自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



安倍晋三氏<共謀罪>優先成立の意向と、国産 “ 検閲 ” エンジン | main | やっちまった…
【秋田小1殺害】 コップ一杯の水で溺死した畠山彩香
畠山鈴香容疑者には 「 彩香ちゃんはコップ一杯の水で水死 」 「 お母さんだって彩香ちゃんの行動を全部分かっているわけではないでしょ 」 「 事件よりも事故の方がお母さんとして気持ちが楽でしょ 」 などと説明し、「 水量の少ない川で流されたのに、遺体に傷がない 」 などの不審点を 「 遺体内の水から川にいるプランクトンが検出されたことなど 」 で押し切っていた秋田県警。日刊ゲンダイ
県警は彩香ちゃんの事件を事故死としていたが、地元では「秋田県警の大失態」という怒りの声が上がっている。
という記述ももろともせず、わざわざ梅雨時で川の水が増えているこの時期人形を使って実況見分を行うなどして、当初の見解を押し通すかに思えたが、一転、彩香ちゃんの不審死にも、畠山鈴香容疑者が絡むことになったようだ。以下、Yahoo!ニュースより当該記事を引用。
<秋田男児殺害>「娘、川見せる際に欄干から転落」と供述

 秋田県藤里町立藤里小1年、米山豪憲君(7)殺害事件で、殺人容疑で再逮捕された無職、畠山鈴香容疑者(33)が県警能代署捜査本部の調べに対し、4月に水死した長女彩香ちゃん(9)=同小4年=は「一緒に川を見に行った際、橋の欄干から誤って足を滑らせて落ちた」「気が動転して助けは求めなかった」などと供述していることが分かった。捜査本部は彩香ちゃんの失跡当日、畠山容疑者に似た女性と子供が同じ橋の上にいたという目撃情報も把握しており、当時の状況や新たな供述と豪憲君殺害の動機との関連について慎重に調べている。
 これまでの調べに対し、畠山容疑者は「彩香は4月9日午後4時ごろ、『人形を見せに行ってくる』と言って自宅を出たまま戻らなかった」と供述していた。
 新たな供述によると、同日夕、自宅で彩香ちゃんと2人でサクラマスの描かれた漫画を読んでいた。彩香ちゃんが「見に行きたい」と言ったため、「一緒に見に行こう」と軽乗用車に乗り、自宅から約3キロ離れた藤琴川の大沢橋まで行った。彩香ちゃんは畠山容疑者に支えられ欄干に上り川を見ていたが足を滑らせて転落したという。畠山容疑者は同日午後8時ごろ同署に捜索願を出した。
 彩香ちゃんの遺体は翌10日午後1時半ごろ、同橋から約4キロ下流の浅瀬で見つかった。死因は水死だった。捜査本部の調べで、4月9日夕、同橋に畠山容疑者のものとみられる軽乗用車が止まっていたのを複数の人が目撃。女性が橋の上で子供を抱き上げている姿を見た人もいたという。
 捜査本部は当初、彩香ちゃんが自宅近くの河原で誤って足を滑らせた事故死との見方を強めていた。しかし、(1)当時、転落現場付近の水量が少なく、遺体が1日で7キロ流れるのは困難(2)彩香ちゃんの頭に軽度の骨折の跡がある――などから、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて豪憲君殺害事件と並行して捜査を継続。今月10日、彩香ちゃんに見立てた人形を同橋付近から流し検証した。欄干から川面までは約5メートルで、遺体の傷と矛盾しないか調べている。
 畠山容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に「彩香は水を怖がっていたので、川には近付くはずがない。何らかの他人の力が加わっているはず」と話していた。同署の捜査に不満を持ち、彩香ちゃんの死の真相を知りたいとビラを作って周辺の飲食店などに配ってもいた。
 畠山容疑者は豪憲君殺害の動機を「子供をさらってどこかへ置いてきたら、(彩香ちゃんの水死について)警察が動いてくれるのではないかと思っていた」と供述している。
 捜査本部は、なぜ転落したことを知らせずに捜索願を出したり、再捜査を望んだりしたかなど、畠山容疑者の心理状況についても追及している。
 捜査本部は6月、豪憲君殺害事件で死体遺棄容疑で畠山容疑者を逮捕。起訴後、殺人容疑で再逮捕している。
(毎日新聞) - 7月14日3時6分更新
仮にこの “ 自白 ” が真実であり、畠山鈴香容疑者が実際に 「 転落したことを知らせずに捜索願を出したり、再捜査を望んだりした 」 のであれば、彼女の心的風景は、常人にはちょっと理解できない種類の物である。全くもって、今回の供述の内容は奇々怪々であるが、マスコミが例によって “ 容疑者の身勝手な主張 ” “ 二面性 ” といった決まり文句で単純化してくれるので、秋田県警としては一安心だろう。

別に 2ch にあった冤罪説を信じているわけでもないし、畠山容疑者は無罪だと主張する気もないが、どうしてこう、都合のいい “ 自白 ” が、テポドン花火その他で世間の関心が薄れかかっているこの時期に、都合よく出てくるのだろう。このエントリーにも書いたが、どうもこの事件は、心に引っかかる。


獄中生活15年の元受刑者が明かす実録!刑務所のヒミツ「 容疑者が自分で言ったんから本当だろ。自分に不利になるのに、やってないことをわざわざ自白するはずないじゃん 」 と無邪気に考えられる方には、以下に引用する 「 獄中生活15年の元受刑者が明かす 実録!刑務所のヒミツ (安土茂 著、二見書房)」 の一節をお読みいただきたい。
 では、留置場で一番つらいことは何なのか。
 それは二十四時間いつでも容疑者の取り調べができるということ。時間制限のない取り調べは、体力的にも精神的にも容疑者を追い込んでしまうのだ。
 私の場合も、取り調べは早朝から午前二時まで連夜にわたってつづけられた。刑事の質問にまともに答えようにも、睡眠不足で頭はぼんやりとしてきて、しだいに何をしゃべっているのか自分でもわからなくなってくる。あれは一種の拷問だった。
 ちなみに拘置所ならば、取り調べができるのは、朝九時から午後四時までと決められている。そのため、やってもいない罪を認め、拘置所に移してもらって睡眠時間を少しでも確保しようとする者も出てくる。ここに冤罪が生じる原因のひとつがある。
 時間の問題だけではない。留置場での取り調べは実に過酷を極めるのだ。
 長時間にわたる取り調べで睡魔に襲われれば、まずサーチライトのような証明を顔に照らされる。まぶしくて顔をそむけようとすると、刑事から罵声を浴びせられ、ドンと机を叩いて驚かされる。それでもウトウトしてしまうと、今度は椅子の脚を別の刑事が思いきり蹴飛ばす。
 取調室で容疑者が坐る椅子は、わずかにおしりをのせられるだけのひょろ高い丸椅子。これを急に蹴飛ばされると、手をつく暇もなく体全体で床に叩きつけられてしまう。
 刑事はさらに追い討ちをかける。倒れてうめいている私に向かって、
「こっちが眠いのを我慢しておまえのために調べとるんだ。それなのに居眠りをして椅子から転げ落ちるとは、ふざけるのもたいがいにせい!」
 と、まるで自分で勝手に落ちたかのように怒鳴りつける。こんなことがつづくと、どんな屈強な男でも精神がまいってしまうだろう。
 それでも容疑者が罪を認めなければ、つぎは食事やタバコをエサに自白を引き出そうとする。
 前述したとお留置場ではタバコは吸えないし、官弁は粗末なもの。差し入れ屋でおいしいものを買えるといっても、それはお金を持っている人にかぎられる。刑事はその弱みにつけこみ、食事やタバコをちらつかせて調書へのサインを迫ってくる。
 このアメとムチを繰り返されると、容疑者の心の中に「もうどうでもいい、早く楽になりたい」という気持ちが芽生えてくるのも当然だろう。調書に書かれている内容が事実であれば、たしかに早く罪を認めて楽になったほうがいい。
 しかし問題は、調書の内容が事実と食い違っているときだ。やってもいないことをやったことにされる。また、やっていても方法や日時・状況などが違う。取り調べでは、そういった捏造が頻繁に行われているのだ。
 厳しい取り調べで自暴自棄になるのもわかるが、うっかりサインをすると、あとで自分に跳ね返ってくる。裁判で不利になるのは自分なのだ。

( p.23 - 26 より抜粋 )
佐藤優 著 「 国家の罠 (新潮社)」 の p.223 には、佐藤 “ 容疑者 ” が明かりが消された部屋で怒鳴り上げられるシーンが描かれているが、上記の記述に比べればまことに紳士的である。さすがは国策捜査、と言ったところだろうか。

また、いわゆる 「 酒鬼薔薇聖斗 」 「 少年A 」 事件では、 A少年の 「 糸ノコギリ 」 という供述が、後に 「 金ノコギリ 」 ということになったそうだが、こういう変更というのはよくあることのようだ。

因みに畠山鈴香氏は、逮捕前に “ 任意 ” で16時間にもわたる取り調べを受けている

※関連記事

今日のBGM♪ Goldie & Rob Playford The Shadow
関連記事
| ニュース全般 | 00:19 | Permalink | トラックバック:6コメント:22



コメント
彩香さんが死んでから間もない時期に犯人の存在を感じなかったのに、今頃、犯人の存在を表す証拠、それも特定の人間を指し示す証拠など見つけられるものでしょうか?

彩香さんを殺した犯人が誰か調べようがないけど、それなら、豪憲君を殺した犯人だし、彩香さん殺しの犯人にしてしまおう、刑務所に入れてしまえば、余計な事もしゃべられない、という風に見えます。

報道されている事が事実なら、分かっている事は、
容疑者は、
破産していて、借金がある。
ガスが止められている。
子供に満足に食事をさせていない。(もしくは、経済的余裕がない)
風呂にあまり入らない。(もしくは、自宅で湯が沸かせないので、実家に帰らないと入れない)
自宅の中は散らかっている。
現在は何の仕事をしているのか分からない。
借金があるにもかかわらず、月におよそ6万の携帯電話の利用料金がかかっている。
自宅に不特定多数の男性の出入り。
近所の人間の中には、容疑者の事を悪く言う人がいる。

ここからは、私は気になる事です。
収入があるとして、それでも生活が苦しいのは、借金の債権者への返済が原因ということはないか。
債権者がいるとして、どういう種類の人か。
どういう方法で返済していたか。
自宅に出入りする複数の男性の中にどんな人がいたか。
容疑者が誰かに恨まれる事はなかったか。
彩香さんの死んだ後の、容疑者のアピールは、警察に対してだけではなく、誰かに向けられたものではなかったか。
豪憲君の殺害は、何の為か。豪憲君でなければならなかったか。

警察の捜査のやり方は全然わかりませんが、
こういうことは、調べなくて良いことなんでしょうか。
調べたけれど、発表はしない方が良いことなんでしょうか。
2006.07.18 Tue 10:15 | URL | オルフェウスは振り返る [ Edit ]
>破産していて、借金がある。

「破産はしているが、免責が決定していないので、債権者に収入を差し押さえられている」という意味です。
2006.07.18 Tue 10:42 | URL | オルフェウスは振り返る [ Edit ]
オルフェウスは振り返るさん、どうもです。
>彩香さんが死んでから間もない時期に犯人の存在を感じなかったのに、今頃、犯人の存在を表す証拠、それも特定の人間を指し示す証拠など見つけられるものでしょうか?

これも、新聞報道等によれば、鈴香容疑者の供述と目撃証言だけですからね。口裏を合わせればどうにでもなります。
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/271.html
「既に日は落ちていて暗い時だったのに、どうして見えたんだ?」という突っ込みが入ったらしく、昨日のワイドショーでは 「 鈴香容疑者の車のヘッドライトが当たっていたので見えた 」 ということになっていました。

どうも僕は、この事件に関する報道はうそ臭く思えて仕方がないのですが、僕の周りでは 「 畠山鈴香は彩香ちゃんを殺したところを豪憲君に見られたから、豪憲君も殺したんだ!これでやっとわかった♪ とか言っている人ばかりです。矛盾する供述が次々出てくるのも、警察・検察のシナリオが変だからではなく 「 畠山鈴香は嘘ばっかり 」 「 作り話が上手い 」 というふうに解釈されているようです。 “ 容疑者の身勝手な主張 ” “ 二面性 ” だけでは満足できず、最近では、畠山鈴香を精神病患者にしたくて仕方がない人すら出てくる始末…。
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/280.html
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/293.html

これは繰り返しになりますが、この事件の報道は、畠山鈴香容疑者の名前が出てくる前から一貫して 「 はじめに鈴香の有罪ありき 」 で、そのお話に沿うことばかりがなぜかすぐにリークされ、他にも児童殺傷事件は色々起こったにも関わらず、この件だけが盛んに書き立てられているのが、不自然に感じて仕方がありません。畠山鈴香を 「 理解不能の狂人 」 にしてしまうより、警察・検察のシナリオのせいだと仮定した方が、この事態をスッキリ理解できるように思います。

なので、ここからは完璧な陰謀論・妄想の類になってしまいますが、畠山鈴香有罪シナリオに沿うようなことは調べてリークし、有罪シナリオを脅かすような事実には触れず、発表しない、ということなのではないでしょうか。
2006.07.18 Tue 11:29 | URL | いいげる [ Edit ]
続きです。
僕は今、こういう考えに傾いているので、以下のような未確認情報に飛びついたりしています。

〔 目撃者としてインタビューを受けていた男性は、伝聞方式で質問に答えていた 〕
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/209.html

〔 どん底あるいは青い鳥。 秋田児童殺害事件―暗躍する元同級生 〕
http://donzokoblue.blog55.fc2.com/blog-entry-107.html

〔 おめぇ、あのキモブスのキモめごから出てきたんだべwきもいから汚物は川に捨てるべw 〕
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/207.html


オルフェウスは振り返るさんが指摘した事象は、一つ一つ丹念に調べて当然のことだと思います。ただ、まだまだこの事件の報道に疑問を抱く人も少ないようですし、このまま畠山鈴香を吊るし上げて一件落着、となってしまいそうなのが空恐ろしいです。
2006.07.18 Tue 11:30 | URL | いいげる [ Edit ]
携帯6万円は過去のこと
いいげるさん オルフェウスは振り返るさん。
はじめまして こんにちわ。

オルフェウスさんの言われる高額の携帯電話というのは私が覚えている限りでは自己破産する前の話だと思います。結構まじめに働いていたという、パチンコ店の店員時代のこととして6万とか7万とか、当時の同僚がTVで話していたことです。その後、それが誤解されて、生活保護を受けているのに、そんな高い携帯料金を払っていたようにあちこちでいわれているように思えるのですが。

彼女が受けていた生活保護は月額14、5万くらいと言われているそうですが(ソースは不確かです)だとしたら、半分近くも携帯に使ってしまうのはいくらなんでも無理でしょう。

虐待や男性関係については観劇プレビューさん
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/84616753cfbdd05313f378df8417d275
というところで、マスコミで言われているのは事実とは違うのではないのではないかなど、いろいろ言っている人たちがいました。
2006.07.19 Wed 17:46 | URL | パルコ [ Edit ]
パルコさん初めまして
情報ありがとうございます。携帯電話の話をネットで色々探してみたところ、日刊スポーツの記事が見つかりました。
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/317.html
これを読む限り、携帯電話に毎月6万円以上かけていたのは、どうも、生活保護を受ける前のことのようですね。

そう言えば、また、妙な目撃証言が出てきたようです。

〔畠山母娘「橋にいた」 名前特定した目撃情報 [朝日新聞] 【なぜ落とす瞬間だけは誰も見ていない?】〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/323.html

「観劇レビュー&旅行記」さんのこのエントリー
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/95b945d2aaba446600724247aa1aea4d
によれば、畠山彩香さんの水死については 「 事件に結びつくような情報がなかったから 」 捜査を早期終結したのだそうですが、何で今ごろ、目撃証言がつぎつぎ出てくるのでしょうかね。しかし仮に、これらの目撃証言がでっち上げでないとしたら、『ずいぶんと高確率で「容疑者の顔を知る人」が通るものです。

あと、これは事件とは直接関係ない話だろうと思いますが、 「 どん底あるいは青い鳥。 」 さんのコメント欄で、秋田県警と蛇頭と幼児性愛との関係を匂わす話が出てきていますね。
http://donzokoblue.blog55.fc2.com/blog-entry-107.html#comment243
まあ、トンデモの類なのでしょうが…。
2006.07.20 Thu 14:32 | URL | いいげる [ Edit ]
彩香さんが、
犯人の顔を見たから、殺されたとすれば、
面識のある人間。近所の人間。
彩香さんに身分を知られている人間。
彩香さんに、「してはいけない事」をしている事を、知られた人間。

犯人は、彩香さんの遺体を、川に運ぶ。

某テレビ局の事件解決の番組が「捜査」を中止しなければいけなかったのは何故か。

番組の打ち切りは
担当プロデューサーの使途不明金疑惑が原因か?
「この手の事件」が中に紛れている可能性が高いから、続けさせるわけにはいかなかったか?

番組改編の時期の、警察のイメージアップの「密着」番組は、
消費者金融のコマーシャルと似てないか。

空き交番が減らされるらしいけれど、
警官が居れば、助けを求めて駆け込んだ時、本当に助けるのか?
警官の武装が強化すれば、見て見ぬしないか?
武装を強化して、街頭監視カメラなどの情報権益が強化されて、その権力が暴走し、組織のために濫用された時は、どうなる。権力の使われ方の「適正」を担保する仕組みはあるのか?
2006.07.21 Fri 09:51 | URL | オルフェウスは振り返る [ Edit ]
やっぱり冤罪なのか!?
オルフェウスは振り返るさんの話とは直接関係ありませんが、こんな新聞報道が。

〔 「通るたび事件思い出す」/畠山容疑者宅取り壊しへ (秋田魁新報) 〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/325.html

時期は未定と言いながら、畠山鈴香氏が入居していた町営住を “ できるだけ早く ” 壊す事が決定したそうです。畠山氏の許可も取らずに。これだけをもってしても 「 冤罪だ! 」 と騒ぐに足るような、不自然極まりない動きですね。


>某テレビ局の事件解決の番組が「捜査」を中止しなければいけなかったのは何故か。

この情報は、初めて知りました。僕は、食事時に家族が見ているテレビが目に入る以外は、テレビを見る習慣が無いので、どの局のどの番組なのか見当がつかないのですが、「“偏向”ステーション」あたりでしょうか。名前を出して下さるとありがたく思います。


>番組改編の時期の、警察のイメージアップの「密着」番組は、
>消費者金融のコマーシャルと似てないか。

似てるというか、僕は両方とも完全な “ CM ” だと思っています(^^;

警察のイメージアップの「密着」番組は、米FOXテレビのイラク従軍「密着」番組と同じで、ヨイショと印象操作が目的だろうと思いますが、見世物としては面白いでしょうし、世の中的には、結構人気があるみたいですね。ただ、翼賛マスコミは殆んど取り上げませんが、裏金や 「 交番に逃げ込んでも見殺し 」 事件、他に実際に警察官と関わった体験からきたような噂話などから、警察のイメージは、少なくとも僕の周りではそんなに良くなった、とかはないので、この程度のPRには、今のところ、僕は目くじらを立てるまでもないと思っています。

ただ 「 犯罪検挙率の低下は外国人による犯罪が増えたせい 」 という情報操作だけは、日本人の偏見を満たしてくれる物であるせいか大成功しているので、この点は、注意が必要ですね。警察庁の統計を見る限り、犯罪発生件数に占める外国人の割合は、ここ十年ずっと2%前後で、殆んど変化していないのに。
http://www.npa.go.jp/toukei/seianki2/20060424.pdf


<共謀罪>なんかもそうですが 「 テロ対策 」 「 不良外国人対策 」 「 多発する凶悪犯罪への対応 」 なんて、警察局増強と権限強化、人権抑制のいい建前ですよね。『 権力の使われ方の「適正」を担保する仕組み 』 は明らかに不十分で、殆んどアンタッチャブルですし。Nシステムや入管のアクセンチュア社なんかを見ても、警察力の手放しの強化は、民衆の権利抑制と管理強化に繋がるだけのように思えます。特に公安なんかは、その職務目的上、ある程度闇に閉ざされているのは仕方が無いのかも知れませんが、国家権力の強化に従って、民衆によるチェック機能も強化されるのが筋ですよね。ただ、民主主義ですらGHQという “ お上 ” に与えられた日本人の性なのか、自分で “ お上 ” をチェックする、という発想そのものが、 「 お前、本気でやるつもりなのか? 」 と事実上 “ 危険思想 ” 扱いさてしまうのが悲しいです。
2006.07.21 Fri 23:27 | URL | いいげる [ Edit ]
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/tv/news/20060712spn00m200009000c.html より引用)

テレ朝人気番組:「TVのチカラ」が打ち切り
 テレビ朝日の人気情報番組「奇跡の扉 TVのチカラ」(原則として隔週月曜後7・00~)が9月いっぱいで打ち切りとなることが11日、分かった。行方不明者を捜すコーナーが人気で、過去には誘拐事件解決の端緒にもなった。視聴率も好調な中での撤退だが、担当プロデューサーによる使途不明金疑惑などが一部で報じられていた。

 人気情報番組の突然の打ち切りがスタッフらに伝えられ始めたのは、先週末から今週にかけてのこと。複数の関係者によると、同局からは詳しい事情説明はなされておらず、「視聴率的に堅調な番組の不自然な打ち切り」との印象を強めたという。

 「…TVのチカラ」をめぐっては、担当プロデューサーによる巨額の使途不明金疑惑や、番組制作会社に接待費を支払わせていた--などの疑惑が一部で報じられてきた。6月28日に行われた同局の株主総会ではこの問題がやり玉に挙げられ、波紋が広がっていた。

 このため、同疑惑が打ち切りの引き金になったのではないかとの見方が出ている。

 同番組は毎回、特定の事件をテーマに生放送しているもので、02年10月にスタート。中でも失跡者に関する情報を視聴者から求め、解決へと導く臨場感あふれる内容が人気となっている。03年8月には、行方不明の女子高生=当時(17)=を探していた番組担当者が居場所を割り出し、警視庁に通報。女子高生と一緒にいた男性=同(27)=が未成年者誘拐容疑で逮捕されるなど、事件解決に貢献した実績もある。

 現在は高橋英樹(62)、中山秀征(39)らが司会を務めている。番組ホームページなどによると、これまで約130件の事件を扱い、3割近くを解決してきた。

 こうした人気や評価は数字的にも裏打ちされており、直近放送分(3日)の平均視聴率は11・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、好調な時は15%前後。隔週交代で放送されている「月バラ!」が軒並み10%を切っているのに対し、勢いを見せていた。今年4月からは放送時間を2時間に拡大させていた。

 10月以降については「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(木曜後11・15)のゴールデン昇格が検討されている。

スポーツニッポン 2006年7月12日
2006.07.22 Sat 06:27 | URL | オルフェウスは振り返る [ Edit ]
オルフェウスは振り返るさん、ありがとうございます。
情報源もあわせてお知らせいただき、ありがとうございます。 「 TVのチカラ 」 が事件解決に貢献した例があったことすら知りませんでした。

使途不明金や下請けにタカルことなんて、テレビ局には憑き物(?)みたいなものですし、仮に使途不明金その他が大問題だったとしても、プロデューサーを交代させれば済む話ですよね。みすみす人気番組を手放すには、不十分な理由だと思います。

ますます、この事件に対する疑念が深まりました。


あと、これは余談になりますが、ついに、彩香さんを 「 事故死 」 と判断したのも “ 鈴香のせい ” になったようです。

〔 容疑者のうそうのみ 捜査態勢縮小 [河北新報] 〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/335.html

今後は、鈴香さんが事故死の警察発表に食い下がったのも、手書きのビラを撒いたのも、自分の身を守るための 「 偽装工作 」 ということで突っ走るつもりなのでしょう。ここまでくると、秋田県警もやりたい放題ですね。

秋田県警といえば、こういう情報もあります。

〔 既に殺人事件を揉み消した実績がある、という秋田県警 〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/338.html

あと他に 『 畠山鈴香は、政府からの補償給付金(殺人の場合に支給される)の1500万円目当てで彩香ちゃんを殺害。畠山鈴香と能代署の警察官が男女の関係にあって、それを覆い隠すために、不自然な操作とマスコミへのリーク攻勢になっているのではないか 』 という見解もありますね。
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/334.html
ここまで来ると、僕もちょっと混乱してきて、判断を下せません。
2006.07.22 Sat 09:49 | URL | いいげる [ Edit ]
>いいげるさん

本当にいろいろ言われすぎ、って感じですね。
「鈴香が犯人ではない」という仮説以外だったら、何でもありで行こう、とうことから出してくるからこうなるのでは・・・・・・

給付金のことですが、2ちゃんでも言っている人がいましたが、子供では1500万なんてとても出ないんでしょう?最低額の320万じゃないかとか、言われていました。

最高額まで出るのは働き盛りのお父さんとか、交通事故の賠償金と同じようなことなのではないですか?なまじ保険の知識があるなら、それくらいのことはわかっていたと思うのですが。

貧乏だから、300万でも欲しかったのだろうと言われれば、それはそれまでだけど、別に借金取りに追われていたのでもないのにわが子を・・・・・・と思うんだけど。
2006.07.23 Sun 15:21 | URL | パルコ [ Edit ]
>オルフェウスは振り返る さん
情報いただけてありがたいのですが、この書き込みだけからは、この投稿子が何か事情をしっているとは僕には思えません。この時には既に顔写真も表に出ていて、また 「 男漁り 」 についても、週刊新潮だったかが匂わせていたはずです。証拠は出せませんが、2ch はそういう下世話な話に食いつきがいいので、逮捕前から一部では話題になっていたのかも知れませんよ。

2ch の書き込みといえば

〔 おめぇ、あのキモブスのキモめごから出てきたんだべwきもいから汚物は川に捨てるべw 〕
http://asyura2.com/0601/bd45/msg/207.html

で触れられていた、この投稿が気になりますね。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1105554074/209-213

212 :名無しピーポ君:2006/05/19(金) 16:33:12
冗談を言います。

犯人を女にする方向で話が進んでいる。真実がどうかは関係ないそうで。
あとは変質者を病院送りにして終了。


日付が5月19日です。これは早い。

あと、だいぶ後の書き込みですが、これも気になります。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/police/1105554074/751

751 :名無しピーポ君:2006/06/24(土) 15:33:49
973 名前: 名無しさん@6周年 Mail: 投稿日: 06/06/24(土) 15:32:02 ID: MjrTy2hn [ 0 ]

アヤカママがよく行っていた飲み屋によく出入りしている同級生がいる。
ちなみにこの同級生は警察関係者の娘。
この女と付き合ってるもう一人の同級生がアヤカママの家から半径200m圏内に住んでいる。
この男の父親の義理の弟は地方公務員レベルではなく国家公務員レベルの警察関係者。

いや、この二人が何かしたとは書いてないよ。
ただ、当時からこの二人は仲が良くてクラスを先導して鈴香を苛めていた。
それに反抗した別のクラスメイトが二週間後に逮捕されて退学になったりした。
(クラス内から二人、隣のクラスから一人退学者が出てて共に苛めが酷いのを先生にチクったりした)

↑(Aママから「死体が玄関においてあった」って供述のあったとき、
「あいつらならやりかねんな」って発言が2chにあったけど、
「あいつら」ってこの二人だよね)


「 苛めを通報した人間が退学 」 というのもひどい話ですが、僕の中学では、財布泥棒常習グループが、いわゆる “ いいところ ” の、地元の有力者の子女だったため、いじめも窃盗も “ 学年全体の問題 ” ということになり、犯人連中は卒業までのうのうとしていた ( ように僕には見えた。成績が下がってザマアミロとか思ってました(^^; ) 、ということがあったので、あり得ないこととは思えません。「 警察官の娘が絡んでいる 」 という仮説は、冤罪説の中では最もスッキリとした説明の一つだと思います。
2006.07.23 Sun 22:28 | URL | いいげる [ Edit ]
>パルコ さん
情報ありがとうございます。子供でも1500万出るかも、なんて思ってました。

しかし、畠山鈴香 “ 魔女狩り ” 吊るし上げ報道は本当に、やりたい放題ですよね。さらに、新たに以下のような報道が、なされたようです。

〔 彩香さん、川遊びしていた…「嫌い」は畠山被告のウソ [読売新聞] 〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/352.html

〔 彩香さん殺害は別の橋か、鈴香容疑者またウソ?…秋田連続児童殺害事件(スポーツ報知) 〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/351.html

〔 畠山鈴香容疑者宅から大量のミステリー小説押収 【ANNニュース】 〕
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/350.html

子供なら川遊びくらいするでしょうし、親が子供の全てを知っているはずはありませんからね。このエントリー
http://igelblog.blog15.fc2.com/blog-entry-346.html
にも書きましたが 「 題名で印象操作 」 というのは、翼賛読売の常套手段のようです。

あと、これは完全な余談ですが、もし、親が子供の全て知っていたら、それは子供の成長を阻害していることになりますね。発達心理学においては 「 自分だけの秘密を持つ 」 というのは子供の重要な発達課題です。

あと、そもそも、あの橋での彩香ちゃん殺害は物理的に不可能ですし
http://asyura2.com/0601/nihon20/msg/313.html
ミステリー小説は今流行ってますしね。『 このミステリーがすごい 』 とか。
2006.07.23 Sun 23:02 | URL | いいげる [ Edit ]
そうですか。
同級生ですか。
なんにしても、膿を全部出して、
すっきりした方が良いと思いますね。
2006.07.23 Sun 23:24 | URL | オルフェウスは振り返る [ Edit ]
まあ、
いずれの情報も、本当かどうか分かりませんけどね(^^;

このままフェードアウトして、ウヤムヤになりそうな感じになったら、また騒いでみたいと思います。
2006.07.24 Mon 19:59 | URL | いいげる [ Edit ]
みのもんたは、朝ズバで物凄い正義感丸出しの態度で畠山氏を叩いてました。
 まるで、自分は、100パーセント永久に犯罪者にならないような態度で
 みのもんたは、正義感が強いですねえ

 多分彼自身も正義感丸出しの自分がかっこよくみえるのだと自分は、思います。
2006.09.05 Tue 18:58 | URL | グランドセフトオート最高 [ Edit ]
>多分彼自身も正義感丸出しの自分がかっこよくみえる

これは、僕もそう思います。彼の言う 「 ズバッと 」 というのは、安直に 「 善と悪 」 を決め付け、後は思考を停止して、ひたすら物事を単純化することなのでしょう。結城純一郎氏の話し方にも通じますね(^^;

そう言えば4日、ついに秋田県警が、公式に捜査ミスを認めたそうですが、これも 「 畠山鈴香が犯人だと見抜けなかった。鈴香に騙された。 」  という内容で、結局、鈴香が真犯人だとの印象を強化する、世論誘導の一貫でしかありません。

〔秋田の連続児童殺害、県警が初動捜査ミス認める [読売新聞]〕
http://www.asyura2.com/0601/nihon20/msg/629.html

しかし何でまたこの時期に、鈴香事件が蒸し返されるのか、僕はこの点の方が気になります。安倍壷三の 「 集団的自衛権を、現憲法下でも政府見解でOKに! (自衛隊を、アメリカ様の下働き部隊に!) 」 という正直な発言を、霞ませるためなのでしょうか。

〔集団的自衛権「政府見解で行使」検討 安倍晋三氏(アサヒコム)〕
http://www.asyura2.com/0601/senkyo26/msg/302.html
2006.09.05 Tue 22:47 | URL | いいげる [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.10.06 Fri 15:53 | | [ Edit ]
上記のコメントをされた方へ
メールアドレスも自サイトURLも記入されていないため、この場で返信させていただきます。

コメントいただいた現象については確認していませんが、僕も以前、同様の状態に陥った事があります。もう、3年も前になるでしょうか。僕が利用していた匿名プロキシ経由での書き込みが出来なくなって、仕方なく、生IPで書き込みを試みた時のことです。その時はセキュリティーソフトの警告だらけで作業が出来なくなり、物理的に回線を遮断しました。

そのサイトの方針なのか、個人的な悪戯なのかは分かりませんが、そのサイトは訪問者のIPアドレスを記録しており、サイト側の人間であれば、その情報をある程度、自由に閲覧できる体制になっていることは、ほぼ間違いないようです。僕は例のハッキング・クラッキングされかかり事件以降、そのサイトは滅多に利用しなくなりました。

例のサイトが信用が置けないものであることは、現在も進行中である、数々の訴訟を見ても明らかです。
http://www.asyura2.com/0601/it09/msg/289.html
僕は個人的に、こういった現象が起こるのは “ 類は友を呼んでいる ” のだと解釈しています。

情報を得るのに適したウェブサイトは、例のサイトの他にも数多くあります。僕は昨年から 「 ★阿修羅♪http://asyura2.com/ 」 にハマッていますが、他にもスラッシュ・ドットなど、同種のサイトで、そこそこの規模を誇っている所は色々とあります。彼のサイトの不正・疑惑を追及してもいいですが、僕としては、一刻も早く関係を経ち、別のサイトを利用するようお勧めします。
2006.10.06 Fri 20:31 | URL | いいげる [ Edit ]
今さらですがテレビ番組で取り上げていたのを見て、こちらの記事を拝見しました。飛び込んできた"吊し上げ"という言葉に驚きました。
番組では畠山の自宅に迎え入れられた人物がいて、独自に検証をしたという元刑事の話があります。
その男性が出頭を勧めてすぐに彼女は会見を開きました。畠山が潔白である第三者を犯人だと言い出した時に、その男性は真実を語るよう促しましたが、一転して面白がって冤罪を書き立てようと群らがったマスコミに制止されたそうです。
もちろん記事を書かれた時点では、畠山が犯人である確証も冤罪であるということも意味がない、と言うことでしょう。
「やってません」「はい、そうですか」で済むなら、かなり有力な物証がない限り起訴するだけでも、かなりハードルは高い物になります。
事件前に畠山が知人に送ったメールでこんなのがあります。「この中に彩香がいれば」
これが何かと言うと、車が子供の列に突っ込んだという事故の話です。
後で分かったことですが畠山が剛憲君の遺体を運ぶのを見た人もいたらしいです。
始めの記事で冤罪だとは思わないという様なことを書かれていますが、逆にその可能性を示唆されてるように見ていて私が感じるのは、マスコミの信頼性について逆説的な意味で影響を受けているからではないでしょうか。
マスコミが全く何の影響力がないとは言えませんよね。
マスコミの伝え方ももちろんですが、腑に落ちないと考えるのなら取り調べに問題があるとしても、一番は初動捜査ミスではないでしょうか。
この事件に限っては取り調べに然したる問題はないと思うのですが。なぜなら、"行き過ぎている"取り調べにも犯人であるという確証があってのものだと推認できるからです。確証なく拘束し、汚名を着せるから冤罪は問題なのであり、刑が確定した後の犯人が取り調べの内容を振り返っていちいち構う必要もありません。
番組では畠山が獄中で亡くなった剛憲に宛てた謝罪の手紙が紹介されましたが、正直、何を思えば良いのかわかりません。
言えることは彼女が子供に手をかけ嘘をつき、警察が捜査を見誤ったのです。

長文失礼します。
2012.10.26 Fri 03:53 | URL | 中山 [ Edit ]
中山さんはじめまして(1/2)
>中山さん

長文コメント歓迎です! ただ、何を根拠に「言えることは彼女が子供に手をかけ嘘をつき、警察が捜査を見誤ったのです。」と断言できるのか、この私には理解できなかったことが残念でした。


>番組では畠山の自宅に迎え入れられた人物がいて、独自に検証をしたという元刑事の話

殺人事件をもみ消した前科のある秋田県警という組織の人間の話など、信じるに値しません。
http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/592.html

治安関係者は、彼らの基準で 「社会的正義に適う」 と判断した場合、ウソ偽りを躊躇しないのは、度重なる証拠捏造事件を見ても明らかです。
その一例:http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/307.html


>後で分かったことですが畠山が剛憲君の遺体を運ぶのを見た人もいたらしいです。

誰が、どうやってわかったのですか? 仮に、翼賛マスコミの一方的な垂れ流しであるならば、信じるに値しません。


>この事件に限っては取り調べに然したる問題はないと思うのですが。なぜなら、"行き過ぎている"取り調べにも犯人であるという確証があってのものだと推認できるからです。

ちょうど今日「飯塚事件“再検証で元死刑囚とは別のDNA」というニュースが報道されたばかりです。
http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/592.html

人間に間違いはつき物です。「犯人であるという確証」のお陰で、無実の人間が殺されることも、人間のすることですから当然あり得えます。

そもそも、犯人であるという確証が誤りであるからこそ、「"行き過ぎている"取り調べ」で自白強要・証拠捏造などという事態が発生するのです。我々の暮らしの安心・安全を守ってくれいている治安関係者も、我々と同様、神ではありません。


>事件前に畠山が知人に送ったメールでこんなのがあります。

繰り返しになりますが、誰がどうやって確認したのですか? まさか、テレビが流したイメージ映像を真実と勘違いなさったのですか?


>番組では畠山が獄中で亡くなった剛憲に宛てた謝罪の手紙が紹介されましたが、正直、何を思えば良いのかわかりません。

仮に、この手紙が畠山鈴香本人が書いたものだとしても、信じるに値しません。

畠山鈴香は自殺未遂を繰り返すなど、どうも、長期にわたる拘禁で、拘禁症状(拘禁反応)がかなり強く出ているようです。
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/8f0768f202fba0ffff7fe491b9666919
つまり、精神病になって記憶と判断力が混濁するまで、ぶち込まれ責め立てられた、ということです。

本文中に引用した 『実録!刑務所のヒミツ』 にも 『「もうどうでもいい、早く楽になりたい」という気持ちが芽生えてくる』 という、拘禁反応を示す一文があります。

気を狂わされ被暗示的になっているとしたら、弁護士やら何やらが「手紙を書け。そうすれば事態はマシになる」と示唆したら書くでしょう。そもそも、この状態なら、畠山鈴香本人に 「自分が犯人だ」 という偽の記憶を植えつけることすら可能です。
記憶操作の一例:
http://risk-signal.blog.so-net.ne.jp/2012-06-15

(※後半に続く)
2012.10.26 Fri 23:08 | URL | いいげる [ Edit ]
中山さんはじめまして(2/2)
(※続きです)

いや、何が悲しいかというと、私やコメントを寄せてくださった方々が、いくら証拠を提示し、参考urlをつけたとしても、テレビファシズムに毒された中山さんにはこれっぽっちも届いていないことです。

中山さんからいただいたコメントの内容は、かいつまんで言えば 『お前の言っていることは、テレビ(マスコミ報道)と違うから間違いだ』 ということでしかありません。少なくとも私には、それ以上の意味は読み取れませんでした。

しかも、コメントを拝読する限り、中山さんご自身は “自分の頭で考え、畠山鈴香が犯人と判断した” と思い込んでいらっしゃるかのようです。「一番は初動捜査ミスではないでしょうか。 (=初動捜査がもっとうまくいっていれば、畠山鈴香が犯人であるという動かぬ証拠を確保できたハズ)」 」 という中山さんの判断ですら、マスコミの 「鈴香が犯人」 という世論誘導シナリオの範疇であるのにもかかわらず。

例えば、湾岸戦争の時の 「油まみれの海鳥」 なんかは完全なヤラセであり、情報操作でした。
http://www.asyura.com/sora/bd3/msg/30.html
中山さんは、これでもテレビを鵜呑みにするのですか? テレビで示唆された判断を、あたかも自分の頭で熟慮した結果のように認識なさるのですか? そして、私のブログのような 「テレビとぜんぜん違うことを言っているヤカラ」 を見つけたら、驚きと、一抹の哀れみの念のようなものを抱いて、こう諭すのでしょうか。「テレビではこういっていたよ」 と。

別に、私は畠山鈴香の利害関係者でもありませんし、この事件その物については、実はそんなに強い関心があるわけではなかったりします (中山さんからコメントをいただくまで、この一件については忘れていました)。ただ、小泉賣國・郵政米営化選挙の頃に私の身の回り大量発生した、テレビファシズムに毒されたB層の洗脳されっぷり (自らの不利になることを喜んで支持し、話が通じず、異なる考えを持つものを「アカ・非国民」呼ばわりで排除することでなぜか正義感が満たされいい気分になっている) に、言い知れぬ不気味さを感じているだけなのです。

そして今日、また一つ、テレビファシズムに対する敗北感、私のブログ活動の限界のようなものを覚えました。私が勝手に滅入っているだけなのですが。

最後の方は、もう、中山さんへの返信というより、私自身の勝手な思い込みですね。なんと言いますか、申し訳ありません。

この事件に関しては、マスコミ報道のとおりなのかも知れません。ただ、もしも中山さんに 「マスコミが発する有言・無言のメッセージを、さも自分の頭で考えた判断のように勘違いする」 ような傾向があるのであれば、それは中山さんのためにはならないのではないか、という気がします。これに根拠はありませんけどね。

ご縁がありましたら、また、このブログを覗いてくだされば幸いに思います。
2012.10.26 Fri 23:11 | URL | いいげる [ Edit ]
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://igelblog.blog15.fc2.com/tb.php/387-00605296
トラックバック
"You Know You've Been in Japan Too Long When..." というタイトルのおもしろいリストを見つけたのでご紹介しよう.「こうなったらあなたはもう間違いなく日本人」という一口ジョークのコレクションである.たとえば,「あなたが電話をかけながらお辞儀している
| エクソダス2005《脱米救国》国民運動 | 2006.07.24 Mon 05:51
秋田の男子小学生(7才)殺害事件で、この事件の前に娘が『水死事故死』した母親が逮捕された。新聞はこぞって『水死女児の母、逮捕』と書き立てている。昨日(2006/6/4)朝7時に出頭させてから、16時間にも亘る“任意”の取調べで、『死体遺棄』については、大筋で容疑
| 観劇レビュー&旅行記と日記 | 2006.08.08 Tue 23:53
7月28日付asahi.comの記事を紹介したい.まだこのことはほとんどの国民が知らないと思う.私もヤメ蚊さんのところで始めて知った.すでにこの記事は削除されているので,キャッシュから拾い出したものである.※→現在リンクは復活していることを確認(8月8日08:39頃).
| エクソダス2005《脱米救国》国民運動 | 2006.08.09 Wed 12:58
私が2005年11月17日付の「去年(こぞ)の名残の蝋燭を立てて,今宵(こよい)早めのメリークリスマス!」と題するエントリで,「これから5年以内に主食の配給制の復活が必要になるだろう」と予言したことを記憶されている読者もおられるかもしれない.←ご協力お願
| エクソダス2005《脱米救国》国民運動 | 2006.08.10 Thu 14:41
(回答先: 安倍晋三の本「美しい国へ」を嘲笑う「醜い国」の現実 小泉暴政悪政はこの国をこれほど悪くした 投稿者 黄昏時のパルチザン兵士 日時 2006 年 8 月 19 日 15:30:43)メディアの責任も大きい。メディアが小泉の「問答無用」のやり方をもてはやしたのだから。>郵
| どこへ行く、日本。 | 2006.08.19 Sat 20:32
(クリックすると拡大します) ※漫画ができたのでとりあえずのアップ。寝不足でふら
| 雑談日記(徒然なるままに、。) | 2006.08.26 Sat 07:33
| ホーム |

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (33)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (38)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (12)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (2)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (9)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (42)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (24)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 外資支配 (4)
  • 憲法 (4)
  • 冤罪 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • イラク (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ケムトレイル (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland