自作 midi・mp3 サイト「いいげるらんと」の後継サイト(?)です。動画が流れない場合は、一時ファイル(キャッシュ)をクリアした上で、もう1度読み込んでみて下さい。Chrome、Fire Fox、Safari 推奨。

いいげるブログ



夢の中で夢を見る | main | 集団宿泊の夢
フリゲ】 Mystic Star キャラ感想文
banner_mystar_200.png“20年前なら9,800円で売ってるレベル” のRPGツクール2000作品 『Mystic Star』 を、先日(と言っても、もう1ヶ月以上も前だが)クリアした。
SFC時代の市販RPGに匹敵するものを目指しました。
という作者の言葉どおり、スーファミのドラクエⅢのような “自分で冒険してる感” がしっかり体感できる、本当に素晴らしいゲームだった。

本作には、

  • FF的なキャラ立ちと育成自由度
  • ロマサガ的な戦闘時の戦略性
  • メタルマックス的な賞金首システム

など色々な要素が詰め込まれている。だが、複雑すぎて破綻するようなことはなく、むしろ、システム周りがスッキリしていてとっつきやすいと感じるほど。この徹底した、恐ろしいまでの作り込みにはただただ脱帽である。

さすがに、BGMやグラフィック周りは地味目でフリーゲームっぽく、また、SFCっぽさを優先しすぎたのか、ルーラが手に入るまでは移動がとにかくダルいといった難点もあるが、プレイ中は面白さが勝って、殆んど気にはならなかった。

私はもともと、「【RPG制作講座】最近のゲームはつまらない?」 ほか作者さんのRPG論に深く共感し、共感ついでに前作 「Labyrinth Star」 もプレイ済みだったので、作者の作風には好意的なのだが、それを割り引いたとしても、本作は名作と言えるだろう。本作が無料であること以上に、システム周りからシナリオからバランス取りからBGMの作曲に到るまで、作者の砂川赳氏がほぼ全てお1人でなさった、ということが、未だに信じられないくらいだ。

読者諸氏もお時間があれば、是非プレイしてみては如何だろうか。



本記事では、『Mystic Star』 を散々楽しんだ記念(とはいっても、難易度ノーマルで初期パーティー固定で1周しただけだが)に、パーティーキャラごとの思い出をつらつら書き綴ってみたい。一応、キャラ名は仮名にはするが、“ネタバレ注意” ということでお願いしたい。
 
晴人
主人公。勇者型、というか、特技・魔法・補助なんでもこなせる万能型。しかし私は、序盤の手数の少なさを補うため、打撃と反撃特性を強化した “反撃型” で育成した。

打たれ弱い初期パーティーの中では壁役も兼務しなければならないので、ワントップの陣形で先頭に立ち、特にボス戦では、物理防御も兼ねた反撃技を常用。反撃特性も限界まで上げれば120%までいくので、最終的には、反撃技と併用で最大3回反撃できる。

仲間が揃った中盤以降は、ボス戦では反撃技でしか有効ダメージを稼げないような器用貧乏状態に陥ったが、暗闇耐性と奥義、そして回復攻撃(燃費は悪い)を習得するとエースに復帰。

ラスボス戦後半ではタイマンを張り、奥義ドーピングからのインビジ無双で楽勝。彼の豊富なMPを活用できたのは、結局ここだけだった。


ヘタレ
盗賊というかヘタレ型。そして、“素早さこそ全て” のカウントタイムバトル(CTB)システムの申し子。序盤は本当に役に立たず、慈愛(魔法回復力)を強化して回復役に使うしかなかったが、状態異常成功率の強化後に覚醒。

雑魚戦では開幕沈黙(終盤は開幕スロウ)で敵を黙らせ、ボス戦では暗闇やアンバランス(敵をコケさせて行動強制キャンセル)を仕掛けて、合間合間にチョコマカと回復。ボスにスロウを決めて2回攻撃・3回攻撃を実現し、やることが無くなったら仲間にエールを送ったり順番を渡したりとやりたい放題で、気がつけば、攻撃以外の全てをこなす、パーティーの要となっていた。

回復は専門ではないが、中盤は薬学+薬草全体化、終盤はパーティー全員が感受Ⅱ装備で全く問題なし。感受Ⅱがあれば、あのスズメの涙ほどの 「メロウブリーズ」 がベホマズンになる。しかも、それの更に下を行く 「祝福の星珠」 でもベホマラーくらいにはなるので、作者が敢えて制限しようとした 『アイテム大量使用で延々と回復し続ける間延びしたボス戦』 プレイも、最終的にはヘタレの回復力で実行可能だ。

“加速” 奥義を使ってくるボスとの戦いが、彼の真骨頂。“加速” 返しでボスの2回攻撃をことごとく防ぎ、チョコマカチョコマカ回復して、加速ボスの面子をぶっ潰した。


厨二
晴人が、いわゆるドラクエ型の “無口主人公” 型に志向されたため、ストーリー進行の大半を背負わされることになったヒロイン。というか事実上の主人公。色々詰め込まれたストレスからか、密かに厨二病発症中。

回復魔法がカラッキシ駄目な、攻撃魔法に特化した魔法使い型。しかしそれ以上に、マヒ攻撃で “ザコ戦完封作戦” の主軸として大活躍。奥義もザコ戦向けで、パーティーに欠かせない人材に。

なお、状態異常成功率を強化すれば、一部のボスにすらマヒが効くこともあり、本作の “麻痺ゲー” 振りに拍車をかける。

ボス戦では、ライフスティール呪文で回復・攻撃を同時に行い安定して活躍。Gなど闇魔法が効かない相手の場合は、嫌々光魔法に乗り換え、持ち前の魔力にモノを言わせてやっぱり活躍。


ガキ
打撃も呪文も両方いけて、且つ素早いが、とにかく打たれ弱い忍者型。放っておくと、ヘタレ以上にすぐ死にそうになる。2軍に落とすならコイツかな、とも思ったが、雑魚戦での開幕全体スリープ、ボス戦での開幕毒攻撃が便利すぎて、結局最後まで起用。

中盤以降は開幕スリープが猛威を振るい、「ガキ:スリープ → ヘタレ:沈黙 → 厨二:マヒ」 の連携で、雑魚戦完封勝利の方程式が確立。しかも、マヒさせてから打撃でゆっくり倒すことで、“ザコ戦で使ったMP・技Pはザコ戦中に自動回復” するというエコっぷり。なお、こんなプレイでもストレスにならない(むしろ、途中からオート戦闘にできるので楽)ほど、戦闘のテンポの出来がいいのもこのゲームの魅力だ。

ボス戦では、開幕毒の後は 「吸血(回復)攻撃」 と 「呪文攻撃」 を交互に行い、MP・技Pの消費を抑えつつ、やはり安定して活躍。

物理回避率も高いのだが、実際に避けてくれるようになるのは、マントが手に入るラスダン近くになってから。そしてラスダンでは、スリープ耐性の敵が多くなる。奥義も今ひとつ使いづらく、最後の最後の最後になって、失速した感がある。まあ私の場合は、加速ボスのダンジョンでレベルが上がりすぎていて、ラスダンのザコ敵シンボルはひたすら回避していたので、実害は少なかった。(同様の理由で、厨二の全体デスもほとんど使わなかった。)


叔父さん
顔グラ的には若作りだが、実際は四十に手が届くと思しきオジサン。ガキばかりのパーティーにあっては “良識ある大人” 的な役割が期待されるところだが、そのポジションはあろうことか、下に挙げる海賊なんぞに取られてしまい、一団の後見役的なポジションに収まるも、この年ではまだ貫禄不足で、結果的に “空気” 扱いされる可哀相な人。

戦力的には、回復魔法に強く、打撃も防御もこなす僧侶型。晴人は攻撃に回したいし、ヘタレの回復力では心許ない、ということで、待望の回復専門職の加入!……のハズだったのが、雑魚戦では既にノーダメ完封体制が確立していたこと、厨二とガキが早めに回復攻撃を習得して、ボス戦も何とかなっていたこと、そして、「CTBで素早さ低いってどうよ。 ヘタレの2回攻撃の方が応用利くんじゃね?」 と思ったことにより、1軍への起用は見送った。

敵の攻撃が激しくなるハードやエクストラモードでは、彼の起用は必須になると思われる。


海賊
パーティー内における数少ない成人の1人であり、また、組織のトップという立場に鍛えられたのか、某スケ氏の末裔でありながらもシッカリとした物言い。無口な晴人に代わってパーティーを引っ張るような、リーダー的な発言も多い。

戦力的には、打撃力・防御力が晴人よりひと回り上で魔法は駄目、素早さも遅めの戦士型。「ワントップ陣形の先頭で毎ターン防御し、攻撃は反撃(強化すれば最大210%!)で行う」 という、前作 「Labyrinth Star」 で流行ったイージーな戦略が思い起こされる。また、ネット上には
ハードでも中盤まで完全武装に魔珠攻撃を数個つけて暴走、注目(他のメンバーは希薄)、突撃でサクサクすすめるほど強い
との書き込みも。

これだけ強いキャラなのだが、私は 『セーブポイントでの回復を封印し(個人的にぬる過ぎると感じたので)、道中はザコ戦完封体制で行きたい』 及び 『海賊の素早さを補うよりも、晴人の攻撃力を補ったほうがいい(素早さ上昇アイテムはヘタレに装備させ、ボス戦でも先手・2回攻撃可能にしておきたい)』 との理由で起用を見送った。


クマー
メタ発言担当。彼のメタっぷりは私は好きだが、ネット上では鼻につくという意見も。

戦力的には、上記海賊を防御寄りにしたタイプ。やはり素早さの遅さが気になり、起用は見送った。

私のプレイでは、ラスボスよりもクマーボスで苦戦したが、それは彼を使わなかったからだろう。前述のオジサン同様、難易度が上がるほど頼りになると思われる。

余談だが、彼の父が見つかり、その後さらにイベントが進んだ際には、「気恥ずかしくてまだ村に戻れない」 「(妻)父ちゃんに早く会いたい」 的なやり取りがあってもよかったような。何度も会いに行く機会があり、そのたびに 「なんでクマー父は家に帰らないんだろう」 と違和感を覚えた(この程度の不自然さが気になるくらい、本作は丁寧に作りこまれている)。私が単に、その種の会話文を見逃しただけかも知れないけれど。


人魚
物理の攻守は普通で魔法は万能、そして奥義で全体回復もこなすという、サガフロ1のメサルティムに強く影響を受けたキャラ。加入時期が遅くて使う気になれない、というところまでソックリだ。

戦力的には賢者タイプだが、どうらや、特技使用時のグラフィックが彼女の本当の魅力のようだ。もう1周することがあったら起用してみようか知らん。



最後に蛇足ながら、私のプレイ記録を下に挙げる。なお、例のメダルのようなものは74枚全て入手。もっとも、事前に攻略サイトで場所を知ってしまったものが4枚あるので、自力で見つけたのは70枚である。
戦闘回数 821
勝利回数 770
全滅回数  0
逃走回数  50
倒した敵数 2493
最大ダメージ 神雷一閃 7476
歩数 130816
難易度 ノーマル

経過時間 28:15
関連記事
| Video Games | 00:39 | Permalink | トラックバック:0コメント:0



コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://igelblog.blog15.fc2.com/tb.php/654-0ebf08e9
トラックバック
| ホーム |

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

いいげる
Author : いいげる
月給取り
空亡の長いトンネルを抜けると左遷秋田だった(`・ω・´)
igel_jp@hotmail.com

はてブどうしよう…。
管理者ページ
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
  • 音楽 - オリジナル曲 (17)
  • 音楽 - アレンジ曲 (56)
  • 音楽 - DJ IGEL (10)
  • 音楽 - 音楽製作 (18)
  •  └ “愛機” Roland SC-8850 (1)
  • 音楽 - 邦訳 (35)
  • 音楽 - ニュース (5)
  • 音楽 - レビュー (17)
  • 音楽 - CCCD、輸入権など (9)
  • 音楽 - Internet Radio Station (7)
  • 音楽 - iPod、音楽配信等 (9)
  • 音楽 - Shop事情、通販ほか (6)
  • 音楽 - その他 (9)
  • 検閲 言論統制 国策捜査 (14)
  •  └ 国策捜査?事件一覧 (1)
  • 【検閲】共謀罪 (39)
  • 【検閲】人権擁護法 (4)
  • 【検閲】国民投票法 (2)
  • 裁判員制度 陪審員制度 (1)
  • 郵政民営化 郵政米営化 (2)
  • 【カルト】創価学会 公明党 (9)
  • ニュース全般 (25)
  • 【情報操作】翼賛マスコミ (11)
  • 【政党】民主崩壊 (3)
  • 相場 Money Game (2)
  • 競馬 keiba (13)
  • 旅行、アウトドア (13)
  •  └ リアル俺屍攻略 (3)
  •  └ 訪問済寺社一覧 (3)
  • クルマ 自動車関連 (15)
  • ブックレビュー他 (5)
  • PC, Internet, etc. (21)
  • Video Games (39)
  •  └ FreeCiv (14)
  •  └ BrainWars (7)
  •  └ サガフロンティア (6)
  • ことば (7)
  • 学校教育、授業など (6)
  • 大学 (6)
  • 思想、風潮、当世気質 (18)
  • 酒 食事 グルメ (13)
  • 夢 (21)
  • 卜占 (5)
  • 不眠、過眠、睡眠障害 (13)
  • デブ化・ダイエット・乾き (10)
  • 日常に潜む不条理 (14)
  • 昔のこと (4)
  • 【特設】オレンジレンジ (5)
  • オカルト (10)
  • 【宏観現象】地震雲? (3)
  • 人間関係 (7)
  • 雑記 (72)
  • 小泉外交の光と影 (3)
  • 医療 薬品 健康保険 (4)
  • Digital Divide - 情報格差 (1)
  • お知らせ・更新情報等 (30)
  • アクセス解析@Igelblog (7)
  • 訃報 (4)
  • SUB CATEGORIES
  • マスコミ (43)
  • 情報操作 (34)
  • 全体主義の足音 (25)
  • House (21)
  • 人間という家畜 (20)
  • 安倍晋三 (15)
  • ネタ (13)
  • 警察_検察_刑務所 (12)
  • Rock (11)
  • 小泉純一郎 (11)
  • 耐震強度偽装事件 (10)
  • 著作権 (10)
  • ネット上の情報統制 (9)
  • Traktorとか (9)
  • 司法_弁護士_裁判所 (8)
  • アメリカ (8)
  • 予想&妄想 (8)
  • 日本社会_日本人論 (8)
  • ロケットパワーにんじん君ツインGT (8)
  • 格差社会 (7)
  • 改革という名の犯罪 (7)
  • 集団ヒステリー (7)
  • 俺の屍を越えてゆけ (6)
  • 空の写真 (6)
  • 妨害_弾圧_嫌がらせ (6)
  • 軍事_防衛_自衛隊 (5)
  • 外国から見た日本 (5)
  • 米軍基地_属国日本 (5)
  • R-TYPE (5)
  • テロ (5)
  • LTE_4G (5)
  • 特定ユダヤ (5)
  • 労働_リストラ_派遣奴隷_働いたら負け (5)
  • Trance (5)
  • 自由民主党 (5)
  • お役所_官僚 (5)
  • 教育 (5)
  • GeForce (5)
  • 報道統制 (5)
  • 超監視・管理社会 (5)
  • 心理学_洗脳 (4)
  • 前原誠司 (4)
  • 恐怖政治 (4)
  • メディアリテラシー (4)
  • 外資支配 (4)
  • ヒットラー (4)
  • 競馬ブック (4)
  • 冤罪 (4)
  • 憲法 (4)
  • Synth1_パッチ探訪 (4)
  • 洗脳選挙_不正選挙 (4)
  • 竹中平蔵 (4)
  • 朝日新聞 (4)
  • ケムトレイル (4)
  • イラク (4)
  • チェリーソウマ (4)
  • Skyrim (3)
  • 植草一秀 (3)
  • 東京新聞 (3)
  • ドコモXi (3)
  • 金融 (3)
  • ビラ (3)
  • 魔神転生2 (3)
  • デモ (3)
  • ブッシュ (3)
  • フリーメーソン (3)
  • 畠山鈴香 (2)
  • じゃじゃ漏れ個人情報 (2)
  • 西村眞悟 (2)
  • ロシア (2)
  • 天皇_皇室 (2)
  • 捻じ曲げられる愛国心 (2)
  • 鈴木宗男 (2)
  • 汚職_不正 (2)
  • イルミナティ_サタニズム (2)
  • 核_原爆_原子力 (2)
  • 麻生太郎 (2)
  • ダビスタ (2)
  • 差別_偏見 (2)
  • きっこの日記 (2)
  • 小沢一郎 (2)
  • ライブドア (2)
  • WiMAX (2)
  • 思想_宗教 (2)
  • イラン (2)
  • 自殺 (2)
  • ジョージ・パットン (1)
  • 馬なり_よしだみほ (1)
  • 9.11同時多発テロ (1)
  • 平沢勝栄 (1)
  • ダウンロードの違法化 (1)
  • 古舘伊知郎 (1)
  • 加藤千洋 (1)
  • マイクロソフト (1)
  • 野口英昭 (1)
  • 石井紘基 (1)
  • Google_Play_Music (1)
  • 生田暉雄 (1)
  • 森田信秀 (1)
  • mixi_SNS (1)
  • タバコ_喫煙 (1)
  • 辛坊治郎 (1)
  • 温暖化詐欺_エコエコ詐欺 (1)
  • ラムズフェルド (1)
  • 天木直人 (1)
  • 杉村太蔵 (1)
  • 国旗_国歌 (1)
  • 武部勤 (1)
  • 統一教会 (1)
  • 年金 (1)
  • アクセンチュア社 (1)
  • ネットの影響力 (1)
  • 内部告発 (1)
  • 税金 (1)
  • 谷垣禎一 (1)
  • クイズ_心理テスト (1)
  • 日記 (1)
  • 北朝鮮 (1)
  • 食品_食の安全 (1)
  • 中国 (1)
  • 性犯罪 (1)
  • 郷愁 (1)
  • 動画 (1)
  • いじめ (1)
  • RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (5)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年02月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (2)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (2)
  • 2015年03月 (3)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (3)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (1)
  • 2014年02月 (2)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (2)
  • 2013年09月 (2)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (5)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (10)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (6)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (7)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (2)
  • 2010年08月 (5)
  • 2010年07月 (4)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (8)
  • 2010年04月 (11)
  • 2010年03月 (18)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (15)
  • 2009年12月 (6)
  • 2009年11月 (9)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年01月 (3)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (2)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (12)
  • 2006年05月 (12)
  • 2006年04月 (9)
  • 2006年03月 (10)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (12)
  • 2005年12月 (17)
  • 2005年11月 (14)
  • 2005年10月 (25)
  • 2005年09月 (7)
  • 2005年08月 (7)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (9)
  • 2005年04月 (23)
  • 2005年03月 (8)
  • 2005年02月 (13)
  • 2005年01月 (6)
  • 2004年12月 (12)
  • 2004年11月 (9)
  • 2004年10月 (14)
  • 2004年09月 (20)
  • 2004年08月 (3)
  • 2004年07月 (9)
  • 2004年06月 (9)
  • 2004年05月 (10)
  • 2004年04月 (10)
  • 2004年03月 (7)
  • 2004年02月 (11)
  • 2004年01月 (6)
  • 2003年12月 (11)
  • 2003年11月 (8)
  • LINKS
    RECOMMEND
    RECOMMENDED WEB RADIO STATIONS
    SEARCH ON IGEL BLOG
    RECOMMENDED ITEMS

    NEVER MIND 
THE DISTORTIONS


    カーニヴァル化する社会


    ご臨終メディア―
質問しないマスコミと
一人で考えない日本人


    だまされることの責任


    A New Stereophonic Sound Spectacular


    Blue Wonder Power Milk


    Behind the Sun


    拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる


    売られ続ける日本、
買い漁るアメリカ
―米国の対日改造プログラム
と消える未来


    アメリカに食い尽くされる日本
―小泉政治の粉飾決算を暴く


    売国者たちの末路


    9・11テロ捏造―
日本と世界を騙し続ける
独裁国家アメリカ


    Jポップとは何か―
巨大化する音楽産業


    小泉純一郎と日本の病理
 Koizumi's Zombie Politics


    さらば小泉 
グッバイ・ゾンビーズ


    共謀罪とは何か


    Hinterland