自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



アレンジ】 Final Fantasy VI より "死界(Dark World)" 【FF6】 | main | 暴力の連鎖を断ち切るすべは無いのか - Freeciv Game Replay その11
人は皆、まだ見ぬ星々に夢を託す旅人なのか - Freeciv Game Replay 終章
(※「Freeciv Game Replay」 関連記事の一覧はこちら。)


前回までのあらすじ

T207-02-.jpgプルトニウム 239Pu に汚染された故郷を離れ、見知らぬ惑星へと移住した日本人。クルド人文明による再三の攻撃に業を煮やした日本民主政府は、ついに報復攻撃の実施へと政策を転換。大型戦艦 「大卓大和」 を建造、出撃させる。決して止むことの無い “暴力の連鎖” の始まりであった。

T216-01-.pngクルド人との間で限定戦争が続く一方で、日本国内における科学の進歩は加速を続け、ついに宇宙開発時代へと突入。首都 「南相馬」 では、宇宙開発の第一弾である 『アポロ計画』 成功が、すぐ目前に迫っていた。
 


T217-01-超伝導Civ暦・紀元1582年。日本では 『アポロ計画』 がその全てのプログラムを成功裏に完了し、人工衛星の実用化が始まると同時に、なんと、超伝導技術の常温実用化にも成功。この新たなるイノベーションの到来に、町はまた、急速にその姿を変える。

変わったのは、都市の概観だけではない。極めて高い生産性の実現はマンパワー需要を激減させ、それが労働市場を直撃。若年層に限れば失業率は20%超へと跳ね上がり、非正規雇用者の割合も同時に上昇を続ける。クルド人との争いのため拡張を続ける軍や、各種の教育・研究機関などが、かなりの人数の若年労働者を吸収していてこの数字である。

雇用の不安定化は収入の不安定化を生み、その結果として個人の消費行動も変化。それはまず “若者のクルマ離れ” として顕在化した。無限にコピー可能なデジタルデータのやり取りに慣れ親しんだ若い世代では “所有” の観念そのものが変化しつつあり、そのことが、個人消費の落ち込みを恐れる政財界を震撼させる。

事態を重く見た政府は、情報産業の急成長ぶりに安易に飛びつき、「ITで層雇用増!」 の一大キャンペーンを打ち出す。しかし、情報技術の進展は基本的に省力化、つまり人を減らす効果をもたらすものであるため、この政策はあっけなく頓挫。社会の移り変わりについていけない “古い意識” を象徴する出来事となってしまった。

T217-025.jpg   T217-02-.jpg   T217-03-.jpg
軍事衛星による、この惑星の衛星写真。

T217-04-.jpg   T217-05-.jpg   T217-06-.jpg
最後のカットに、この星唯一の淡水湖が写っている。

しかし、500年前に蜂起した海賊の勢力下にある都市が見当たらない。大抵は、1つ2つあるものなのに。

T217-07-.png      T217-08-.jpg
宇宙開発と超伝導技術に国中が沸き立つ中、「鹿島」 では、既存の巡洋艦を改造し、最新鋭のイージス艦に作り変える作業が急ピッチで進められていた。

イージス艦は極めて高い対空防衛力を誇るが、他国は巡航ミサイルはおろか、まだ航空機すら実用化できていない。この状況下で、対艦・対地上能力に関しては既存の艦とさして変わらないイージス艦に、巨額の費用を投じて改装する軍事的意味合いはほぼ皆無。国の内外に国力の高さを誇示する、純粋なデモンストレーション行為と言える。

T220-01-.jpg
Civ暦・紀元1587年。既に有人宇宙飛行において数多のデータと経験を積んていた日本国政府は、この年、本格的なコスモクルーズが可能な宇宙船の建造に着手する。

T220-02-.pngこの時、国内の自然科学の発達は、一種の頂点に達していた。ステルス戦闘機も実用化の段階を迎え、「他文明との争いに打ち勝つための技術」 は、もうあらかた開発し尽くした感があった。この先の科学は、恐らく 「より良く生きる」 ことに、今まで以上に純粋に貢献するものとなるだろう予感が、コンセンサスを得ていた。「政府主導の科学振興」 という枠組みそのものが、今まさに、科学の進歩により時代遅れになりつつあった。

社会の構造自体、この10年で大きく変わってしまった。人手余りの深刻化により、かつて “国民車準備会社” という国策会社として産声をあげた大手総合輸送機器メーカーが打ち出した 『週5日、35時間労働』 の原則は、徐々に他の企業にも浸透。それが 『週4日、30時間労働』 へと変わる頃には、会社経営など特に高い専門性が求められる一部の職種を除き、殆んどの賃金労働がフレックス労働制へと移行。かつて聳え立っていた正規雇用・非正規雇用の壁は、いしつか融解した。

個人の労働時間の減少に比例し、所得水準も低下。その結果、ワークシェア、ルームシェア、カーシェアと “シェア” する文化が一般的になり、レンタル・リース業が発展。庶民の間では 「モノを個人で所有すること」 そのものが、どこか趣味的な行いと見られるようにさえなった。

数少ない “フルタイム就業者” の中でも、ごく限られた一握りの者が、極めて高い付加価値をたたき出す。それが国家財政を支え、肥大化した経済を支え、高齢化が進む社会を支える。はるか5600年前の昔に、プルトニウム汚染を逃れこの星へ移住してきた者たちにとっては、俄かには信じがたいだろう社会が、ここには生まれていた。

有権者の意識の変化を受け、政府もまた、根本的な認識の変容を迫られていた。もしかしたら、政府という存在そのものが、賞味期限切れに近いのかもしれない。そんな意識すら湧いた。

さしあたり、明らかに賞味期限切れを起こしている、失業対策に手をつけることにした。それなりにちゃんと、家庭が、企業が、そして社会が回っているのなら、仕事も無いのに、無理に働いてもらうことも無いではないか。

政府はこの年、各種社会保障を統合し、それまでの科学振興予算の一部も充当して、ベーシックインカム制度を設立した。

T220-03-.png      T222-01-.png
それは、静かな、静かなお祭りだった。無論、都市の規模の割には、ということではあるが。街には政府を称えるパレードが自然自発的に発生し、ベーシックインカム導入の喜びを表していたが、それは、第1次、そして第2次祝典ブーストの際の熱狂とは、どこかが決定的に異なるものであった。

人々は、自らの思うところを生業とできることを喜んだ。喜んだのだが、それはなんだか、無くしていた物が不意に見つかったというような喜び方。「やっと、もとの状態に戻った」 とでもいうか…。

そして、この幸せをもたらしてくれたであろう、居るとも居ないとも分からぬ神に感謝した。さらに、クルド人との争いの収束を祈るのである。

そう、決定的に違っていたのは、感謝の心だった。実利に群がるのではない、強者に阿るのでもない。今を生きる喜びを、家族に感謝し、友人に感謝し、恋人に感謝し、町に感謝し、そして、何か、言い知れぬ大きな存在、想像上の存在でしかないやも知れぬ偉大な何かに、素朴に、畏敬の念と感謝の気持ちを抱いたのだった。

もしかしたら、文明開化 (Civilization) とは、人間らしい心を取り戻すための、長い長い旅路のことだったのかも知れない。


T222-鉱山化
Civ暦・紀元1589年現在における、首都 「南相馬」 の様子。かつてあった山は削られ、砂漠は農地へと姿を変えている。

都市内には、対空ミサイル陣地に加え、“当たらない” と評判の悪いミサイル防衛システムも一応導入。核ミサイルによる攻撃という、万が一の事態にも備える。

実は、市街地直下の [丘/ワイン] という地形を鉱山化するのを、この時まで忘れていた。入植当初より、国内随一の工業生産力を誇っていたため気がつかず。これは、極めて大きなミス。共和制の導入直後に鉱山化していれば、『世界の不思議』 の建築において、もう少しポルトガル文明に対抗できていただろう。

T224-01-.png
Civ暦・紀元1591年、かねてから首都 「南相馬」 において建造中であった宇宙船が、一応の完成をみた。だいぶ不恰好であり、まだまだ高機能化の余地があったものの、車でも飛行機でも何でも、やや小さめに軽く作って、動力性能と燃費に余裕を持たせるのが、ゼロ戦より続く日本の乗り物作りの伝統である。

ということで
T224-02-.png
Go!

行き先は、アルファ・ケンタウリ近くの地球型惑星。プルトニウム汚染されたかつての故郷からは4光年以上も離れているが、ここからだと10年と少しで到達できる計算だ。

1万人にも及ぶ乗組員の目的は、5600年前の我らの祖先と同じく、まだ見ぬ惑星に入植し、文明を築き上げること。『争いのない、皆が平和に豊かに暮す世界』 という人類の夢を乗せ、船は進む。

T224-04-.jpg   T225-01-.jpg   T225-02-.jpg
宇宙船の発進から程なく、ポルトガル人文明の巡洋艦の来襲が頻繁化。クルド人の戦闘艦ともあいまって、日本は、今までにない規模の攻撃を受ける。

日本が宇宙開発を本格化させたことに、他国は大変な警戒心を抱いているようだ。

なお、もとは宇宙船の素材として開発されたプラスチックが民間転用された結果、今まで押さえつけていたゴミ問題が再燃。ここへ来て、政府は外敵と公害という、2つの敵との戦いを強いられる。

T227-01-.jpg
民間の犠牲者が相次いだことを受け、日本民主政府は新たな対策を講じる。敵戦闘艦の早期発見を期し、日本近海に、高機能レーダーを備えた無人のブイの設置を開始したのだ。イージス艦の護衛の下、海上に停泊した輸送艦の上で、エンジニアが作業に当たる。

T229-01-.jpg
設置されたブイの様子。かなり広い索敵範囲を持つ。

なお陸上では、「偕楽園」-「常陸太田」 間の砂漠や、「常陸太田」 の北東にある山岳地帯に、軍事基地 (要塞) を建造。後に陸軍の部隊を駐屯させ、哨戒の任務につかせる予定だ。

以下余談。今回は 『●都市圏が被らないように都市を設置(被りは3マス以内に抑える)』 という自己ルールを設定したために要塞としたが、「偕楽園」-「常陸太田」 間の砂漠周辺には、都市を建設する方が明らかに効率がいい。今のように国家財政に余裕があるときはもちろんのこと、むしろ余裕のないスタート直後こそ、都市建設ボーナスによる収入増の影響が大きいので、新規都市建設のメリットは高い。これを極限まで推し進めたのが、対人戦のセオリーであるsmallpox戦略だと言えよう。

基本的に、いくらか平地があったり、海に面していたりする場所に、要塞を作り戦闘部隊を配置する余裕があるのなら、いっそのこと都市を作ってしまった方がゲーム的には効率がいい。無論、他国の都市のすぐ近くに橋頭堡を築きたい場合や、自国の都市数が8に達していてこれ以上増やしたくない場合などは別。他国との武力衝突が生じているような状況下でも、都市の新規建設はギャンブル要素が強くなる。


T231-01-.png
国内最大の都市に成長した 「偕楽園」 の様子。都市レベルにして26、総人口は351万人。かつては内海と外海とをつなぐ海上交易の要所として栄え、その後は海軍の拠点として発展したこの町は、現在、80万人を超える研究者を擁する学研都市となっている。

またも余談だが、付属のシナリオエディターで、21マス全てが [平地/小麦] である都市を作れば、原理的には120レベルを超える人口を維持できる計算になる。FreeCiv では、どこまで都市の大きさを拡大できるのだろう。

そういえば、オアシス都市 「筑波」 の都市直下を資源化するのも忘れていた。

T233-01-.jpg
宇宙船の到達一年前の、国内の様子。「筑波」 東の森の中にも要塞を設置し、視界の確保を図る。派遣した部隊は、森になじむ様に(?)パルチザン。

なお、科学の面では、古い人間にはもう見当もつかないような先端技術が、いくつも実用化されている。

T234-over-.jpg
Civ暦・紀元1601年。日本人の宇宙船がアルファ・ケンタウリ近くの惑星に到着。これをもって、この惑星での文明間の競争は、一応の終わりを迎える。

そしてまた、どこかの星で 『争いのない、皆が平和に暮す豊かな世界』 を求める、長い旅が始まる。


― Freeciv Game Replay 終劇 ―





ちょっと色々後回しにして、一気に最後まで書き上げてみた。

次回、というわけでもないが、近いうちに、今回のリプレイの総集編も作りたい。今回の勝因、駄目なプレイ、そしてリプレイの記述の仕方など、いろいろ反省する予定。リプレイ各回のタイトルを一覧表にするだけでも、けっこう壮観な気がする。

さらに、Freecivそのものについても記事も、いつか書いてみたい。これは “番外編” になるのかな。


関連記事
|  └ FreeCiv | 21:10 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://igelblog.blog15.fc2.com/tb.php/548-4e1be6ba
トラックバック
| ホーム |

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (34)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland