がなされているが、その中でも気になったのが、以下に引用する、日刊ゲンダイの記事である。
2006年4月18日 掲載
「国策捜査になるのは当たり前だ」と政府高官
耐震偽装事件大詰め

 世間を騒がせた耐震強度偽装問題は、今週にも捜査のヤマ場を迎えるとみられる。警察庁幹部はこう言っている。
「今度の事件の本丸は、あくまでヒューザーであり、小嶋進社長だ。小嶋社長を詐欺で立件できるかどうか。これがダメなら、捜査はハッキリ言って失敗だ」
 これが捜査当局のスタンスだ。
 昨17日、警視庁と千葉・神奈川県警からなる合同捜査本部は、木村建設の木村盛好社長や篠塚明元東京支店長を中心とする幹部から一斉に事情聴取を開始した。事件はいよいよ動き出したわけだが、政府高官はこう突き放している。
「小嶋社長は『これは国策捜査だ』と批判しているらしいが、国が国民の血税を投入して偽装マンションの被害者救済に動いた以上、国策捜査になるのは当たり前の話だ。それがイヤなら、さっさと瑕疵(かし)責任を負って、被害者に賠償すればいい」
 どうやら、小嶋社長の逮捕は時間の問題のようだ。とはいえ、クリアすべき問題点はいくつかある。
「『グランドステージ藤沢』のように耐震強度が基準値の15%しかないような物件を販売したことについては、明らかに詐欺性を問えるだろうが、小嶋社長サイドにどこまで耐震強度の認識があったかどうかだ」と前出の警察庁幹部は言う。もちろん、小嶋社長は「そんな認識はなかった」と言うのだろうが、そこを切り崩すポイントは建設コストだという。
「ヒューザーはより多くの利益を上げるために建設コストを大幅に圧縮していた。このコストでは耐震強度の基準値を満たすことは不可能だった。業者が知らないことはあり得ない、ということを立証すればいいのです」(警察庁幹部=前出)
 そのためにはまず、建設を請け負った木村建設を「落とす」ことが重要になる。木村建設幹部が洗いざらいしゃべれば、小嶋社長の外堀は埋まることになる。【須田慎一郎】
なんと、【耐震強度偽装問題】 は国策捜査扱いだったのだ。どうりで、

“総研”

“内河健”

伊藤公介元国土庁長官”

“山口那津男参議院議員(公明党≒創価学会)”

安晋会 も、

全くメディアに出てこなくなったわけである。

このエントリーにも書いたが、ムネヲ疑惑で捕まった佐藤優氏の著書「国家の罠 (新潮社)」 に詳しい “ 国策捜査 ” というのは、詰まるところ 「 必要とあらば、罪の無いところに罪をでっち上げ、罪があっても不問に帰す 」 ものである。起訴相当とされながら、結局不起訴処分になった山崎拓氏よろしく、安部晋三氏や、総研なども加入しているSG会(≒創価学会)といった権力の中枢には捜査の手を入れず、税金で救済するのが “ 正義 ” であり “ お国のため ” に必要と判断されたのだろう。

なお、宮崎学責任編集「直言」内の 「 魚住取材ノート 第3回「歪になった報道」 」 には、気になる記述がある。以下、抜粋し、一部任意に強調して引用する。
(前略)

しかし、冷静に考えてみてほしい。昨年7月、東京の足立区で震度5強、首都圏全域で震度5弱を計測した地震があった。「震度5強で倒壊の恐れ」が事実なら、震度5弱の地域の偽装マンションやホテルは倒壊しないまでも壁にひび割れぐらい入っていたはずだ。
 ところがそんな報告はなかった。ということは、国交省の発表がかなりオーバーだったという結論になる。子供でも分かる理屈なのだが、新聞やテレビはそれを無視してセンセーショナルな報道に終始した。その結果、耐震強度0.5以下の建物に対する国交省の事実上の「取り壊し命令」が何の疑いもなく受け入れられてしまった。

(中略)

 もう一つ理由があるとすれば、役人たちの責任逃れである。国交省は偽装物件の危険性誇張することで、偽装を見逃したイーホームズの杜撰さや、ヒューザー・木村建設の悪質さを際立たせた。これは世論の怒りの矛先を彼らに向かわせ、本来なら行政が負うべき責任転嫁しようという作戦だったのではないか。そう勘ぐりたくなるほど国交省の対応は不自然で、お粗末だった。
特捜検察の闇」などの著作で有名な魚住昭氏の見解に従えば、この“ 国策捜査 ” には、「 国の責任を曖昧にし、面子を守る 」 という意図すらあるのだ。そうでなくても、姉歯氏やヒューザー小嶋社長、イーホームズ藤田社長、木村建設木村社長だけがクローズアップされ、総研や国の監督責任がまったく表に上がってこなくなった現状はおかしい。かつて「論壇」に
いずれにしても、 “巨悪” 総研の内河健所長は逃げ切る
という投稿がなされたが、“ 巨悪 ” が逃げ切れるような捜査に、どれだけの、事件の再発防止効果があるだろうか。どれだけの “ 正義 ” があるのだろうか。

個人的には、“偽装マンション” 購入者への税金投入には吝かではない。( もっとも、阪神淡路大震災や新潟中越地震の被災者に比べて優遇されすぎている、という不公正感は残るが ) しかしそれも、可能な限り徹底した捜査と、真相究明あってのことである。『 自民党関係者と創価学会員は税金で救済され、何をやっても許される 』 という世の中でいいのだろうか。恣意的な捜査は絶対に許してはいけないし、勿論、それを可能にする<共謀罪>を成立させてしまってはならない。


※関連記事

今日のBGM♪ Goldie Kemistry
関連記事
| 【カルト】創価学会 公明党 | 10:12 | Permalink | トラックバック:0コメント:4



コメント
>“ 巨悪 ” が逃げ切れるような捜査に、どれだけの、事件の再発防止効果があるだろうか。どれだけの “ 正義 ” があるのだろうか。

正義は死ぬかもしれない。しかし、国という巨悪についていく取り巻きは
トカゲの尻尾きりよろしく、一時の利益を得ても結局は切り捨てられていく事を
見に染みて知っていくため、最終的には国そのものが市場から
見捨てられていく運命をも示唆する事件ともいえるのではなかろうか?

かつて国と両輪だったはずの建設業界も段々斜陽化していってるのをも
見るにつけ、官僚が民間の権益を横取りしていってる証左ともいけるでしょう。
そういう意味において今は膿が溜まったままに癌化していく過程だとも言える。
2006.05.19 Fri 12:40 | URL | kaiou [ Edit ]
kaiou さん初めまして
個人的には、今は、従来型の 「 建設利権 」 から 「 福祉利権・介護利権 」 のような物へ、癒着のネタが変化しつつあるように感じます。といっても、いわゆる “ 田中型 ” の衰退と創価学会・公明党の躍進から推察しているだけで、特にこれといった証拠は挙げられないのですが。

あと 『 官僚が民間の権益を横取りしていってる 』 という部分についてなのですが、僕はむしろ、アメリカを根城とする国際銀行家や大企業群に横取りされているような気がします。彼らはアメリカ政府を動かしていちゃもんをつけ、それに呼応して、日本を売った、文字通りの “ 売国奴 ” ( 政治家・官僚・企業家 ) たちがオコボレにあずかっている、という構造です。
(※参考:http://asyura2.com/0601/senkyo22/msg/174.html

kaiou さんの言う 『 最終的には国そのものが市場から見捨てられていく運命 』 というのは、為替の乱高下や株価、そして上がりっぱなしの長期金利などで、目に見える形で市場から示唆されていますが、どうも、これらの指標の動きに 「 神の見えざる手 」 以上の、誰かの恣意が働いているような気がするのですよね。

「 日本が市場に見放されたいため 」 という大義名分で小泉 “ 売国 ” 改革 ( ex. 郵政“米営化”、道路公団売却 ) が行われ、それを受けて株価が上がり、「 景気回復♪ 」 という政府発表が行われる。でも、一部でお金が循環しているだけで、庶民の生活はますます貧しく、社会保障はどんどん縮小していく ( ex. http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-360.html ) という悪循環が見える気がします。ちょっと、サイドバーに表示しているような著作群に毒されすぎでしょうか(^^;

さらに嫌なのは、庶民の不満がうまい具合に、ナショナリズムに吸収されていることです。愛国心や<共謀罪>も、その流れの中にあると思います。話は飛びますが、<共謀罪>が組み込まれようとしている 「 組織犯罪処罰法 」 において、たった2人で「犯罪組織」の前例が既にある http://newsworker.exblog.jp/3921656 ことを見ても、これは大変危険な法案だと言えます。kaiou さんは<共謀罪>に期待している部分もあるようですが、権力者が、自分自身の手足を縛る法律を作るとは、僕には思えませんし、実際、政府案・与党案恣意的に運用できるものになってしますしね。民主党案は問題ない、というわけでもないのですが。
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-category-31.html
2006.05.19 Fri 16:08 | URL | いいげる [ Edit ]
迅速な返事ありがとうございます。こちらのブログでも書いた通り、
共謀罪に対して少し甘い見通しがあったのは認めます。が、その上で
もしも共謀罪を強行採決した場合、それこそは自民党の最後ですよ?
という意味での皮肉として書いたものなんです(^^;

なにしろ運用の仕方次第では戦前における不敬罪、60年ほど前の
治安維持法にも繋がる訳ですが(PSE法案の時でも官僚の恣意的な
解釈がまかり通って混乱を引き起こしたのは記憶に新しいし)、仮に
与党が対抗政党(この場合は民主党)を陥れるために共謀罪を
でっちあげた場合、どんなにマスゴミの援護を受けようとも「インターネットという
巨大な口コミ機関までもごまかせるとは思えない」という部分に期待を
もっているんではあるんです。事実、PSE法案における混乱は
インターネットを通じて様々な法解釈、矛盾などを組織的に教唆する事によって
PSE法案の不条理な部分を僅かとはいえ修正させることに成功しています。
http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori<参考URL

それ以前に今年だけでも恒久減税廃止、消費税率アップの示唆、
来年にも140兆円国債償還問題など自民党にとっての火種には
事欠かない状態での性急な「共謀罪」の成立は自民党にとっての
トドメとも言えなくもないと考えています。

ウチのブログでの論調は、そうした背後関係をも含めて自民党に
「そんな度胸あるんですか?」という問いかけでもあった訳で(^^;

最後に、今のところ、民主党には本当に頭のいい人がいないので、
近く行われるであろう、参議院選挙での大勝は臨めないでしょう(苦笑
2006.05.19 Fri 19:04 | URL | kaiou [ Edit ]
勉強サボってネットしてました
どうも、kaiou さんの意図を読み違えてました。やっぱり、やるべき事をやらないでいるのはダメですね(^^;

「 インターネットという巨大な口コミ機関までもごまかせるとは思えない 」 は僕も期待したいです。ただ、<共謀罪>を強行採決しても、騒ぐのはあくまで “ 一部の人間 ” であり、なんだかんだあっても、結局、自民党は安泰のような気がします。

ネット弾圧法たる<サイバー刑法>のことは置いておくとしても、やはりネットは “ たこ壷 ” ですから、“ 調べない人 ” に対しては全く効果が無いんですよね。http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-351.html#kiwotukenaitona にも書きましたが、テレビで取り上げられるまでは、<共謀罪>という物の存在すら認知してくれず、しかも、「 でも<共謀罪>なんて俺らには関係ないじゃん 」 という人が、僕の周りでは多数派ですから。そして、<共謀罪>の危険性を分かってくれた人のうちでも 「 ますます窮屈な世の中になるねぇ。発言には気をつけないとな。 」 という、<共謀罪>その他の統制をはじめから消極的に受け入れ、自主規制しようとする反応が多数派でした。そもそも “ お上 ” に 「 反対する 」 という発想が、日本人には欠落しているようで、何度も何度も僕による “ 反小泉キャンペーン ” を受けているはずなのに 「 いいげるくんも大人になってね 」 なんて言われる始末です。これだからB層は

労働環境の更なる悪化と増税 ( 恒久減税廃止も実質増税ですよね ) の足音は、みんな感じているようですが、僕の周りでは 「 頑張らなかった自分が悪い 」 みたいな考えが主流です。マスコミが 「 景気回復♪ 」 なんて言っているのを本気で信じちゃってるみたいですね。企業収益の向上は “ 労働者使い捨て ” から生まれているだけなのに。んで、抑うつ症状が出て、毎年誰か自殺する。人間一人の “ 頑張り ” ではどうにもならない事も多いのに、竹中・小泉売国コンビじゃなくて自分を責めているんですよね。

勿論、国債償還 “ 2007年問題 ” を知っている人も、僕が居るのが文教系だからか殆んど居ません ( 経済学部の友人は普通に知っていました ) 。マスコミで取り上げないし、自分の見たくない情報は “ バカの壁 ” がブロックしているのでしょう。

それでも 「 今の日本はオカシイ 」 と直感的に皆気づいているようですが、その不安は 「 國 」 「 北朝鮮 」 に代表される排外的ナショナリズムに上手く吸収されています。小泉首相就任当初には 「 小泉さん (小泉信者はなぜサン付けで呼ぶのだろう。年収800万円以下の、小泉改革でダメージを食らっている階層出身者なのに) が憲法改正するハズ無いじゃん! 」 と言っていた同じ人間が、2003年の段階で 「 日本もフツーの国になるためには 」 とか言っている。権力に対する忠誠を “ 愛国 ” だと信じて疑わない。日本における情報操作は、かなり洗練されてきたように感じます。

小沢一郎は好きですが、彼こそ誰かの入れ知恵で自民党をぶっ壊した “ 元祖エージェント ” だったりもするんですよね…(^^; 個人的には、来年の参院選まで民主党は持つのかな、という気がしています http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-category-46.html

小沢一郎なら、PSE法のようなドウシヨウモナイことはしないだろう、という意味で信頼できますが、マスコミが報道しない裏で何をやるのか…国策捜査頻発のご時世ですし、悲観主義者な僕としてはやっぱり不安ですi-183
2006.05.21 Sun 10:36 | URL | いいげる [ Edit ]
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://igelblog.blog15.fc2.com/tb.php/350-055d02b2
トラックバック
| ホーム |

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (35)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland