自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



【カプセル戦記】 系統別ユニット寸評 (後半) | main | また出た<共謀罪> とマスコミ処罰 by 石破
【カプセル戦記】 系統別ユニット寸評 (前半)
capsule_senki.pngこのところ、ファミコンソフト 「SDガンダム ガチャポン戦士2 カプセル戦記」 がなぜか気になって、それこそ20年ぶりにくらいにやり直したりしている。私はアクション戦闘が苦手で、小学生のころはCPUシャアには全く歯が立たなかったが、今プレイするとビームライフルの水平打ちも当たるし、ハンディ無しでも何か勝てるし、となかなか面白い。ついには 「CPUシャア武者Z 楽勝攻略法」 も見つけてしまった。

このカプセル戦記からスタートして、スーパーファミコンウォーズからスーパーロボット対戦3、魔神転生2と、いわゆる “大戦略型” シミュレーションをいろいろプレイしてきたが、今やり直すと、つくづく 「このゲームは完成度が高かった」 ということを実感する。キモはやはり “アクション戦闘” 。武者Zを含め計45体のユニットそれそれに個性があり、戦闘マップや相手のユニットごとに得意・不得意があって、“強さ” が変わる。安価なユニットが、高級MSを喰ってしまうこともよくあり、これのお陰で、大勢が決した(“勝ち” が決まった)後も、最後まで緊張感を持ってプレイできるのだ。

今回は、これら個性的なユニットたちについて、主に 「アクション戦闘の苦手な者が、CPUシャアを倒す上で生産すべきか否か」 という観点から講評を行ってみたい。もっとも、往年の名作だけあって 「カプセル戦記 Wiki」 や 「ガチャポン戦士2|カプセル戦記 攻略」 さんなど、良質なユニット解説を行っているサイトは既にいくつも存在する。単純な後追いをするのもナンなので、この記事では、各ユニットを私の独断で下記12系統に分けて、系統ごとにコメントすることにする。

なお、記事が長くなりすぎてしまったので、前半と後半に分けて登載する。

系統一覧

  1. 下級量産系
  2. バズーカ系
  3. 水陸両用系
  4. 拡散ビーム系
  5. 中級量産系
  6. ミサイル・戦艦系
  7. (※後半)ビット・ファンネル系 [エントリー]
  8. (※後半)可変MS系
  9. (※後半)上級量産系
  10. (※後半)ビット・ファンネル系 [ミドルレンジ]
  11. (※後半)単発レーザー高級系
  12. (※後半)ビット・ファンネル系 [ハイエンド]
 
※各ユニットの詳細なスペックについては 「カプセル戦記 Wiki - ユニット」 等を参照願いたい。

1. 下級量産系

安さが取り柄の捨て駒系。森林やクレータ、地上の補給基地など、重力下で障害物の多い地形では意外に活躍するため、ザクと言えども侮れない。

ZAKU
最安値のMS。100円という圧倒的な安さが売り。少軍開始時の序盤の占領要員に、敵の侵攻ルートを塞ぐ捨て駒に、生産する場面は意外とある。マップによっては、孤立していて守りづらい位置に自軍のガチャベースがあることもあるので、そこで毎ターンZAKUを生産し、時間稼ぎに周囲にばら撒いておく、という戦略も考えられる(対人戦では、ファミコンウォーズにおける歩兵量産と同じく嫌がられるだろうが)。

戦闘速度が遅いため、宇宙や海などで戦うと何も出来ぬままやられてしまう。地上の障害物をうまく利用し、グレネードとヒートホーク(どう見てもビームサーベルだが)で敵ユニットのHPを3分の1くらい削れると地味に嬉しい。


GOUF
2番目に安いMS。グフの最大のウリであるヒートロッドに加え、威力はザクと同じだが弾速が早いマシンガンを持っており、“ザクとの違い” がしっかり体感できるユニットに仕上がっている。これで200円は安いような気もするが、“ザクの倍の値段” と考えると割高。

対CPU戦においては、捨て駒はザクで十分。ヒートロッドを使うための趣味の機体と言える。


GELGOOG
本来は “中級量産機” に分類すべきなのだろうが、ビームナギナタの威力が弱すぎる(ザクマシンガンと同じ)ことに加え、マップ上での移動力も5しかなく、とても “中級” とは呼べない非力なユニットになってしまっている。生産は金の無駄。初期ユニットにいても、本拠地周辺の都市占領が終われば他ユニットに置いていかれ、そのまま放置される。


2. バズーカ系

障害物にぶつかった時に爆風が生じ、その爆風でも相手にダメージを与えることができるという、便利なバズーカを装備している一群。森やアステロイドなど、障害物が多いところではそのメリットを十分感じられる。これで威力も高かったら十分生産に値するのだが、攻撃力自体は同価格帯のユニットのビームライフルと変わらず、弾速に至っては若干遅い。サブ武装も皆いまひとつで、生産する魅力に乏しい。

DOM
ザクやグフと違い、本機は戦闘速度が普通。足の速い上級機以外に対しては、ひたすら距離をとって逃げ打ちに徹したり、一転切り込んで行ったり、というような通常の戦い方がやっと取れる。

最初からいる場合、他のユニットとペアを組み、傷ついた敵ユニットのトドメ役として活用したいところだが、移動力が4しかないので結局置いていかれる。対人戦で、あの恐ろしく弾速の遅いバズーカ砲を囮として使い、切り込んでは逃げる一撃離脱戦法が出来る人は上級者だと思う。


R-DIAS
中堅1500円3人衆の一角。バズーカの弾速・威力ともにそこそこだが、あと100円足せばガンダムが買えてしまうので作る魅力が無い。

青軍でプレイする場合、初期配備に大抵いるので使う機会は多い。積極的にバズーカを障害物に当てていくと good。


DRISSEN
弾速・威力ともに申し分ないバズーカ砲に加え、遠くまで飛ぶグレネードにビームナギナタと、通好みの武装を誇るドライセン。好きな人には堪らないユニットだろうと思うが、いかんせん、ビームナギナタが弱すぎる。接近しての斬り合いになってしまったら、バーザムやマラサイにすらまず勝てない(敵として対戦する場合は、バズーカの雨の間を縫って斬り合いに持ち込めば楽に勝てる。)。

ビームナギナタはあくまで牽制にとどめ、グレネードで撹乱してバズーカをガンガン当てていく戦い方が出来る、上級者専用の趣味の機体、と言ったところか。後に挙げるマークⅡと比べ、コストパフォーマンスは明らかに悪い。


3. 水陸両用系

他ユニットが性能を発揮し切れなくなる海中を得意とする一群。水中ミサイル(魚雷)はその名のとおり水中戦でしか使えないが、破壊力はなんと戦艦ミサイル級! この攻撃力を僅か700円でゲットできるズゴックのコストパフォーマンスは驚異的、かつ脅威的。

ZGOK
700円、1ターン生産で強力 (攻撃力20) な魚雷が8発撃てる、 「安い・早い・強い」 を地で行く存在のズゴック。魚雷を全弾命中させれば、計算の上ではZZまでのユニット全てを葬り去れる。特にCPUには、後述する “ミサイル嵌め” がよく効くこともあり、海の多いマップでは、序盤にズゴックを3,4機作って制海権を取りに行くのが定石となる。

なお、陸上&宇宙では戦闘速度が遅くなり、魚雷も使えなくなるので、戦闘力はザクに毛が生えた程度となってしまう。くれぐれも、海以外で戦うことの無いよう注意したい。相手がザクやグフでも無い限り、都市の防衛は諦めて海中に潜るのが賢明。


ZOGG
ズゴックに僅か200円足すだけで買えるのが、レーザーとサーベルが強力で、HPも96とガンダム級であるゾック。戦闘力の差もさることながら、マップ上での移動力が1つ増えて5となるのも大きい。海辺から上陸して都市などを占領する際は、移動力4と5の格差をハッキリと感じる。

こうして書くと良いことずくめのように思えるが、ゾック生産の一番のネックになるのはターン数。序盤、一刻も早く制海権を確保したい時に、完成まで2ターンというのは時間がかかりすぎる。その間にズゴックを2機生産し、その2機でペアを組んで運用したほうが便利なことが多い。

マップNo.10 「ラビアン BAY」 のように、2つの生産拠点が接近している所でなら、毎ターン交互にゾックを生産する、という手も考えられるが、後にムサイを生産することも考えると、やはり200円ケチってズゴックにした方が良いような。初期配置にいるときは、他の水陸両用機とペアを組ませて大事に使いたい。


CAPULE
攻撃力25という強力な魚雷を16発も放ち、HPも移動力も高い、まさに “海の王者” カプール。水中での強さは勿論のこと、実は陸上でも強いのが本機の特徴。レーザー、サーベル共に攻撃力がガンダム級であるため、レーザーを2、3発あててうまく斬り合いに持ち込めば、下級ユニットにはまず負けないのだ。海辺の都市を占領する際に、非常に頼りになるユニットである。

しかし、1700円で2ターンかかるという生産コストは、制海権の欲しい序盤では致命的。初期資金を大量に設定したのでもない限り、ズゴックを2機作ってペアを組ませたほうがよっぽど効率的だ。カプールを作る余裕が出てくる頃には、制海権の確保は大方完了していることだろう。

敵として戦う場合、CPUはミサイルの使い方が下手なので、海中ではズゴックをぶつければOK。陸上では 「陸(おか)に上がった河童だ♪」 と侮ってカプールに突っ込むと、ライフルと違い前モーションがないレーザーを意外と喰らったりして大変なことになったりするので、ミサイル嵌めで撲殺するか、上級ユニットのスピードで翻弄するといい。


4. 拡散ビーム系

扇方の3方向にビームを放つ 「拡散ビーム砲」 を主要武器として持つ一群。拡散ビーム砲は、障害物の無い地形、特に宇宙空間において高い命中率を発揮するのに加え、攻撃ウェイトが短く連射性が良いのが特徴だが、いかんせん、攻撃力が無さ過ぎる。この系統は、どのユニットも値段の割りに弱すぎるので 「CPUシャア武者Z 楽勝攻略法」 を実行するのでも無い限り、生産する必要性は皆無。

なお、敵として対戦する場合、CPUは恐るべき命中精度で拡散ビームを連射してくる。特にシャアの駆るバウンドドッグは脅威であり、一度接近を許してしまうと、何も出来ぬまま嵌め殺されてしまうことも。足の早いファンネル機で、常に距離をとりながら地道に削っていくのが上策か。

ZAKREO
移動力が6あるので、宇宙マップで初期配備にいれば、占領に頭数要員に活躍。ただし、あくまで張子の虎であり、コイツで戦ってはいけない。2ターンもかけて作るなど論外。


B-DOG
CPUが使ってくると本当に強いが、自分で使っても弱い。例え連射機を使ったとしても、拡散ビームで嵌め殺せるのはCPUの武者Zくらいしかいない(武者Z戦の戦闘マップは横にスクロールしないため)。


MESSALA
戦闘速度が並 (変形時は高速) のバウンドドッグに対し、メッサーラはMS形態においても高速。しかし、この性能アップが裏目に働いているのか、敵としてはバウンドドッグより弱く感じる。

本機とバウンドドッグは、拡散ビーム系であると同時に、後述する可変MS系でもある。初期配備にいれば、張子の虎要員としてだけではなく 「ひたすら逃げ、生き延びる」 占領遊撃要員として運用するのもいい。


BYG-ZAM
上位機種としては有り得ないくらいに攻撃力が低い。初期配備にもいない。作る価値も無い。


PSYCO-G
ビグザムから200円アップで、ミサイルの弾数が増え、拡散メガ粒子砲のタメ時間が若干短縮されたサイコロガンダムに。拡散メガの充填時間はカタログスペック以上に短く感じるが、本機の戦闘速度は並のため、宇宙空間では敵の攻撃をよけるのも一苦労。前作 「スクランブルウォーズ」 は最強のユニットだったそうだが、拡散メガを撃つにしても、本作ではあと100円出してサザビーを買ったほうが遥かに幸せになれる。

敵CPUがビグザムや本機を生産してきたら大ラッキー。接近嵌めさえされなければ、この価格帯のユニットにしては突出して倒しやすい。


5. 中級量産系

序盤から中盤にかけ、主力として量産することになるのがこの一群。地上マップでは、ムサイを数機、前線にドンと置いておくだけで戦線が保てたりもするが、ミサイル嵌めがしにくく、移動が比較的容易で後方から援軍がすぐ届く宇宙マップにおいては、量産機の数の力が必要になる局面も多い。

<バズーカ系><ミサイル系>という分け方をしたせいもあり、この系統に該当するユニットは総じて地味で、個性が薄い。しかしそれは、どんな地形でも一定の力を発揮するという汎用性の高さの現れでもあり、まさに量産するに相応しい機体群と言える。これらの中でオススメなのは中級上位のマークⅡ、次点で初代ガンダムだ。

MARASAI
「移動力6、ライフル・サーベル・バルカン」 という中堅クラスの特徴(?)を満たす、最初のユニット。しかし、安価なだけあってHPが低めで、さらにビームの威力も低いので、数百円高い他のユニットとぶつかると、あと少しの差で勝てないことが多い。よほど金欠で、援軍を送る必要に迫られている状況でもない限り、これを生産するのは金の無駄。


BARZAM
マラサイに100円足して、バルカン砲を5発余計に撃てるようになった機体。本当にそれだけ。本ゲーム中、もっとも存在意義の薄いユニットと言える。

こんなユニットを設定するくらいなら、ファーストガンダムのGMを出してくれた方がよっぽど良かった。

本作にはGMが登場しないため、No.29「1年センソウ89 赤イ キョウイ」 のような初代ガンダムのストーリーをモチーフにしたマップにおいては、連邦を模した青軍にはGMの代わりにジェガンが、さらにガンキャノンの代わり(?)にリックディアスが初期配備されている。その一方で、ジオンを模した赤軍にはバカ正直にザク・グフ・ドムが配置されているため、戦力的に、青軍が最初からかなり優位となっているのだ。

ガンキャノン・ガンタンクは無理としても、ジムを登場させるだけで、1年戦争系のマップはより雰囲気が出て、もっと魅力的になっていたように思う。

GMのスペックは、

A: ビームスプレーガン [弾速はザクマシンガンと同じ4、威力は色をつけてドムバズーカ級の6]
B: ビームサーベル [ザク同様威力4]
A+B: バルカン30発
戦闘速度と移動力もザクと同じ4で、
お値段250円!

というのでどうか。ザクには勝つが、ドムにはスピードで翻弄され、自身より安いグフにも、遠距離では弾速の速いマシンガンにやられ、近距離ではヒートロッドに絡めとられて、うまくやらないと負ける、という。その弱さの代償として、連邦の物量を再現し、初期配置では多めに配備すればいい。


GEARA-DG
前述のリックディアスに続く、1500円3人衆の2人目。バルカン砲の代わりに、物陰から敵を炙り出すのに便利なグレネードを装備。グレネードは、ゲルググ以下よりも遠くまで投げられるが、威力はなぜかゲルググより弱い。

積極的に生産する魅力は乏しいが、特に赤軍の初期配備によくいるので、使う機会は多め。


JEGAN
CP15003兄弟の長兄(?)にして、正真正銘の中堅。あと100プラスで、ビームの弾速とサーベルの威力が増したガンダムが買えるので、縛りプレイでも無い限り、作る理由は一切無い。

バーザムの項で記したとおり、GMの代わりにのように本機が初期配備されたマップが多いため、とにかくよく使うことになる。ライフルの水平打ち・斜め打ち、そして縦サーベルを練習しておくといい。


GUNDAM
一見するとジェガンと同じスペックだが、実はライフルの弾速が若干速く、サーベルの威力も増しているガンダム。特に、サーベルの攻撃力が13というのは、百式までのユニットと同等という強力なもの。戦闘中、うまく斬り合いに持ち込めば、下位ユニットにはまず負けず、上位ユニットともいい勝負をする。

地味ながら、確かな強さ。これが主人公補正か。


GA-ZOWMN
この価格帯でミサイルが使えるのがウリのガゾウムだが、肝心の攻撃力がザクマシンガンと同等というのでは話にならない。初期配備にいる場合は 「バルカンの使えないガンダム」 と割り切って斬り合いに徹しよう。


MK-2
HPが高く、移動力も7と、この一群の中では多少の華やかさがあるマークツー。しかし、武装はガンダムからライフルの威力が2上がっただけ、見た目はガンダムの色使いを濃くしただけ、と、それ以上に渋さを感じさせるユニットだ。

この 「ライフル:12 サーベル:13」 という攻撃力は、百式クラスのユニットと同じ。戦闘速度が並なのは扱いやすさにつながり、射ち合いでも斬り合いでも、確かな手ごたえを感じさせてくれる。これで2000円というのはお値打ち価格と言う他ない。ガンダムに400円足して作る価値は十分にある。

マップNO.06 「ホキュウキチ ヲ タタケ!」 のような狭い宇宙マップで、本機とガンダムを交互に毎ターン生産すれば、本機&ガンダムの安さと強さを存分に体感できるだろう。


6. ミサイル・戦艦系

本ゲームのCPUはミサイル攻撃に弱く、ミサイルが1回曲がれば敵に当たる中間距離に陣取って、物陰からミサイルを撃っているだけで、簡単に敵ユニットを撃破できる(いわゆる “ミサイル嵌め”)。よって対CPU戦においては、ミサイルを主武装とする戦艦は十分主力として活躍できるのだ。

宇宙空間では慣性が働き、自機も敵機も流れてしまうため、ミサイル嵌めは困難になる。しかし、MS・MAの輸送&移動回復拠点として、そして砲撃要員として、戦艦の重要性が薄れることは無い。戦艦を作るならコスパ抜群のムサイ1択! 対艦MSならパラス・アテネで決まりだ。

なお、戦艦はMS・MAとは違い、都市占領は出来ず、GBには突っ込めない (武者Zとは戦えない)ことには留意すべし。

ZSSA
「ライフルの代わりにミサイルを撃ちまくれる重MS」 というコンセプトは良い。しかし、肝心のミサイルの破壊力が、ガゾウム同様ザクマシンガン並みとあっては終わっている。サーベルの威力も弱く、バルカン砲など何の意味も無い(戦闘速度が遅いため)。移動力も5と中途半端で、まるで良いところのないユニットとなっている。

シャレで戦ってみる分には新鮮で面白いだろうが、実際の戦果はドム以下という現実に、驚くことになるだろう。


P-ATHENE
攻撃力25という強力なミサイルを16発装備。カプールと異なりAボタン武装なので撃つのも容易で、一度ミサイル嵌めに持ち込めば、下級ユニットはもとより、サイコGやαアジールといった大物さえ楽々喰う。

本機はまた、1ターンで生産可能な高級量産機の1つでもあり、私は、敵のガチャベースを奪った際には好んで生産している。すぐに完成するし、コイツ1台で、敵本拠地付近にいる下位ユニットをきれいに掃除してくれるからだ。宇宙マップでは、迂回作戦用のνガンダムのお供につけることもある。

本機の破壊力を存分に引き出すためには、慣性が働く宇宙・アステロイド・スペースベースでは絶対に戦闘してはいけない。スペースコロニーも苦しい。最低限、重力の働く地上か小惑星、出来れば、適度に障害物のある森、地上の都市・補給基地、クレータで戦うべきだ。戦闘速度の遅い本機は本来、スピードの速い上位機種との戦いは避けるべきだが、戦闘開始直後にミサイルを1発当てて相手を後退させることで、ミサイル嵌めに持ち込めることもある(武者Zに対しては恐らく無理。瞬殺される)

ただし、ミサイル嵌めに成功しても油断は禁物。大抵、途中でお邪魔キャラが後ろから押してきて嵌めポジションが崩れ、乱戦に移行してしまう。ここで相手がハイスピード機だと、サーベル・ライフル・バルカン等を織り交ぜた接近戦法に翻弄され、最後は障害物に逃げ道を塞がれ万事休す、となる場合が多い。お邪魔キャラの出現には常に注意し、速やかに上下に避けて、嵌め体勢を再構築したい。

万一、宇宙空間での戦闘となってしまったら、慣性を利用して後ろに下がりながら前を向いてミサイルを放ち、少しでも相手の体力を削っておきたい。いい感じになってきたところで、お邪魔キャラに画面中央まで押し戻されるのがお約束だが、そこで斬り合いとなってしまったら、サーベルの代わりにミサイルを放って攻撃力の差で勝ちに行く戦法も考えられる。wikiにあるように 『心を落ち着け射角定めてレバーニュートラルからミサイルぶっぱを心掛ける』 のがいいだろう。

因みに、ミサイルを全弾撃ち尽くしたとてもメガ粒子砲があるから安心。ただし、攻撃力は30とミサイルとほぼ変わらないので、一発逆転の手段とはならないことを心に留めておこう。


MOUSAI
MS・MA1機搭載可で、HPは160、直接戦闘時のミサイル(とビーム砲)の威力はパラスアテネにやや劣る20と、戦艦としては軽量級なムサイ。しかし、MS輸送に加え、移動回復拠点・砲撃要員にもなり(MS修理能力と砲撃の威力は上級戦艦と同じ)、かつ地上マップにおいてはミサイル嵌めの主力要員として活躍することも鑑みれば、これが3800円・2ターンというのは破格の安さと言う他無い。

移動力は5しかないが、戦艦ユニットは皆、大気圏以外の地形の影響を受けずに移動できるので、海や砂漠、アステロイド帯の多いマップでは、その走破力がむしろ頼もしく思える。地上・宇宙マップともに、早めに本機を複数作りに行くのが定石。特に地上マップでは、前線に置きっぱなしのムサイに加えて、MSのピストン輸送用のムサイも欲しいので、多めに作るのが吉だ。

本機で直接戦闘を行う場合は、上記パラス・アテネと同様、距離を保ってミサイル嵌めに徹するべき。移動速度が普通で、砂漠でも遅くなったりしない戦艦だが、油断は禁物。逆にCPU(特にシャア)は、戦艦の豊富なバルカン弾数に物を言わせて積極的に接近戦を仕掛けてくるが、こちらが真似しても弱いだけ。拡散ビームと同様、“戦艦の格闘能力の高さ” はCPUだけの特権と思ったほうがいい。

CPUの戦艦を落とすには、敵がミサイル嵌め向きな地形にいる場合は、パラス・アテネ (海ならカプール) で突っ込むのが一番楽 (次点で同型艦) 。ミサイル嵌めが難しい場合は、砲撃で弱らせた上で、マークⅡや初代ガンダムといった中級量産機を複数特攻させ、ひたすら縦サーベルで突こう。『宇宙を駆けるドM』 さんのように縦サーベルを極めれば、中級量産機1体で十分に始末可能だ。

ちなみに、『~ドM』 さんにも書いてあるように、CPUハマーンは接近戦で絶妙に距離をとってくるため、縦サーベル特攻は難しくなる。時間はかかるが、事前に弱らせた上でニューガンダムのような高級ファンネル機をぶつけ、敵の攻撃を避けつつファンネルをぺちぺち当てて倒すのが上策か。


W-BASE
MS・MA搭載数は2機、移動力は6(砲撃は7)とそれぞれムサイから性能が1ずつ増えてはいるが、お値段は8000円で納期は3ターン後と、生産コストは一気に上昇。これがMS3機搭載だったら多少無理してでも作る価値はあっただろうが、この中途半端な性能では作る価値なし。ムサイを2機作る方が遥かに便利だ。

とは言っても、特に青軍では初期配備にいることが多いので、使う機会は多い。当然、ムサイより強いが、こちらから直接戦闘に打って出るようなことはせず、ムサイより打たれ強い移動回復拠点&砲撃要員として、大事に使うのがいいだろう。敵として戦う場合は覚悟すべし。


LEUROULA
お値段は11,000円とかなり高くなってしまったが、MS・MA搭載数は待望の3機で移動力・砲撃射程は7、そして直接戦闘時のビーム砲・ミサイルの威力はともに25と、その価格に見合う納得のスペックを有している。初期資金アリで始めた場合はイチオシの戦艦。しかし、初期資金0なら使う機会はまず無いだろう。レウルーラ1機よりムサイ3機の方が、結局のところ有効だからだ。

初期配備に居るなどして本機を使う場合、高級機を3機箱詰めして前線に投入したい欲求に駆られるが、輸送中に落とされるリスクがあるのに加えて、準備に時間がかかり、その間に戦況が点ではなく線で展開してしまう場合が多いため、余り有効ではない。それよりは、初期配備の連中を詰め込んで激戦区を迂回し、手薄となった敵本拠地周辺にばら撒いたうえでそいつらを見捨てて帰り、また中級機を詰め込んで…とピストン輸送して敵の軍勢を分散させた方が面白い。

敵としてCPUと戦う場合、高いHPに加えバルカン砲の威力が4になっていることが地味に痛く、対ムサイの感覚で戦うと瞬く間に瀕死になったりする。私のようにアクション戦闘が下手は場合は、縦サー特攻で死屍累々の有様になるより、こちらのMS 5,6機で周りを取り囲んで数の圧力をかけ、レウルーラを後方へ撤退させる方が効率的だろう。


R-KAILUM
HPはメーターいっぱいの192で、ビーム砲:28、ミサイル:28、バルカン砲:5と堂々たる攻撃力を誇るが、所詮は戦艦。その戦闘力をフルに発揮できるわけでもない。移動力・遠距離射程が8というのも凄まじいが、別に複数回砲撃できるわけでも無いし、搭載可能数はレウルーラと同じ3機。

このスペックで、お値段14,000円はまだしも生産ターン数が4というのは酷すぎる。

よほど初期資金が多いか、完全に勝敗が決した時のいやがらせ用としてしか、作る場面が思いつかない。高級戦艦はレウルーラで十分だし、対CPU戦では言うまでも無く、ムサイ3機に軍配が上がる。

No.21 「大イナル タビダチ」 や No.24 「宇宙ノ渦」 といったマップでは、Forceを大軍にすると初期配備に本機がいる。敵の奇襲 (戦艦+足の速いMS数機) に気をつけつつ、ラーカイラムの圧倒的な性能を堪能 (または恐怖) しよう。
関連記事
| Video Games | 21:51 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://igelblog.blog15.fc2.com/tb.php/610-9f88711d
トラックバック
| ホーム |

02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (33)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (37)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (12)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (2)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (12)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (9)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (71)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (42)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (23)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (14)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • R-TYPE (5)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • GeForce (5)
  • 恐怖政治 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 憲法 (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 外資支配 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 冤罪 (4)
  • イラク (4)
  • 自由民主党 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • ヒットラー (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • ケムトレイル (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland